子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

Apple Watch Series3は不具合多発だけど最高の時計【実機レビュー】

昨日(平成29年9月22日)Apple Watch Series3がついに発売となりました。

Apple Storeで予約済みだった私も早速受取実機を使い倒しました!

残念ながら雨のため、本日早朝のワークアウトはできませんでした。

それでもものすごいパフォーマンスに驚いています。

f:id:mairu-de-hawaii:20170923072932j:image

Series3を使っちゃうとSeries2はプロトタイプだと感じるほど。

Series3はものすごく早くて便利になっていて驚愕しています。

 

今日はそのあたりをじっくりレビューしてみたいと思います。

 

Apple Watch Series2を返品した真の理由が判明した。

昨日の記事でもSeries2を返品した話を紹介しました。

その理由は活動系としては中途半端だったり、アプリも今ひとつの使い勝手だったりと期待に添えなかったというものです。

そしてそこが解消されているということで、今回購入の決断をしたというもの。 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

でもね、ホントは違いました。

Series2を返品したのは、アプリの使い勝手とかエクササイズ中の機能が期待通りじゃなかったというのもありますが、今ならわかります。

時計としてもっさりしててイライラする。

という単純な理由だったのです。そしてそれを覆すほど、その他の機能が優れていなかったということでした。 

 

最近あまり聞きませんが、もっさりとは動作が緩慢なこと。

もう言いたいことは全てこの動画が語ってくれてますので御覧ください。

 

Series2を単品で利用する分には「こんなもんか」と思っていたけど、実際に動作はかなり遅かったことがわかります。

実際にApple Watch3では、色々なアプリを起動してもストレスは一切感じることはありません。

利用してて気持ちが良いレスポンスです。

Series2のとき、Apple Watchを利用していると、iphone出したほうが早くね?ということもしばしばだったので、この改善は劇的に素晴らしいです!

 例えばApple Payなんかも、コンビニで列をなしている時に起動させたりに時間がかかっていたのですが、今回はあっという間。

バンドも充実して素晴らしい。

今回購入したのはグレーアルミニウム38mmモデル。

厚みはありますが、時計として全く違和感のないデザイン。

スポーツバンドも主張しすぎず、カジュアルからビジネスまで対応できます。

ただ、スーツに合うかというと、ちょっと微妙なところ。

カジュアル可な会社なら全然オッケーだけど、そしたらスーツも着ませんよね。

そこで、スーツに合わせるために購入したのがこちらの金属バンド。

f:id:mairu-de-hawaii:20170923072949j:image

 これが素晴らしい。これが2,000円もしないで購入できるっていうのはサイコーです。

Apple Watch Series2のときは、ビジネス向けのバンドを購入すると1万円以上したりで、バンドの着せ替えを楽しむことが難しかったですが、Apple Watch登場から年月がたったお陰で、ものすごいアクセサリ周りが充実してきたのがすごく便利。

 

時計としての可能性がめちゃくちゃ広がっています。

 

JETech Apple Watch バンド ステンレススチール製 38mm ブラック

 

アマゾンでプライム対応で1,999円です(シルバー1,299円〜。)

 

また評判が良いのはこちら。2,800円です。 

Amazon | Evershop Apple Watch 金属ベルト 38mmステンレスベルト ビジネス風 時計バンド 腕時計ストラップ 高級金属製時計ベルト series 1 series 2 series 3対応(Black) | スマートウォッチアクセサリ 通販

また、付属充電器以外の充電に関しては広く普及しているQi対応の充電器では今のところ確実な充電はできない模様。

ただし一部の充電器では充電可能なものもあるようなので、今後に期待できそうです。 

 

ただし、不具合の報告もいくつかあります。

・wifiに接続しようとしてLTE接続が不安定になる。

・Macのスリープ機能が利用できず。

・ミッキーがしゃべらない

などなど。

ただし、このへんはすぐにソフトウェア・アップデートで解消されるものと思われます。

 

アップル製品はアップルストアでの購入がおすすめな理由

基本的に私は、アップル製品、特に新商品はアップルストアでの購入をおすすめしてます。それが返品可能というシステム。

「不具合じゃないけど使うに耐えない性能」という理由では、日本では返品は基本的に

 認められません。

ところがアメリカでは認められるということで、コストコとかアップルストアでは、「使いにくい、思ったほどの性能じゃなかった」という理由だけで返品が可能。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

Apple Watchのような先鋭的な商品ではこのシステムがものすごく役に立ちます。

実際に渡しもSeries2に関しては、返品しました。

 

また、アップルストアの魅力は納期の早さ。新製品でも予約開始直後なら確実に手に入るのが大きなメリットです。

ということで、私もアップルストアで予約して、発売日当日に手に入れることができました。 

Apple Watch Series3はApple Storeで購入しなくてもいいかもしれない。

そんなApple Watchですが、Series3に限っては、Apple Storeで購入する必要性が低いかもしれないと思っています。

というのも、確実に時計としての性能が上がっていて返品する人が激減すると思っているからです。

今回はセルラーモデルが販売されLTE利用ができるようになったのはたいへん大きな進化です。

ただ、iphoneがなくても接続できるようになったということで、特別になにか新しい大きな変化が見えるわけではありません。

しかしその分大変な正常進化を遂げて、めちゃくちゃ使いやすく、レスポンスが早くなっています。

 

また、幸いに市中にも在庫は多数あるようで、アップルストアの納期の早さも享受しにくい。

そんなApple Watch Series3ですので、今から購入するのならビックカメラやノジマがおすすめ。アップルストアでは定価ですが、ビックカメラなら3%のポイント還元が受けられます。

f:id:mairu-de-hawaii:20170923075027p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20170923075007p:plain

なお、さらにポイントサイトと言って、そのサイトを経由するだけで、ポイントが上乗せになります。

ビックカメラならば「ちょびりっち」というサイトを経由すると更に1%が付与。

f:id:mairu-de-hawaii:20170923075358p:plain

ポイントサイトとは、サイトを経由することで、ポイントサイト(ちょびりっち)がビックカメラから集客に対するインセンティブがもらえるので、その一部が、ちょびリッチからあなたに付与されるという仕組みで、最近大ブームです。

なにしろユーザーは純粋にもらえるだけで、アンケートに答えるとか個人情報を差し出すとかそんな不利益は一切ありませんので。(登録は必要です。)

ポイントサイトの中でも、ちょびりっちは還元率が高めで、ポイントが付与されるまでが短いという特徴がある信頼できるサイトです。

さらに、貯まったポイントも現金化できたり、航空会社のマイルに移行できたりと幅広いのもメリットの一つ。

 もし利用したことがない方はこちら「ちょびりっち」から登録してください。

 

当方のサイトを経由して登録した上で、当月中にポイントを獲得すると、500ポイント(250円分)が付与されます。

 

なお、ちょびリッチは、アップルストアも対象です。

定価販売が原則ですが、例外的にポイントサイト経由ならポイント還元が受けられるのです。

ただし新商品は対象外なので、Apple Watch Series3ならばビックカメラのほうがおすすめですね。

f:id:mairu-de-hawaii:20170923080110p:plain