子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

2018年版JGC修行の全て!JAL上級会員への道を徹底解説

2017年5月中旬。JALの上級会員組織である(JAL GROBAL CLUB)への入会資格である50,000FOPに到達した私は、ついに、JGCカードを取得しました!

f:id:mairu-de-hawaii:20170116153654p:plain

これにより、以降の人生において、JAL便はもちろん、キャセイパシフィック航空やマレーシア航空など、ワンワールドグループ各社の飛行機に搭乗するときには、格安航空券でも特典航空券でも、優先搭乗が確約され、全世界の航空会社のラウンジ利用ができることとなりました。しかも家族4人まで!

実際に利用しましたが、サイコーにハッピーです。

今回は、取得までの道のりをお知らせするとともに、「こうしとけばよかったな?」という反省も振り返ります。

2018年にJGC修業を目指す皆さんの参考になればと思います。

 

JGCとは?その絶大なメリットは?

JALの会員組織であるJALマイレージバンク(JMB)。

JALには、さらにその上級組織として、JGC(JAL GROBAL CLUB)という会員組織が存在しています。

JMBには、入会申込書を出せば、すぐに入会できるのですが、上級会員組織であるJGCはそうはいきません。

 JGCに入会するためには、JMBサファイアステータスを取得する必要があります。そして、JMBサファイアステータスは、50,000FOP達成、もしくは50回の搭乗が必要となります。

 さて、FOPとはあまり聞きませんよね。

このFOP(フライト・オン・ポイント)はマイルとは異なり、飛行機に乗らなくてはポイントを得ることができません。

そして、飛行機に乗るといっても、マイルで引換ができる特典航空券では、このFOPは付与されません。

あくまでも、通常の運賃で購入した航空券のみが対象となっています。

しかも、航空券のクラスによって、加算されるFOPは異なります。

いわゆるツアー航空券のような安価な航空券では加算割合が低く、一般運賃など高価な航空券では加算割合が高い。

さらには、ファーストクラスやビジネスクラス、クラスJといった高価な座席は、通常のエコノミーに比べて加算割合が高い。

そんな仕組みになっています。

そのため、どれだけ旅行好きの人だとしても、ツアーなどで国内や海外旅行を行っても、この会員組織に入会することはまず出来ません。

一般ユーザーでJGC会員になれるのは、単身赴任から定期的に家族のもとへ帰る人や、介護で定期的に里帰りを余儀なくされる人くらい。

ほとんどは、「予約変更可能・直前購入」など、高価な航空券を購入する「仕事で海外や国内出張に行くために飛行機に多く搭乗する人」が対象です。

 

ただ、極少数ですが、出張などがほぼない一般ユーザーもJGC会員になります。

私もその一人。会社での飛行機出張は、多くても年に1回。土日休みの普通のサラリーマン、そんなにお金があるわけではない。

子供を連れて、年に1~2回は飛行機で旅行したいな~。そんなときこのJGC会員の絶大なるメリットを知りました。

・搭乗前に航空会社専用のラウンジでビールを飲みながらゆっくりとくつろげる。

・座席指定で前方席や非常口座席の指定が可能

・JGC会員専用の窓口で手続き時間を大幅に削減

・特典航空券で予約できる座席数が大幅にアップ

・優先搭乗で待ち時間なしでの搭乗が可能

・繁忙期でも優先的に予約が可能。

などなど

 

詳細については、こちらをご覧いただくとして、これらのメリットを、生涯にわたって、エコノミークラスや格安航空券での搭乗でも享受できるのです。 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

私自身も数十年間、これらのメリットとは無縁。せいぜいクレジットカードラウンジでビールを飲むくらい。

それが、昨年の海外旅行時にプレミアムエコノミーに搭乗した際、専用窓口を利用して待ち時間なしの楽ちんさを経験したり、国際線のラウンジでゆっくり食事をしたりと、この絶大なメリットを家族みんなで体験した結果、JGCへの入会チャレンジを決意。

普段は文句を言いがちな妻からも、ラウンジ利用などで子連れ旅の辛さが半減した経験から修業へのGOサインがでました!

JMBクリスタルのメリットは?

JGC会員になるためには、飛行機にたくさん載って、JMBサファイアステータスに到達する必要があります。

JMBサファイアステータスに到達するためには、50,000FOP達成、もしくは50回の搭乗が必要となります。

なお、JMBサファイアステータスの前段階として、30,000FOPもしくは、30回搭乗でJMBクリスタルステータスに到達します。こちらの赤色ですね。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902061758p:plain

JALマイレージバンク - サービスステイタス一覧:サービス一覧

修行途中に必ず到達するJMBクリスタルのメリットを紹介します。

一般的には、JMBクリスタルは、サファイアまでの途中経過ポイントで、このステータスを目指す人はあまり多くありません。

JMBクリスタルの主なメリットですが

・クリスタル専用予約デスクの利用

・キャンセル待ちの優先

・国際線前方座席指定が可能に

・付与マイルがアップ

・Jクラス利用時に専用窓口&荷物の優先取扱い

・国際線でのビジネスクラスカウンターの利用

・預け入れ荷物の優待(国内線+10kg、国際線+1個)

・羽田空港国内線サクララウンジ専用ラウンジクーポン10枚プレゼント

JALマイレージバンク - サービスステイタス一覧:サービス一覧

しかし、JMBクリスタルは、JAL便に関しては、感じられるメリットはそれほどありません。

ただし、JMBクリスタルステータスは、同時にワンワールドルビーステータスも付与されます。

このワンワールド・ルビーステータス(JMBクリスタル)の恩恵は、航空会社によって異なります。

たとえば、キャセイパシフィックでは、通常では座席指定ができません。ところがワンワールド・ルビーステータスを保有していると、前方座席含めて座席指定を行うことができます。

私の場合は、最前列座席を指定できたほか、通常ビジネスクラスとして提供されている座席までも指定ができました。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

JGC獲得のための早道は?

さて、 JMBサファイアステータスに到達するためには、50,000FOP達成、もしくは50回の搭乗が必要となります。

私の2017年のJGC修業の道のりは次の通りです。 

 

  区間 クラス 料金 FOP FOP単価
1月 羽田-沖縄 特便21F 19,190 2,860 6.7
1月 沖縄-宮古 特便3 7,750 700 11.1
1月 宮古-沖縄 特便3 7,750 666 11.6
1月 沖縄-羽田 特便21F 28,890 2,860 10.1
1月 初回搭乗マイル     0  
1月 初回搭乗FP     5,000  
2月 羽田-沖縄 特便21F 22,690 2,860 7.9
2月 沖縄-羽田 特便21J 18,690 2,072 9.0
3月 羽田-沖縄 特便21J 19,990 2,072 9.6
3月 沖縄-羽田 特便21F 23,090 2,860 8.1
3月 羽田-沖縄 特便21F 30,190 2,860 10.6
3月 沖縄-石垣 特便3 8,900 770 11.6
3月 石垣-沖縄 特便3 9,900 820 12.1
3月 沖縄-羽田 特便21J 19,990 2,072 9.6
3月 羽田-沖縄 特便21F 24,690 2,860 8.6
3月 沖縄-羽田 特便21J 29,490 2,072 14.2
4月 羽田-沖縄 株主割引J 24,190 2,072 13.1
4月 沖縄-羽田 株主割引F 31,190 2,860 12.0
4月 羽田-沖縄 株主割引F 31,190 2,860 12.0
4月 沖縄-与論島 特便1 11,950 512 23.3
4月 与論島-沖縄 特便1 11,950 512 23.3
4月 沖縄-羽田 株主割引F 31,190 2,860 12.0
5月 羽田-沖縄 特便21J 24,590 2,072 11.9
5月 沖縄-羽田 特便21F 23,890 2,860 8.4
      461,340 50,012 9.5

 

9日間かけて、22レグです。

基本は、羽田-沖縄を8往復。

うち、ファーストクラスが10搭乗で、クラスJが6搭乗。

ファーストクラスのほうがFOPが優れています。

そして、乗り心地含めてサイコーです。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 しかし、設定便数が少なく、予約を取るのが難しいため、クラスJも混ぜています。

ファーストクラスも素晴らしいのですが、修行中のベストフライトは、琉球ー石垣で利用したプロペラ機です。

これは単価が悪化すること承知の上で、沖縄-宮古、沖縄-石垣、沖縄-与論の離島路線を入れることにしたものです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902064209j:plain

FOP単価は悪化しましたが、プロペラ機も楽しみながら、45000FOPを達成することができました。

 2018年版JGC修行も基本的には同じ道のりとなります。

 

ANA(SFC)とJAL(JGC)の違いは?

ANAの上級会員資格であるSFCと、JALのJGC。仕組やメリットなどは小さな違いはあるもののほぼ同じ。

陸マイラーならANAが有利だとか、JALしかない路線があったりとか、どちらを選ぶかはさまざまでしょう。

ちなみに私は、「ANAは特典航空券が超絶とりにくい」という理由などにより、JALを選びました。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

それでは、JALとANA、修業方法に違いはあるんでしょうか?

JALとANAでは、修業方法にいくつか違いがあります。

 

まず、プレミアムクラス・ファーストクラス設定について

・ANAは、ほぼすべての便にプレミアムクラス設定されている。

・JALのファーストクラスは羽田発着の4路線のみで、しかも便数も限定。

後述しますが、ファーストクラス・プレミアムクラスは値段も高いのですが、もらえるフライトポイントも多いため、プレミアムクラスやファーストクラスでの修業が今は主流。

ほぼすべての便にプレミアムクラスが設定されているANAに対して、羽田発着便のみしか設定されていないJALは、羽田以外で修業を行う場合、ファーストクラスが利用できず、厳しい修行が待っています。

そのため、福岡や大阪在住者は、福岡-那覇や伊丹-那覇が設定されているANAのほうが有利です。

羽田や羽田を経由して修行する場合ならば、ファーストクラスは、シートやサービスが明らかにプレミアムクラスより優れているため、JALに軍配が上がります。

 

JALとANAの修行路線について

・ANAの最長路線は、那覇-新千歳

・JALの最長路線は、石垣島-羽田(Fクラス設定では、那覇-羽田)

長距離路線のほうが、修業には有利。また、ANAは、「羽田-那覇-新千歳-羽田」というルートが利用できます。

一方で、JALはどうしても羽田-那覇の単純往復になりがち。下手すると、往路で同じ機材・CAさんになる可能性も高い。

ということで、修行路線の自由度に関しては、ANAのほうがやりやすいです。

 

修行方法について

・ANAの上級会員取得条件は50,000PP獲得のみ

・JALの取得条件は50,000FOP獲得or50回搭乗

ANAは以前は50回搭乗でも達成できたとのことで、羽田-ということで、JALのほうが有利。

 

ポイントサイトのJALマイル化がキャンペーンで超絶お得!

さて、この修業計画にjは、JAL、ANAともに50万円ほどの予算が必要です。

しかしなかなか、50万円と言うのはハードルが高い。

そこで利用されるのが、ポイントサイトでポイントを稼いで修行の原資にするやり方。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

実は、これまでポイントサイト利用はANAが圧倒的に有利でした。

というのも陸マイラーによく利用されるハピタスを利用した場合、ポイントをスカイコイン&eJALポイント化については、

・通常では、10000ポイント→10000円の現金化ですが、

・ANAは、10000ポイント→9000マイル→14400スカイコイン

・JALは、10000ポイント→5200マイル→7800eJALポイント

に移行できます。

ANAの場合は、ポイントをスカイコイン化することで、1.4倍になりますが、JALの場合は、0.78倍になってしまうため、

現金化して、航空券を購入したほうがお得です。

ところが、今年に入ったこの状況に大きな変化が起きたのです。

 

モッピーを利用したJALマイルレートが移行レート82.2%と、これまでのハピタスードットマネーの52%程度を超えるとても高レートで移行できるようになったのです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902070344j:plain

JAL moppy JALのマイル交換 ドリームキャンペーン | ポイントサイトでお小遣い稼ぎ・節約するなら安心・安全なモッピー

 11月31日までのキャンペーンですが、6000マイルの交換に通常12000ポイントが必要なところ、4700ボーナスマイルがバックされるため、実質7300ポイントで6000マイルの交換ができるというものです。

また、7,300ポイントをマイル経由で、JAL航空券の購入に利用できるeJAL ポイントに移行すると9000円分となります。

2018年版JGC修行では、モッピーを利用することで、得られたポイントサイトのポイントでのJGC修行も可能になるんです。

 2018年版JGC修行では選択肢が大きく広がりました。

 

ANAとJALのキャンペーンについて

・ANAは基本的にキャンペーンなし

・JALは、初回搭乗5000FOPキャンペーンや、ダブルFOPキャンペーンが毎年あり

JALの場合は、JALカード特典で、初回搭乗時に5000FOPプレゼントされます。したがって実質45000FOP貯めれば、JGC資格が得られます。

初回登場時の5,000FOPボーナスは2018年JGC修行時も継続で行われると考えられます。

ダブルFOPキャンペーンはもしかしたら開催されない可能性も危惧されています。 

 

2018年版SFCとJGCの修行方法の違いをまとめると?

さて、これらをまとめると次の通りになります。

ANA(SFC)修業のアドバンテージ

・ポイントをスカイコイン化して、それを利用しての修業が可能。

・福岡-那覇や伊丹-那覇、新千歳-那覇でもプレミアムクラス利用の修業が可能

・プレミアムクラスの設定便が多いため、予約がJALのFクラスより容易

です。

JAL(JGC)修業のメリット

・5000FOPキャンペーンがあるので、実質45,000FOPで達成化

・ファーストクラスのサービスが、ANAプレミアムクラスより格上

・ダブルFOPなどキャンペーンが豊富

・50搭乗でも達成可

ということ。

 

ただ、修業後は、JALのほうが陸マイラー率が低いため、特典航空券の発券がしやすかったりと、メリットもあることは事実。

キャンペーンや50搭乗条件を利用することで、JALでも十分に修業が可能ですので、私は、JALでの修業を決めました!

 

この時の事情はこちらに記載がありますので、興味があれば、ぜひご覧ください。。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

2,018年版JGC修行の王道

JGC修業の王道は、国内線の羽田-那覇の往復です。

往路もしくは復路でファーストクラス(2,860FOP)を利用、残りはクラスJ(2072FOP)利用です。

これで、往復すると、4932FOPです。

もちろんJALカードを作っているはずなので、初回搭乗5000FOPも獲得できます。

これを9往復すれば、49,388FOP。少し足りないので、1便だけ往復でファーストクラスにしたり、修行の合間を那覇-石垣島などを1往復すれば、1000FOPほどになります。これで50,000FOP達成です。

 

海外修行では?

なお、JALでは、毎年FOPキャンペーンを開催しています。

2016年1月~3月 中部-バンコクのビジネスクラスで2倍FOP(通常10,438FOP→20,876FOP)

JALマイレージバンク - 名古屋(中部)−バンコク線 おかげさまで就航1周年記念 ビジネスクラス ダブルFLY ON ポイントキャンペーン

 

2015年3月~2015年12月 関空-ロサンゼルスのエコノミー、ビジネスで2倍FOP(通常14,322FOP→28,644FOP)

JALマイレージバンク - 大阪(関西)−ロサンゼルス線就航記念 ダブル FLY ON ポイントキャンペーン

 

こういったキャンペーンを利用するか、プレミアムエコノミークラスを利用したいわゆるOKA-SINタッチ。

マレーシア航空の格安ビジネスクラスや、JALの海外発券による格安航空券利用など、海外においては様々な修行ルートがあります。

ただ、最近では、テロ対策が強化されており、短期滞在だと入国が難しかったりするため、複数泊必要なケースがあったりと、ハードルが高いのも事実。

 

ただ、国内線は、もらえるFOPが飛行マイルの2倍、海外だとアジアは1.5倍で、それ以外は1倍。

海外発券を行うなど、コストを抑えることも十分に可能ですので、上級者は海外修行を行うと面白いかもしれません。

私は宿泊での修行は家族の関係で難しいため断念して国内線修行となりました。

 

 

JAL(JGC修業)はファーストクラスが絶対オススメ? 

FOP(フライトポイント)を稼ぐという意味では、長距離路線に乗りまくるのがベストです。

それに加えて、クラスが高い座席にのると、フライトポイントが割増になります。

例えばある日の羽田-那覇路線・クラスごとの、付与FOPと、値段、FOP単価です

エコノミー 1,876FOP 15,890円 8.4円/FOP

クラスJ   2,072FOP 16,890円 8.2円/FOP

ファースト 2,860FOP 23,890円  8.3円/FOP

 

単純往復だとした場合、エコノミーなら登場回数24回必要ですが、クラスJならば22回

ファーストクラスなら16回ですみます。

クラスJなら11往復必要なところが、ファーストクラスなら8往復。

しかも、飲み物がいっぱい出て終わりのクラスJに対して、食事が出てアルコールまで飲み放題。

CAさんの対応まで段違い。

正直、クラスJとファーストクラスでは快適性は数十倍違います。

エコノミーに比べるとましだけど、新幹線の普通席よりも狭いクラスJ。

船旅のように移動そのものが楽しめるファーストクラス。ファーストクラスでのJGC修業を一度行うと、正直クラスJでの修業など考えられないのが正直なところです。

 

ただし、ファーストクラス設定は、羽田-那覇、羽田-札幌、羽田-福岡、羽田-伊丹の4路線のみ。すべて羽田発着です。

 

ファーストクラス設定を前提とした効率的なJGC修行とは

JGC修行の年間スケジュール的には

1月    Fクラス便数も多く(4便)、値段も年間を通じて最安。

2月、3月  Fクラス設定が少ない(2便)が、値段もそこそこ安い。

4月、5月  Fクラス設定は少ない(2便)が、株主優待券の落札相場が暴落。

6月    Fクラス便数は多い(3便)が、梅雨時期のため

7月~9月  Fクラス便数は多い(3便)が、値段も高騰

10月~12月 Fクラス設定が少ない(2便)が、値段もそこそこ安い。

という傾向に。

10月から6月は、値段がそこそこ安く、予約も容易ですが、F設定が少ない。

7月から9月はF設定が多いけど、値段が高く予約も困難。

まぁ、リゾート地なんで当然ですよね。

 

1月にJGC修業するのが圧倒的にお得!

1月は修行には穴場!なので、とにかく特便21Fを予約すべし!

実は、2017年1月はファーストクラス設定が非常に多く、通常2便設定のところ1月中は最大5便ありました。

そして飛行機もめちゃくちゃ安いんです。

 

1月を例に挙げてみましょう。往路ファーストクラスでの運賃

JAL901  6:25羽田発 21,790円

JAL903  7:55羽田発 28,890円

JAL907  8:50羽田発 28,890円

JAL915 12:15羽田発 19,190円

JAL919 14:50羽田発 19,190円

 

復路ファーストクラスの運賃

JAL902 10:05那覇発 19,190円

JAL904 11:45那覇発 19,190円

JAL908 13:40那覇発 19,190円

JAL914 15:50那覇発 28,890円

JAL918 18:40那覇発 28,890円

 

運賃の違いはありますが、もらえるFOPは同じ。

JAL903(行)-918(帰)なんて組み合わせだと、朝、都内を出てリゾートでたっぷり遊ぶ需要や、夕方ギリギリまで那覇を楽しみたい需要と重なり57780円。

早朝に羽田を出て、午後一で買える組み合わせだと、40980円と7割くらいの値段になるんです。

最安値同士の組み合わせは時間的には選べないんですよね。まぁ、カプセルホテルや民宿に泊まるって手もあるかもしれませんが。

 

ファーストクラス設定が多いということは、チケットがとりやすいことに加えて、安いチケットの組み合わせも可能。

しかも、競合相手もいつもより少ない!

ファーストクラスの供給座席は14席です。1日2往復だと、最大でも56席ですが、10往復だと100席ちょっと。

767便のファーストクラスが5席のみのため、単純に5倍にはならないのですが、それでもかなりのものです。

 

2月、3月は順調に修行をこなせ。

JGC修業の基本は、特便21Fです。

特便21は、2ヶ月前から21日前までの予約で安価に搭乗できる運賃。

先得など、それ以外にも事前予約運賃は多数あるのですが、ファーストクラスを予約できる運賃では、特便21が最安です。

先得などと違って、1搭乗あたりの400FOP付与キャンペーンの対象となる貯め、安価な運賃ながらも付与されるポイントが多いため、修行僧で一番使われる運賃です。

2月、3月は、1月ほどではありませんが、この運賃が比較的容易に予約できますので、2月、3月は順調に修行をしていきましょう。

 

4月5月は株主優待が安い!

4月、5月は5月31日までが有効期限の株主優待チケットが安価にヤフオク等で出品されます。3000円程度で購入が可能ですので、株主優待運賃を積極的に利用するのがお得です。特便21では、時間帯によって値段が異なりますが、株主優待運賃は一律です。また直前でも予約変更が可能なので、新生活を迎えて何かと予定がつけにくい方でも安心ですね。

ただし、2017年11月からの予約システムの変更で、これまでキャンセル待ちができた株主優待運賃ですが、今後はキャンセル待ちができなくなります。

これは少々残念です。

 

 6月は、先得運賃で超絶セールも

6月は先得運賃などで、沖縄ではセール運賃がでることも。

通常6月下旬に沖縄では梅雨が開けますので、それまでは比較的安い運賃で販売されます。今年は1月24日に先得運賃が販売されましたので、それに勝負をかけるのも良いでしょう!

