子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

BOSEのQC35が飛行機でも新幹線でも最強すぎて別世界に飛べた

飛行機のファーストクラス用に開発されたという、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン。

買うか買うまいか悩んでいたけど、SFC修行を控えた自分としてはつい購入してしまった。

f:id:mairu-de-hawaii:20171215162746j:image

そしてそのあまりの静寂さにドハマリしてしまった。

飛行機はもちろん、新幹線でも、そして高速バスでも抜群の効きで、静寂の世界に連れて行ってくれる。

今日はそんなBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンの中でも、一番のおすすめと自身を持って言えるBluetoothモデルのQC35の抜群の使い勝手について詳しく紹介したい。

 

BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンとは?

ノイズキャンセリング機能とは、飛行機のジェット音や地下鉄の騒音などを打ち消してくれる機能。キャンセリング機能をONにすると、全く音がしなくなる静寂感に包まれる。

ビックカメラやヨドバシカメラなどのやかましい家電量販店でも試聴できるので、一気に周りの音と隔絶される不思議な感じを味わった人もいるかもしれない。

とにかく圧倒的に遮断される性能に驚いてしまうのだ。

 

ただ、ネックが2つある。1つは電源が必要なこと。単4電池や充電池など型式は色々だけど、電源が必要でそれとともにコントローラも着いてくる。いつものイヤホンやヘッドホンよりちょっと邪魔な感じ。

しかし、少し前に発売されたBOSEのQC35はこの欠点を完全に克服した。

電池がどこに入っているかわからないので、ただの線がないヘッドホン。全然邪魔じゃない。

ネックは値段。きちんとしたノイズキャンセリングの性能を得たいなら2万円以上の値段になってしまう、QC35に至っては37,800円だ。

当初は「音聞くだけなのにそんな値段出せねーよな~」と思っていたのですが、来年は新幹線での出張やら、飛行機でのSFC修行やら幾つかの予定があったことと、以前乗った国際線のビジネスクラス搭乗時に利用したBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンがめちゃくちゃ良かったので、今回清水の舞台から飛び降りるべく、購入してしまった。

そこで思ったことは「ノイズがなくなって集中力が数倍になるのに、疲れが半減して移動でも仕事でも通勤でもサイコー!やっぱいいものは高いけど満足度も高いね!」ということだ。

 

ノイズキャンセリング機能は飛行機や新幹線の乗り物で絶大な効果を発揮

ノイズキャンセリング機能は色んな場面で役に立ちますが、特に真価を発揮するのが乗り物への搭乗時です。

特に飛行機や新幹線など長距離移動を行う乗り物では、走行音やエンジン音などの外部からの騒音があるかどうかは、疲労に大きく影響します。

一度ノイズキャンセリングヘッドホンを利用すると、ヘッドホンを外したときの騒音に驚かされます。

人間の脳は、外部からの騒音は気にならないように「聞こえないふり」をしてくれますが、それをヘッドホン側で行ってくれると、疲れもなく、またシャットダウン機能は人間の耳や脳よりも正確で静かです。

 

飛行機や新幹線では機内のノイズはほぼ全て聞こえません。

機内で着用するとまるで別の場所に一人だけワープしたかのような、外界からの隔絶感です。

ただし、このヘッドホンはノイズのみを消し去ってくれるため、CAさんや車掌さんからの問いかけはある程度聞こえます。(まぁ、ヘッドホンつけてる客にいきなり話しかけるケースは少ないですが。)

通常の会話は音量を下げたりすれば、できるのですが、私はそれは失礼だと思うので、耳から外しちゃいます。そんな頻繁にあるわけじゃないので。

なお、飛行機では、以前はBluetooth機能などの無線機器は利用できませんでしたが、いまではほとんどの機種では利用可能です。利用できない飛行機はプロペラ機など極一部です。離島路線などでない限りは影響ないでしょう。

 

バスや通勤電車では?

もちろんノイズキャンセリング機能は通勤電車でも絶大な効果を発揮します。地下鉄のような轟音がする通勤では特に。

ただ短距離電車だったり、乗り降りやすれ違いが多い電車だと、うまくキャンセリング機能が働かないケースもあります。

バスも路線バスよりも高速バスのほうが効果を感じやすいです。

ノイズキャンセリング機能自体は、ドアの開閉音やすれ違い時の音などを消すのはあまり得意ではなく、むしろエンジン音や走行音、レールの音やパンタグラフの音など、ずっと同じ音が連続して起きている音を消すのに向いた機能です。

比較的な駅間が長いような長距離列車や高速バスのほうがいいですね。

私は1時間ほどの通勤でノイズキャンセリングイヤホンを使っていますが、あまりの聞きに寝過ごしたことも何度か。

 

実は家とか職場で使いまくってます。

基本的には通勤(地下鉄)と飛行機や新幹線での移動時をメインに購入したのですが、実は自宅や職場での使用頻度が高いです。

自宅ではブログの執筆など、集中して作業を行う必要がある時。職場は仕事中(特に残業中)です。

家とか職場ってあんまり音がしている意識はなかったのですが、ノイズキャンセリングヘッドホンを一度付けると、実はいろいろな音がしたことに気が付きます。

家で言えば、「24時間換気のモーター音」「電気機器から発せられるジーッというノイズ」などなど。

パソコンのファンやHDDが回る音などもそうですね。

職場はもっとうるさい。特に残業中は外から自動車の音が聞こえたり、機械室からの騒音などなど。

集中力が段違いですよね。音がなくなると、目の前のことに集中できる。

ちなみに極小さい音量で音楽を流しています。全く無音だとなんだか不思議な感じがするので。

「飛行機にのるのはそれほどないしな~、あまり使わなくてもったいないかな~」と思っていたので、自宅や仕事中でも利用できるというのは嬉しい誤算だった。

 

気をつけて!アマゾンの中華ヘッドホンの高評価連発のレビューは全部ヤラセ。買うならソニーかBOSEです。

ここまでは、ノイズキャンセリングの効果について、述べました。

アマゾンでノイズキャンセリングヘッドホンを検索すると、中国製で評判が良いレビューのヘッドホンがいくつも出てきます。

例えばこちらなどなど。

気をつけなくては行けないのは、これらの高評価レビューはほぼ全てヤラセです。

「やまだたろう」とか「杉本きらら」とか、取ってつけたような名前です。

巧妙なのはきちんとした日本人で、少しマイナスポイントも書いて信憑性を高くしているところ。

「少し重たい感じもしますが、すぐに慣れました。音質はすごくいいとまでは行かなくてもノイズキャンセリング機能がしっかり効いています。値段を考えると普段使いにはベストです」などという評価。

ノイズキャンセリングヘッドホンは、ノイズキャンセリング機能の効果と、もともとのヘッドホンとしての音質、そしてつけ心地などの使い勝手がトータルで優れていないと、結局使わなくなる。

数少ない実際に使った人のレビューを見ると、「そもそもの音質が悪い」「ノイズキャンセリングの効きが悪い」「重くてつけ心地が悪い」と散々なレビューです。

私もあまり性能が良くないノイズキャンセリングヘッドホンを使ったことがありますが、疲れてすぐに使うのを辞めてしまいました。

SonyやBOSE以外のメーカーは事前に十分にリサーチしてからの購入をおすすめします。

ちなみにsonyの最安のものならば、7,000円弱で購入が可能です。

 

BOSEのQC35はこんなところも優れてる。

今回私が購入したBOSEのQC35は、ノイズキャンセリング能力はかなり高いです。ただし、音楽を流さずに、ただ無音状態を期待すると少し厳しいかも。あくまでもノイズをキャンセリングして音楽を楽しむためのもの。単純に外からの音を遮断させるには、「デジタル耳栓」「イヤーマフ」などが良いでしょう。

一般に音楽を聞くためならば、十分すぎるほどのノイズキャンセリング能力。しかも、さすがBOSEで、音楽の音質やつけ心地もとても優れています。

さらに、マルチペアリング機能があります。

これは、通常のbluetooth機器では、ヘッドホンとiPhoneを接続すると、それ以外の機器とは、再度接続し直す手間が必要なのですが、マルチペアリング機能があれば、iphoneから音楽を流せば、iphoneの音声が再生され、ipadから再生すればその音が聞こえる。簡単に複数の機器からの音楽を聞くことができるのです。

マルチペアリング機能は2台までですが、登録自体は8台まで可能。自宅のMacや、Apple Watchなど複数の機器を予め登録しておき、iPhoneのアプリなどから自由に再生する機器を選択することが出来ます。

この機能がとっても便利です。

 また、キャリングケースも超便利。

f:id:mairu-de-hawaii:20171215162811j:image

たたんでスッキリと収納できるので、当初は飛行機にのる時に持っていくつもりだったのに、いまではいつでも持ち歩くようになってしまったのだ。

飛行機や新幹線に乗る機会があるなら絶対に買い!

しかしこのヘッドホン、値段は、37,800円と決して安くはありません.

 

Bose QuietComfort 35 wireless headphones(アマゾンへのリンクです)

 

基本的にBOSEの商品は息が長いモデルが多く、モデルチェンジはそう頻繁にありません。消耗品もあとから購入可能です。

実際に約10年ほど前に発売された商品(QC15)が今でも現役で発売されていたりと、一生モノに近く利用できるのであれば、決して高いものではありません。

私もちょうどプライム会員は10%オフセールがあったため、3,780円引きの34,000円ほどで購入することが出来ました。BOSE製品は基本的に定価販売のみなので、もしプライム会員セールを行っていたらすぐポチることをおすすめします。

 

なお、同じような機種としてQC35IIが販売されています。こちらは39,800円と2,000円ほど高いのですが、こちらはグーグルアシスタンス(音声案内)がついただけです。

同じ値段なら新製品のQC35IIを買ったほうが良いと思いますが、もし、2,000円程度の差ならQC35を買ったほうが良いでしょう。そういった飛び道具的なものは、ヘッドホンには不要です。

 

なお、通勤電車で使うのが主目的の場合には、ヘッドホン型のQC35は少し大げさ。

そんなときはイヤホン型のQC30がおすすめです。

 

Bose QuietControl 30 wireless headphones

 

 いくら商品が良くても、ヘッドホンやイヤホンに3万円も出せないよ・・という場合は、ソニー製のこちらのブルートゥースノイズキャンセリングイヤホンがおすすめ。

7000円もせずに購入できるこのイヤホン。

私も実際に使っていましたが、ノイズキャンセリング力はかなりのもの。

マルチペアリングが出来ないため、再生機器を変える時に少し手間取りますが、性能としてはとてもグッドですよ。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N : Bluetooth対応

 

ちなみに、BOSE製品は、アップルストアでも販売しています。2018年のアップルストアの初売りでもらえるギフト券を利用して購入するのもおすすめです。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

なお、こちらのような高額商品を購入する時は、クレジットカードの入会キャンペーンを併用するともっとお得になります。

詳細はこちら

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp