子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

海外の空港ではさらに滅茶苦茶大活躍する航空会社の上級会員(SFCやJGC)

JALやANAに多数登場すると、上級会員として取り扱われ、ラウンジの利用や専用窓口の利用など、通常ビジネスクラスを利用した時にしか受けられないサービスを受けられるなど、ものすごいメリットがあります。

 

そのため、JALならばJGC(JALグローバルクラブ)や、ANAはSFC(スーパーフライヤーズカード)という上級会員になるために、いわゆる「修行」と称して、1年間だけ飛行機にたくさん載るという行為が今はやっています。

 

でも実は、日本国内のサービスだけで考えると、「あればいいけど、必須というほどじゃない」という感想も見られると思います。

ラウンジサービスなどもうれしいのですが、成田空港や関西国際空港では、そもそもレストランやフードコートなどが迷うほど豊富です。

優先登場や優先保安手続きも、もちろんうれしいのですが、空港って楽しいので、結局早く到着しちゃう。

1分1秒を争うスーパービジネスマンの場合は、ギリギリの飛行機搭乗などでこういったサービスがフル活用できるのですが、意外と家族旅行程度の使い方だと、JGCやSFCのメリットってそんなに享受できないな~って思ってしまう方も多いのでは?

 

ところが、これが海外に行くと全く違います。

色んな場面で上級会員のメリットがフルに受けられるという実感があります。

国内とは段違いのサービス享受感です。

今日はそのあたりについてご説明したいと思います。

 

階層社会の海外では、差別というか区別が当たり前

「階層」など、日本では、あまり意識することがありませんが、海外に行くといろいろと驚くような光景を目のあたりにしますよね。超高級ホテルのすぐ横でホームレスやストリートチルドレンが物乞いしている。少なくとも日本ではほとんど見ない光景です。

 

日本でも、鉄道ではグリーン車や指定席くらいはあっても、上級会員専用の改札とか、電車が遅延した際にグリーン車顧客を優先して振り返るなんて行為はありません。

 

ところが航空会社の考え方は、世界的な競争によって、欧米的な思考が導入されており、多頻度顧客へは優先窓口や特別な対応が制度的に行われています。

ラウンジの利用や優先搭乗、専用カウンターなどなどは上級会員に限定して提供されるサービスです。

でも海外に比べると、日本国内で受けられるサービスは控えめな気がします。

日本では、ラウンジの入り口はひっそりとしていて、ほとんどの一般人は存在すら知りません。

ビジネスクラス専用と言いつつも、カウンターが空いているときはエコノミー客を誘導して対応してくれます。

ところが海外の空港での上級会員サービスはあからさまです。

外から見ても見るからに豪華なラウンジ、どんなに混雑しているときでも絶対にエコノミー客を受け付けないビジネス専用カウンターなどなど。

 

今回は海外旅行で感じた上級会員のメリットについて感想を説明したいと思います。

 

海外でのカウンター業務の多くは現地の航空会社への委託

さて、日本国内ではJALの搭乗受付は、JALの社員が、ANAの搭乗受付はANAの社員が行っていますが、海外では違います。

もちろん香港やソウルなど日本便が多く飛んでいる便では、現地にもJALやANA社員がいてカウンター業務を行っているのですが、もう少し小さい空港や、一日に1~2便程度しかフライトがない空港の場合は、JALやANAではなく、現地の航空会社に委託しているケースが多々あります。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118062750j:plain

JALならばワンワールドグループ、ANAならスターアライアンスグループなど、同アライアンスの航空会社に委託するケースが多いようです。

「JALなら安心」「ANAなので、何かあったらカウンターで相談しよう」なんて思っていたのに、カウンターに居たのがドライに対応する現地航空会社社員なんてことが全然あり得るんですよね。

 

 

悲惨な待ち時間のエコノミーカウンターと、快適すぎる上級会員カウンター

日本で階層をあまり意識しないというのは航空会社のサービスだけじゃなく、窓口に訪れる旅客も同様で、特に海外旅行に行く客層はそれなりに身なりや態度がしっかりした人が多いですよね。

もちろんたまに、今は下火になった「農協のツアー」とか、「修学旅行生」など大騒ぎをして眉をひそめるような団体客もいますが、総じてみんなおとなしくカウンターに並んでいますよね。むしろ上級会員の方が偉そうにしています。

しかし前回、東南アジアに旅行に行った際、帰国時のカウンターの混雑では衝撃を受けました。

というのもエコノミー客が20人くらい並んでいるのをたったの2窓口で対応していたこと。

そして、その20人も、静かに並ぶでもなくみな大騒ぎ。途中から列に割り込む人もいれば、カウンターで重量オーバーを指摘されたスーツケースをその場であけて、荷物の入れ替えをする人まで。行列が全然進みません。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118062817j:plain

私は幸い上級会員資格を持っていたのでエコノミー利用なのに待ち客0のビジネスクラスカウンターで手続き。

わずか5分で手続きが終わりました。私の手続きを終えたビジネスクラスカウンターの職員は隣のカウンターを手伝うわけでもなくスマホ三昧。

私は、上級会員資格がなければ、その光景にイライラしつつ、1時間以上は待たされたでしょう。

少なくとも日本の航空会社であれば、上級会員がいない間は、ビジネスクラスカウンターでも手続きを行ったりすると思います。もしくは、それをやらなければ、「隣のカウンターで暇そうにしているのに、手伝わなかった」などと投書されてしまうでしょう。

 

しかし、東南アジアの皆さんは、それに不満を言うでもなく、当たり前の光景として受け入れていました。

上級会員として見ると、ものすごくいいですよね。行けば必ず混雑した行列を横目に待ち時間なしでカウンターの受付をしてもらえる。抜群の優越感が味わえます。

 

日本のラウンジもいいけど、めちゃくちゃ安心な海外のラウンジ。 

最初に言っておきます。日本のラウンジの方が食事はおいしいです。さくらラウンジなどは明太子や味噌汁などの和の食材から、ソーセージまでとってもおいしいです。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118062506j:plain

でも、羽田空港や、成田空港、関西空港は、グルメ天国なんですよね。空港内のレストランだけでも、和食・洋食・ファミレス・カフェ・ファストフードまで何でもござれです。

私も最初は「ラウンジ!ラウンジ!」ってこだわっていたんですけど、妻に言われました「「空港には折角おいしいものがたくさんあるんだから、空港にしかないものが食べたい~」と。

結局、成田空港のタイ料理を食べました。妻はこのタイ料理が海外旅行の楽しみだったみたいです。

ジャイタイ 成田空港店 - 成田空港/タイ料理 [食べログ]

ホントそうですよね、「ラウンジ!ラウンジ!無料!ただ!」なんて言っていた自分が恥ずかしいです。

さくらラウンジに移動してから「ラウンジではビールを飲むだけで十分なんだな」と、考えを変えようと思っていた隣で、タイ料理を食べた後にもかかわらず、カレー食ってる妻が居ました・・・ラウンジは別腹らしいです。。。。

 

それに対して、海外では妻はラウンジが大好きです。

その理由は「海外の割にはおいしいものが多くて、安全で安心だから」だそう。

 

もちろん海外の空港でもレストランやフードコートがあるところは多いです。

そして絶対的な味では明らかに「さくらラウンジやANAラウンジ」のほうが日本人にとってはおいしいです。

 

でも、相対的には、久しぶりに安心感のある食べ物を食べることができる海外のラウンジのほうが感動というか安心感が高いです。

海外に数日滞在した後は、久しぶりに食する航空会社のソーセージやヌードル類はとてもおいしく感じます。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118063231j:plain

また、従業員もフレンドリーでとても親切。

 

味もそうなんですが、安心感が段違い。

海外の空港の場合、3時間前の空港到着が強く勧められると思いますが、日本ほど時間をつぶすところがありません。

本屋での立ち読みもちんぷんかんぷん。免税店での買い物だってたかが知れています。

だからと言って直前に空港に到着した場合、保安検査や出国審査に時間がかかったりするケースも多いです。日本なら「もうすぐ飛行機が出発してしまう!」と訴えれば、横入りさせてくれることもあります。多くの海外だと「だから何?at your own risk」と言われておしまいです。

そんなことにならないように、せっかくの海外での滞在時間を削って、3時間前に空港に到着せざるを得ないんですよね。そして、早めに出国審査や保安検査を潜り抜けて、

 

そんな憂鬱な待ち時間ではラウンジが大活躍です。

 

もちろん出国審査後の制限エリア内にも、飲食店やフードコートはありますが、空席待ちでうろうろしている人がいると珈琲だけ飲んでスマホいじって時間つぶしをするのには少し気が引けます。

逆に、現地の人はそんな軒にしないので、なかなか席が空かずに苦労することも。

また、制限エリア内と言えど、従業員は多数出入りしており、当然LCC利用の利用者などもたくさんいるため、荷物の紛失や置き引き等の被害も心配なので、安心できません。

しかし、ラウンジはそれこそ「時間をつぶすとこ」。お手洗いも清潔ですし、子どもも喜ぶデザートなども多数。そして遅延の案内なども早めに入手できますので、特に子連れやお年寄り連れには抜群におすすめです。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118063412j:plain

海外だとiMacがあったりする場合も多いです。もうサイコーです。 

 

優先搭乗のシステム自体が違う!これなら優先搭乗したくなる!

海外と日本では、優先搭乗のシステムが違うケースが多いと思います。

日本での優先登場は、まず先に、事前改札などと称して「乳児連れ、障害者、介護が必要な人」を先に機内に案内します。

そしてその後ステータスごとに順番に機内に入れていきます。順番は

①乳児連れ、障害者、要介護者

②最上級会員・ファーストクラス

③上級会員・ビジネスクラス

④エコノミー席の前方

⑤エコノミー席の後方

という順。優先搭乗といいつつ、同じクラスでは行列ができます。

さらに最初の優先搭乗の機会を逃すと、あとは一般人に混ざってずーと並んでいなきゃいけません。

そして最初に入った人=結局一番出発まで機内で待たされるってことになるんですよね。

それをわかっている人は、ラウンジでゆっくりして、搭乗口で少し待って一番最後に搭乗するっていう人も多いと思います。

これって優先搭乗とは真逆です。結局「優先搭乗なんて意味がない」ってことになるんですよね。

 

海外ではどうでしょうか?

もちろん、行列はあります。機内に一番乗りしたい人は上級会員用の行列に並びます。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118063459j:plain

この日はバス便だったこともあり、優先搭乗でも20人ほど並んでいましたが、一般客では100名以上の大行列でした。

それだけでも優先搭乗のメリットは有るんですよね。

 

でも違うのはその後です。

日本では、優先搭乗の時に搭乗しなかった上級会員は、普通会員と同じ扱いになり、普通会員の行列の一番後ろに並ばされるケースが多いのですが、海外のケースでは異なることが多いです。

優先搭乗しなかった上級会員が、普通会員の搭乗が始まってから搭乗口に来た場合、行列に横入りさせてくれます

どんなに長い行列ができていても、隣のゲートから入れてくれます。

その時「ホントの優先搭乗ってこれだ!」と思いました。

便利なのはバス移動の時です。「今出発しそうなバスになんとしても乗りたい」とき、「新しく来たバスに座りたいとき」そんな自分が入りたいタイミングで横入り出来ます。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118063838j:plain

この日はバスの最前列をキーブできて子供も大喜びでした。

日本ではほとんど優先搭乗しない私ですが、海外でこの方式の優先搭乗では、ほぼ必ず優先搭乗の恩恵にあずかります。

 

上級会員のメリットは空港でストレスフリーになれること。

ファーストクラスに100万円出して搭乗するわけでもないので、上級会員のメリットは、一つ一つはたかが知れています。「ちょっとだけ早く手続きができる」「待ち時間にちょっとしたラウンジが利用できる」「ちょっとだけ早く搭乗できる」ということ。

どれも「早く空港に行けばよい」「レストランやカフェに行けばよい」などなど、代替手段もないわけではありません。

でもこの上級会員が素晴らしいのは、空港での「ちょっとした待ち時間」がほとんど解消されること。待つことによるストレスが激減するのです。

残念ながら、「保安検査」「出入国審査」の時間は、短縮されないケースがありますが、国や空港によってはそれすら優遇されることもあります。(香港空港など)

こうした待ち時間のストレスを減らすことは、旅の時間を少しでも有意義にしたい人はもちろん、子連れや年配の両親などを連れて旅行に行くときに特に有効です。というか、取得1年にして、私としてはもはやかけがえのないものになっています。

f:id:mairu-de-hawaii:20171118063020j:plain

これなしでの海外旅行なんてまず考えられません。

 

この絶大なメリットを世界中で享受するための方法

さて、この絶大なメリットを享受するためには、航空会社の上級会員になることが必要です。

ユナイテッド航空、デルタ航空、キャセイパシフィック航空など、世界中に航空会社がありますが、その中で上級会員になるならば、JALかANAを強くお勧めします。

その理由は

・日本発着の路線数が多く恩恵を受けやすい

・上級会員の資格を一度得ると、生涯にわたって上級会員資格を維持できる。

・上級会員を得るためのハードルが低く、ビジネス利用でなくても上級会員になれる。

・アライアンスに加盟しているため、世界中の航空会社で、同様のメリットを受けられる。

などなど。

通常だと出張族でものすごい高い運賃のチケットで、太平洋を何度も往復しなくては上級会員の資格は得られないのですが、日系の航空会社では、上級会員資格を得るためには王道のやり方というのがあります。費用は40万~50万ほどかかりますが、一度上級会員になれば、そのメリットを生涯にわたって享受できるので、飛行機に乗る機会が多い人たちは、こぞって上級会員を得るために、飛行機に何度も搭乗する「修業」と呼ばれる行動をとるのです。

修行と言っても酒を飲みながら飛行機に乗って全国を飛び回るという至って楽しいもの。修行自体が目的になる人も多数います。

JALやANAでの上級会員修行を行いたい人は、ぜひとも、こちらをご覧ください。 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

【必携】ホテルグループの上級会員もおすすめ!

空港でのストレスがなくなると、今度は滞在先のホテルでもっと快適に過ごせるようにしたいと思ってしまいます。

いや、むしろ海外旅行では、空港の滞在時間よりもホテルで過ごす時間の方がはるかに長いため、ホテルでの滞在を有意義にする方がメリットは大きいです。家族も喜びます。

ホテルグループでの上級会員のメリットとしては、

・無償でラウンジが利用可能になる。

・無償で朝食がつく

・無償で部屋のアップグレードがされる

などなど。

 

特に全世界でホテルチェーンを展開するマリオットグループでは、これらのメリットが「SPGアメックス」と言うクレジットカードを作るだけで、マリオットの「ゴールド会員」というステータスが与えられこれらのメリットを享受できます。

さらに、SPGアメックスは、マリオットグループに加え、スターウッドホテルグループでもゴールド会員のステータスが与えられ、シェラトンやウェスティンなどでも、無償での部屋アップグレードやレイトチェックアウトなどの各種サービスを受けることができます。

年会費が、33,480円と少し高額ですが、毎年スターウッドホテルグループへの無料宿泊権が与えられるため、旅行好きの方なら、ほぼ100%、元が取れる以上のメリットを受けることができます。

さらに、1月31日まで入会キャンペーンを行っており、入会ボーナスとして通常1万ポイントが与えられるところが、紹介からの入会に限っては17,000ポイントが付与されるというキャンペーンを行っています。

私もこの紹介制度を利用させていただき、入会しました。

その時もらった17,000ポイントのうち、10,000ポイントを使って、香港のスカイシティマリオットホテルに宿泊しました。

週末の土曜日だったため、普通に予約すると一泊30,000円近かったのが無料でもらったポイントで宿泊できただけでも大満足。ところがそれだけではありませんでした。このカードの特典がさらに受けられました。

ゴールド会員のステータスがあったため、なんとスイートルームへ無料でアップグレード。ラウンジが利用できた上、さらに朝食までつくというスペシャル待遇を受けることができました。

そのあたりの顛末はこの辺で

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

マリオットホテルと、SPGホテルは世界各地に多数あります。日本から直行便があるような年であれば、3~5程度はあり、廉価ブランドから超高級ブランドまで選択肢が多数あるので、困ることはありません。

航空会社の上級会員は魅力的だけど、50万円かけて修業するのは・・・という方でもホテルのゴールド会員であれば、33,480円の年会費のみで可能です。

どっちかっていうとおすすめはホテル会員のこちらですね。

なお、紹介キャンペーンでは、既存会員からの紹介URLから入会する必要があります。周りに既存会員がいない場合は、下記URLから直接お申し込みください。キャンペーンが適用となります。

SPGカード申し込みURL

もしくは、こちらのフォームからご連絡下さい。

SPGお申込みフォーム

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp