子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

陸マイラーはJGC修行なんてやるな!金と時間の無駄!

JGC修行を解脱した自分が言うのもなんなんですが、ANAのSFCはともかく、陸マイラーに限って言えば、JGCのために、修行をする意味がないんじゃないかと思っています。

なぜならJALには、ANAと違って、国際線のプレミアムエコノミーの特典航空券がマイルで発行できるから。
プレエコに搭乗すれば、ラウンジ利用やチェックイン時の優先手続きなど、一般会員でも、JGCで得られるメリットがほぼすべて享受できるんです。
また、SFC会員には、特典航空券の優先予約権がありますが、JGC会員は平会員と同じ。
そう、特典航空券でJALのプレミアムエコノミーやビジネスクラスに乗る場合、JGC会員のメリットが全くないという驚きの状況なんです。

今日はその辺を詳しく説明していきます。

 

上級会員におけるJALとANAの違い

JALのJGC(JAL Grobal Club)と、ANAのSFC(Super Flyers Club)は、ともに航空機に一定以上乗った人だけが入会できる会員組織。
羽田-那覇を10往復など、約50万円程度の費用が掛かります。
しかしながら、入会すると航空会社が提供するラウンジが無償で利用できたり、混雑する搭乗手続きを横目に専用カウンターでチェックインができたりと、そのステータスとメリットのため、わざわざ飛行機に搭乗する人も多数います。

そんな、JALとSFC、基本的な上級会員として提供されるサービスはほぼ横並び。しかしながら、実は、細かいところで違います。
そして、その違いが、陸マイラーにとっては非常に大きな違いとなってくるのです。

 

JALのみがプレミアムエコノミーを特典航空券として提供

近年、特に国際線では、ビジネスクラスほどではないものの、エコノミークラスよりも広い座席で、ラウンジ利用や専用手続きカウンターを設けるなど、ビジネスとエコノミーの中間ともいえるプレミアムエコノミークラスを航空会社では充実させています。

f:id:mairu-de-hawaii:20170806074214j:plain


単価の下落が激しいエコノミークラスでは十分儲けが取れない航空会社と、ビジネスクラスのフルフラットや個室感ではサービスが過剰だけどエコノミーじゃ貧弱だと感じる乗客の利害が一致し、ちょうど良い快適性が提供されるプレミアムエコノミーが好まれ始めています。

実際の座席もフットレストがあったり、一昔前のビジネスクラス並みに快適です。

JALとANAも、この波にのり、国際線では多くの路線でプレミアムエコノミーを提供し、エコノミー・プレエコ・ビジネスの3クラス制とする路線が増えています。
ここでJALとANAの戦略の違いが出てきます。
JALはプレミアムエコノミー座席を特典航空券用として一部(おおむね1便あたり4席)提供しています。
対するANAは、特典航空券は、エコノミーとビジネスのみで、プレミアムエコノミーの設定がありません。
しかしANAは、エコノミーに搭乗する上級クラスの会員に、無償でプレミアムエコノミー席をアップグレートとして提供するというサービスを行っています。
プレエコ座席を特典航空券としてさばくJALと、上級顧客向けのサービスとして提供するANAと戦略が大きく分かれています。

子連れには特にうれしいプレミアムエコノミー

実は私はJALユーザーですが、プレミアムエコノミーに大ハマりしています。
というのも子連れだと、子どもにご飯を食べさせたり、ぐずった時におもちゃを出したりするときに、テーブルが広いことと、座席が広く体制が変えやすいことなど、プレエコには絶大なメリットがあるからです。
また、プレエコならば、ラウンジの利用も可能です。さらに、搭乗受付も大きな空港ならばプレエコ専用がありますし、小さな空港ならばビジネスクラスと同じ受付です。さらに荷物の優先タグもビジネスと一緒。
座席以外は、ほぼビジネスクラスと同等のサービスを受けることができるんです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170715073957j:plain


それなのに、特典航空券に必要なマイル数がビジネスほど高くなく、エコノミーの1.5倍程度で済むからです。

また、ビジネスクラスに搭乗しても同じようなメリットはあるのですが、さらにマイルが必要なこと、個室感が強すぎて、子どもと隣り合って座れないスタッガード座席が用意されるなど、子連れ利用には圧倒的に不向きです。

f:id:mairu-de-hawaii:20161111180853p:plain

そんなわけで私は特典航空券では、基本的にはプレミアムエコノミー利用が多いです。
だって、プレミアムエコノミー利用だと、ほぼJGC特典が受けられてしまうからです。

SFCにある特典航空券の優先予約がJGC会員にはない!

ここでANAの場合を考えてみましょう。ANAはプレエコをマイルで提供していません。
一般会員が、特典航空券利用で、ラウンジを利用したい場合、ビジネスクラスを利用する必要があります。
しかし、ANAのビジネスクラスは提供座席が限られており、一般会員ではほぼ予約ができない状況です。運よく予約取れそうな時でも、ANAは特典航空券の座席提供を上級会員2枠、それ以外2枠としており、一般会員では2枠分のみしか枠がありません。結果的に家族3人以上での予約がほぼできない状況になっています。(路線によって違いあり)。

 

JALでは一般会員でも、エコノミー、プレエコ、ビジネスがそれぞれ4席ずつ提供しています。そのため一般会員でも上級シートの特典航空券の予約がしやすいことが、大きな違いです。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp 

SFCと違い、JGC専用の予約枠はありませんので、JGCのメリットが少ないです。

上級会員のメリットを最大限享受できるのはエコノミー利用だけど、陸マイラー的には大損するパラドックス

さて、JGC会員で一番お得なケースは、エコノミー席を利用しながら、「ラウンジ利用・専用手続きカウンター・優先預け入れ荷物」を満喫するというパターン。
格安航空券やツアーでも、上級会員としてラウンジが利用できたりするのはとてもメリットがあります。 

逆にプレエコやビジネスクラス利用の場合、それらの特典が座席に付随するので、JGC会員の意味はまるでなくなります。
それでは、特典航空券をエコノミー利用でとるとお得なのかというと、陸マイラー的には一番メリットが小さいです。
陸マイラーの価値は、通常料金では手が届かない上級座席が、マイルを利用することで圧倒的にお得に特典航空券が利用できることです。
エコノミーチケットでよければ陸マイラーとしてマイルを経由する必要はありません。
確かにマイルで引き換えができるメリットはありますが、競争率も高いです(JGCでも優先予約不可)。
したがって割引航空券を買ったほうが圧倒的に予約しやすいですし、場合によっては安価です。
JGC会員になって、陸マイルでエコノミークラスの特典航空券で登場するのは、少なくともJALにおいては「とってももったいない」ことです。

一方で、あまりお得じゃないのは一緒だけど、ANAの場合は、多少事情が異なります。ANAの場合は、SFC会員ならば優先的に特典航空券に座席が割り当てられており、SFCのメリットを享受できます。
また、ソラチカカードを利用してマイル化したあとに、マイルの1.6倍のスカイコインにできます。するとスカイコインでエコノミーチケットを購入することもできます。

JALならばJGCを取るより、マイルでプレエコに乗るのがお得です

JALは特典航空券で、プレミアムエコノミーの設定があるのがメリット。そして、予約するためのマイル数や予約のハードルもやや低め。
マイルの利用方法としては、プレエコやビジネスクラスが圧倒的にお得です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170905181834j:plain


結局、マイルで特典航空券を取る陸マイラーとしては、毎回プレエコを予約すれば、ラウンジも利用できて、専用搭乗受付も利用できるということで、JGC会員になるメリットがほぼないというのが今の実感です。


私の場合は、BAやキャセイパシフィックなどワンワールド各社の利用も多いため、JGC特典を活用したりもしますが、特典予約枠の拡大を期待していた自分としては、結局JALは一般会員に手厚いんだな~と、せっかくのJGCカードもやや期待外れという結果に終わりました。

陸マイラーを始めるなら一般ユーザーにやさしいJALがおすすめ。

最近陸マイラーがブログ界隈でもJALへの鞍替えが相次いでいて、当初からJALユーザーの私はうれしい限りです。
前述のとおり、ANAはマイルを貯めるのは容易なのですが、実際に利用する時に
・そもそも予約がとりにくい
・ビジネスクラスは一般会員には2枠しか開放されていない。
・エコノミーかビジネスの2クラス制で枠が少ない
というデメリット。
JALは
・JGC会員も一般会員もJGC会員も予約権は同一で4枠ずつ解放
・プレエコも特典座席が用意され予約がとりやすい。
・JALは直前に空席が解放される。
などなど。

JALでは、一般会員の場合でも、ハワイ便だとしても、少なくともエコノミー4席、プレエコ4席、ビジネス4席の計12席が解放されていることを確認しています。

陸マイラーならJALがおすすめ!

今から陸マイラーとして活動していくなら、JALのほうがおすすめですよ。
その場合でも陸マイラーならば、JGC会員資格は不要です。
そしてJALで陸マイラーを目指すなら、いまならモッピーがおすすめです。
今年に入って陸マイラー界に大きな変化がおきました。

 モッピーを利用したJALマイルレートが移行レート82.2%と、これまでのハピタスードットマネーの52%程度を超えるとても高レートで移行できるようになったのです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902070344j:plain

JAL moppy JALのマイル交換 ドリームキャンペーン | ポイントサイトでお小遣い稼ぎ・節約するなら安心・安全なモッピー

 11月31日までのキャンペーンですが、6000マイルの交換に通常12000ポイントが必要なところ、4700ボーナスマイルがバックされるため、実質7300ポイントで6000マイルの交換ができるというものです。

 モッピーはいま、JALユーザーを狙い撃ちしており、ポイント付与率がどれもものすごいです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902070916p:plain

ヤフオクや、楽天をモッピーモッピー経由で利用するだけで、利用金額の1%がポイントとしてたまります。

2位のNTTグループカードも、カードを作るだけで10,000ポイント、8300マイル相当です。羽田ー那覇3往復分のマイルがカード作るだけでもらえちゃうんですから、如何にフライトで貯めるのが非効率がご理解いただけると思います。

リラク&エステも実質マッサージが3000円の施術で、3700ポイント=2960マイルと、実質ただで受けられマイルも貯まる超絶お得案件が多数あります。

なお、モッピーで貯めたポイントはマイル化した後には、そのままマイルで利用してもいいですし、eJAL ポイント化して修行の原資にしてもオーケーです。

なお、修行する際には、モッピー経由で国際線航空券を買うだけで25ポイント付与されたり、クレジットカードの作成でもポイント還元がされますので、ネットで何か決済をする前には必ずモッピー経由にすることをおすすめします。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902071405p:plain

まだモッピーに入会していない方は、こちらからどうぞ。 

それでもJGC会員が必要なのはこんな人

じゃあ自分がJGC修行したことを後悔しているかというと全然そんなことはない。

何故かと言うと、JGC修行の過程をめちゃくちゃ楽しんだから。

とにかく酒が好きな自分なんだけど、修行中はめっちゃファーストクラスで酒を飲みまくって満喫しまくった。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 私は羽田ホームで、羽田ー那覇便をファーストクラスでフライトしまくることができたので、ものすごく楽しんだ。結果としてJGC資格がついてきたという感じ。

けど、正直50回フライトや、エコノミーやクラスJだったら、「え〜全然メリットないやん」ってなったかもしれない。

損得で考えると、わざわざ修行してまでラウンジ使いたいなら、プレエコ利用したり、レストラン利用すればいいじゃんってのは全く正しい。

今回紹介したのは、あくまでもJALのプレエコに特典航空券で登場する場合に限定した話。

でも、実際に、他社便利用時や、ツアー利用でJAL便に乗るときにはJGC会員資格が大いに役に立ちます。
ただし、それ以外の場合は、むしろJGC修行に必要な50万円分は、陸マイラー活動に活用するというのも大切な選択肢。
もし、皆さんもJGC会員に興味がある場合は、これらのことも考えてご検討ください。
その場合はこちらをご覧ください。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp