読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

JAL国内線の羽田空港発の時に子どもと過ごせるベストな場所5選!キッズスペース云々

JAL

子どもとの旅行、楽しみですよね。でも子連れ旅行で公共交通機関を利用する場合はトイレ騒動やらぐずったりやらで若干憂鬱。

特に飛行機の場合は、出発よりも早く空港に着く必要があります、すると混雑した空港で長時間過ごす必要があるんですよね・

 

じゃあってことで、渋滞や電車でのぐずりに備えて早く出た時に限ってスムーズに着くもの。

そんなわけで子連れの場合国内旅行でもかなり早く着いてしまう場合、空港内で1~2時間の待ち時間ができた場合のおすすめ5選をお送りします。

結論1 カードラウンジはあんまりおすすめできない! 

結論2 保安区域内のキッズエリアはおすすめです!  

結論3 最高すぎる「こどもラウンジ!」

結論4 JGC会員ならシャワーまで浴びれる!

結論5 ダイヤモンドラウンジはこどもにはオーバースペック!

なお、今回は、JAL利用の場合(第一ターミナル)の場合で検討してみます。

制限エリア内で過ごすか、外で過ごすか?

 子連れの旅行の場合は、まず荷物を預けてチェックイン手続きを行いますよね。

 問題はその後です。

保安検査を受けて搭乗口付近で待つのが良いか、それとも保安検査を受けず、ターミナルのショッピングセンターなどを回るのかです。

保安検査前のエリアで過ごせるか?

保安検査前のエリアは、屋上から飛行機を眺めたり、買い物ができたりと、保安検査通過後(制限エリア)に比べるとお店も多くて便利ですね。

お子さんと一緒に食べられる飲食店や、本屋さん、おもちゃ屋さんなど楽しめるお店が多数あり時間つぶしには事欠きません。

羽田空港 おすすめスポット/お子さま連れファミリー向けのおすすめスポット | 空港を楽しもう | 羽田空港国内線旅客ターミナル

 

もし、2時間前などについたならば、保安検査前のエリアで屋上で着陸する飛行機を見たりショッピングしたりと時間をつぶしてから保安検査に行くのがお勧めです。

 

なお、羽田では保安検査前にも、クレジットカード(ゴールドカード)所有者向けのカードラウンジがあります。

羽田空港神社の直ぐ側です。日本で発行されているゴールドカードならほぼ全て対応しているようです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170128072907j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170128072818j:plain

 

ここではドリンクバー(ファミレスにあるような機械)とちょっとした休憩スペースがあります。缶ビールは有料で300円ほど。成田空港等では一本無料だったりするのですが、ここは有料です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170128072854j:plain

 

この日は平日の昼間でしたが、なかなかの混雑。

f:id:mairu-de-hawaii:20170128073125j:plain

子どもを連れて入るにはちょっと尻込みしてしまう雰囲気です。 

結論1 カードラウンジはあんまりおすすめできない!

子連れの保安検査場通過時間は?

航空会社の案内では15分前までに保安検査場に来るよう案内されています。

しかしテロ以降、国内線でも保安検査はかなり厳しくなっています。

場合によっては、15分以上の待ち時間になることも多々あります。

保安検査が混雑して通過が遅れると、飛行機遅延の原因にもなり、機内搭乗時には冷たい目線を浴びてしまいます。

 

さらに、飛行機に乗り込んでから、飛行機が安定飛行してトイレに行けるようになるまでしばらく時間がかかります。(30分ほど)

したがって、保安検査通過後の「保安区域エリア」にあるトイレにも行く必要があるので、子連れなら。さらに早く行く必要が。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20170128072344j:plain

なお、土日や連休の時には、飛行機に乗りなれていない人が手間取ったり引っかかったりで平日よりも列の長さは同じでもかなり時間がかかります。

それらを考えると、子連れ旅行の場合は、出発時刻の「1時間前」には、保安検査の列に並んだほうが安心です。

 

子どもと保安区域エリアで過ごすには?

保安検査を通過した後には、ちょっとした売店とフードコートくらい。

お土産屋さんに飛行機のおもちゃが少しあるくらいでしょうか?

 

ただしご安心ください。羽田空港には保安区域エリア(保安検査後)にキッズコーナーがあります。

 f:id:mairu-de-hawaii:20170127183533j:image

キッズコーナーはショッピングセンターによくあるクッションで区切られたブースです。広さは50㎡くらいとやや大きめ。

割合広く、滑り台やクッションおもちゃなどもあり、子どもたちが楽しく遊んでいます。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127180920j:plain

ここは、飛行機にこれから乗る人専用ということで、混雑もそれほどではなく、清掃も行き届いています。

また、窓からは飛行機が良く見えますので、飛行機好きの男の子なら大喜びするでしょう。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127183608j:image

キッズコーナーがあるのはJALが利用する第一ターミナルには2か所(北ウイング・南ウイング)です。それぞれ同じような大きさなので、利用するウイングのスペースを利用すると良いでしょう。

 

なお、第一ターミナルの搭乗口は北ウイング・南ウイングにわかれています。

JALが利用する第一ターミナルとANAが利用する第二ターミナルの移動には、連絡バスや地下通路があるのですが、保安検査通過後には移動できません。

一方、北ウイングと南ウイングは徒歩で移動できますよ。

結論2 保安区域内のキッズエリアはおすすめ!

保安区域にあるカードラウンジは?

羽田空港のカードラウンジは第一ターミナルには3つ。

保安検査通過前に一つと、保安区域内の北ウイング・南ウイングに1つずつです。

ただし、どれも運営は同じ。利用対象のカードも同じです。

南ウイングは現在工事中で仮運営です。

平日の昼間ですが、南北どちらのウイングのラウンジも人がいっぱい。

f:id:mairu-de-hawaii:20170128074727j:plain

1人か2人なら席は確保できそうですが、さすがに家族3人とかは厳しそう。

さらに、ビジネスマンがノートパソコンをカタカタしたりと、子どもがおしゃべりするのにも気が引ける状況。

どうも子連れでの利用は難しそうです。

 

すごすぎる航空会社のキッズラウンジ

保安区域内にラウンジは実はあと4つあります。それはJALが運営する、「ダイヤモンドプレミアラウンジ」「サクララウンジ」が南北に2つずつです。

そしてサクララウンジ内には、「こどもラウンジ」という部屋が設けてあり、やや広めの個室にクッションスペースや、飛行機が見えるカウンター、備え付けられた絵本があります。そうキッズスペースではなく、まさにお子様たち向けのラウンジなので、「こどもラウンジ」という名称がついているんですね。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20170127180050j:plain

 

こどもラウンジには3つのコーナーが設けられています。

元気いっぱい遊べるクッションスペース。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127180120j:plain

静かに絵本を読める読書スペース。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127180136j:plain

そして離着陸する飛行機が絶景で見えるカウンタースペースです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127180159j:plain

そして、こどもラウンジは、ドアで大人用ラウンジとは区切られており、独立した一つの部屋です。したがって、多少大きな声を出しても、ラウンジに滞在している人たちに迷惑をかけることがありません。

また、ラウンジ内のオレンジジュースなどを持ち込むことも可能ですので、ご機嫌を取りつつ遊ぶには絶好のスペース。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127180214j:plain

これが南北のサクララウンジに設けてあります。搭乗口近くにある誰でも使えるキッズスペースに比べると全然混雑していません。

メリットはお父さんが入り口近くでビールを飲みながら見守れることですね。大人も子供もラウンジを満喫できちゃいます。サイコーです。

結論3 親にも子にも最高すぎる「こどもラウンジ!」

ラウンジ内はトイレがきれいでシャワーまである!

サクララウンジには、こども用トイレはありませんが、清潔で広い多目的トイレが利用できます。

さらにサクララウンジには、シャワーブースまでがあります。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127183731j:image

混雑しているときには順番待ちになるようですが、南北ラウンジに5ブースづつあります。

ものすごく広くて、子どもと二人で入室するにも十分なスペース。

水圧も強く、タオルも用意されており汗を流すのにぴったり。

私は替えの下着を持っていくのを忘れてしまったのが残念なところ。次回からは準備しておきます。

子どもがひどく服を汚した場合とか、お漏らししてもらった場合、シャワーが使えるととても心強いですよね。

ラウンジ受付横にあるので、利用申し込みはラウンジ受付で、混んでる時は予約になるようなので、まず受付時に聞いてみても良いでしょう。

結論4 JGC会員ならシャワーまで浴びれる!

ダイヤモンドプレミアムラウンジは?

最上級会員向けに提供しているサクララウンジのさらに上質なダイヤモンドプレミアムラウンジ。

「サクララウンジがそれだけ子連れで便利ならダイヤモンドプレミアムラウンジはもっといいのでは?」と思いますが、実はそうでもありません。

ダイヤモンドプレミアムラウンジは、上質で重厚感があるつくり。

大人にとってはビールとつまみと軽食がサイコーです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170127183953j:image

でもとても静かすぎる空間なので、子連れでは気おくれしてしまいます。

ただ、「パン」や「おにぎり」などの軽食を提供してくれているので、多少のご飯を食べることができるのはメリットです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170128075038j:plain

ただ子連れだと間違いなく浮きますね。

 サクララウンジは、利用条件が比較的緩めなので、家族連れとかもたくさんいるので、子連れでも問題ありません。

結論5 ダイヤモンドラウンジはこどもにはオーバースペック!

サクララウンジを利用するためには?

こどもラウンジがある「 サクララウンジ」を利用するためには、4つの手段があります。具体的には

 

・ファーストクラスを利用する。

・キャンペーンを適用する。

・3000円支払う。

・JGC(上級会員)になる。

 

です。順番に説明してきましょう。

ファーストクラスの利用

これは一番単純です。JALでは、羽田-那覇、千歳、伊丹、福岡の4路線に限ってプラス8000円でファーストクラスが利用できます。座席が素晴らしくなり、機内食が出るのに加えて、利用者は搭乗前に、ダイヤモンドプレミアムラウンジやサクララウンジを利用できるようになります。ただし、人気が非常に高い上、事前予約できる運賃が限られているため、家族3人や4人でとるのは大変至難の業です。

ファーストクラス (機内・ラウンジ) - JAL国内線

 

キャンペーンを利用する。

JALでは、ラウンジが利用できるキャンペーンを2つ実施しています。

一つはJAL便に3回以上搭乗すると翌月無料で利用できるキャンペーン。ただし、搭乗した本人のみなので、子どもを連れていくには現実的ではありません。

JAL国内線 今年も3回から!! 2017年 3回乗ったら翌月15日から! ラウンジキャンペーン - JALマイレージバンク

もう一つNTTドコモが会員向けに提供しているラウンジキャンペーンが現実的です。

プレミアムクーポン|d POINT CLUB

こちらはドコモ15年以上の利用者もしくは、ドコモ発行のゴールドカード所有者が応募できます。

旦那さんがドコモのゴールド会員ならば、同行者1名まで入場可能です。お子さんが一人なら連れて入れますね。奥さんもドコモのゴールド会員ならば最大4人まで入室できます。

ただし、抽選となってますが(ほとんど外れない模様)

 

3000円支払う

実は入室料金として3000円支払えばラウンジを利用できます。

サクララウンジ 国内線サクララウンジお申し込み(有料)(羽田空港国内線ラウンジ) −JAL国内線

ただし、国際線と違ってサクララウンジでは食事が出るわけでもないので、3000円支払う価値があるかは微妙なところ。

ただしキャンペーン等で、3人組だけど2人は無料で入れるという場合は、残りの1名分を有料で利用するというのはありですよね。

 上級会員(JGC会員)になれば使い放題

JAL便に50回以上搭乗するか、50,000FOPを獲得すると、日本航空から上級会員としての資格が与えられます。

それがJGC(JAL GLOBAL CLUB)の会員です。

JALマイレージバンク - JALグローバルクラブ:ご入会にあたって

その利便性は大変高いものです。ほんの一部を紹介すると、

・国内線で日本各地のサクララウンジが利用可能

・国際線では、国内外のラウンジが利用可能

・搭乗券の優先予約

・座席指定範囲の拡大

・専用保安検査場の利用可能

・専用カウンターの利用可能

・預け入れ荷物が優先的に出てくる

といった具合です。

 

国内線で言うと、混雑時にチェックインで混雑して保安検査で混雑して、長い時間搭乗口付近で待って、荷物が出てくるまで待って・・・・と待ちの連続です。

それが上級会員資格を持っていると、

・混雑でもほぼ待ち時間0でチャックイン、荷物預入可

・混雑時でも保安検査はほぼ待ち時間0

・混雑時にラウンジでビールを飲みながらゆっくりと待つことができる。

・いち早く荷物が出てきて、混雑する前に空港から移動できる。

とまさしくいいことずくめです。

 

ただし難点は費用が掛かること。例えば50回搭乗なら、羽田-伊丹は安くても15,000円ですので、75万円です。会社の出張があればあっという間でしょうけどね。

 

会社の出張がない人が、自力でJGC会員になる時に使われるのは50,000FOP。

50,000FOPの目安は、約50,000マイル分をJAL便で利用した場合です。

実際にはキャンペーン等が多数ありますのでそれよりも少なくなり、羽田-那覇ならば15往復くらいが目安。この場合は、およそ40万から50万円の費用が掛かります。

 

ただし、これは一度取得すると年会費が10,800円のクレジットカードを所有している限り、無期限でこのベネフィット享受し続けられるのです。

ということで、1年間だけ奮発して飛行機に乗りまくると、その後生涯に渡って飛行機にのる時にラウンジ利用したり、優先カウンターが使えるということで、頑張って飛行機に乗りまくるいわゆる「JGC会員に修行」というものが流行っているのです。

 

費用を賄うためにポイントサイトの利用も

この費用を賄うために行われるのが、ポイントサイトの利用です。

ポイントサイトを経由して、ネット通販やクレジットカード購入などを行うと、利用内容に応じてポイントが付与されます。

例えばクレジットカードの作製だと数百ポイントから数千ポイントが、ネット通販だとその数パーセントが付与されるのです。

このポイントは、現金に換えてFOP修行に利用することも出来ます。

また、マイルに変えて、特典航空券と交換することも出来るのです。

 代表的なのは、ハピタスですね。

ハピタス経由でクレジットカードを作ったり楽天ショッピングで購入したりするだけ、マッサージを受けてポイントまでもらえるという案件もあります。

 

 今、陸マイラーとして活躍する多くの方々は、「ハピタス」に登録しているので、信頼性も高いサイトです。

もしまだ登録されていない方は、こちらのバナーから登録してください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

なお期間限定で331日までに登録&利用&ポイント交換で、もれなく1000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。(エントリーしたリンクからの登録が必要です。当サイトのリンクはすべてエントリー済みですが、検索エンジン等から登録すると対象外です。)

 

その他興味があれば、ぜひこちらからご確認ください。

 



終わりに

羽田空港は、キッズスペースを設けたり、清潔なお手洗いを備えるなど子連れにもとても優しい空港です。ただ子どもにとって飛行機に乗るという非日常な中では、万一のことを考えていろいろと準備しておくと安心です。

 

ぜひポイントサイトを修行した陸マイラー活動と、上級会員であるJGCの修行活動。頑張って行ってみてはいかがでしょうか?

 

 



mairu-de-hawaii.hatenablog.jp