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 10月から12月もそこそこ安いのでラストスパート

 沖縄は観光客が多い路線ですので、観光客が減る秋から冬にかけては運賃も抑えられます。先得や特便、11月30日が期限となる株主優待券を利用しながら、ラストスパートを掛けましょう!

 

勝負は1月の2ヶ月前=11月に始まる。備えは?

特便21の予約は搭乗日の2ヶ月前から。「11月までは、のんびり情報収集しておくか〜」 と考える皆さんに、今から活動しておくべきことをお伝えします。

 

 

超絶とりやすくなるJGC会員の特典航空券のためにマイルを貯める。 

JGC会員のメリットは数多くありますが、その中でも大きなメリットがJGC会員になると、マイルで予約する特典航空券の枠が大きくなること。

最近陸マイラーが増えてきたこともあり、「マイルは貯めるよりも使うほうが難しい!」ということが認知されています。

特にANAは厳しく、せっかくマイルをためたのに、全然特典航空券が取れない!(怒)という声をよく聞きます。

その点JALは、特典航空券が比較的とりやすい。実際に私も、ベトナムや香港などに、3連休を絡めた日程で家族3人分予約することができています。

そして、JALはしかも平会員でもJGC会員でも特典旅行の枠は一緒。

したがって、なるべく早くからマイルを貯めておいて、特典航空券を予約しておけば、特典航空券のフライトの際にJGC資格で搭乗できるのです!

 

飛行機でマイルを貯める。

マイルって飛行機で貯めるのが基本ですね。羽田-那覇をクラスJ利用の場合、1,045マイルがたまります。ファーストクラスなら1,538マイル。(特便21 club-A)

1往復で2,600マイル弱、羽田-那覇を9往復した場合でも取得できるマイル数は23,247マイルです。約50万円かけて飛行機に乗りまくった結果です。

正直飛行機に乗るだけで特典航空券が予約できるほど、マイルが貯まる人は、修行などせずともとっくに、最上級のダイヤモンド会員に慣れてるんですよね。

そこで必要なのがポイントサイトの利用でマイルを貯めるということ。

もちろん貯め先はJALマイルへの還元率が圧倒的に高いモッピーです。

モッピーはいま、JALユーザーを狙い撃ちしており、ポイント付与率がどれもものすごいです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902070916p:plain

ヤフオクや、楽天をモッピー経由で利用するだけで、利用金額の1%がポイントとしてたまります。

2位のNTTグループカードも、カードを作るだけで10,000ポイント、8300マイル相当です。羽田ー那覇3往復分のマイルがカード作るだけでもらえちゃうんですから、如何にフライトで貯めるのが非効率がご理解いただけると思います。

リラク&エステも実質マッサージが3000円の施術で、3700ポイント=2960マイルと、実質ただで受けられマイルも貯まる超絶お得案件が多数あります。

なお、モッピーで貯めたポイントはマイル化した後には、そのままマイルで利用してもいいですし、eJAL ポイント化して修行の原資にしてもオーケーです。

なお、修行する際には、モッピー経由で国際線航空券を買うだけで25ポイント付与されたり、クレジットカードの作成でもポイント還元がされますので、ネットで何か決済をする前には必ずモッピー経由にすることをおすすめします。

f:id:mairu-de-hawaii:20170902071405p:plain

まだモッピーに入会していない方は、こちらからどうぞ。

 

 

JALユーザーの決済カードはSPGアメックスがベストな理由

JALユーザーはJALカードで決済!は半分正解で半分不正解。

JALマイルの付与率が2倍になる特約店での購入はJALカード決済が正しいのですが、日常の殆どの買い物は非特約店。そうした場合の決済は、圧倒的にSPGアメックスがお得です。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

記事にあるようにJALユーザーこそ、SPGアメックスカードのメリットを享受できます。

その理由は、航空会社へのマイル移行の場合、最大1.25%の還元率となるから。

JALは、ショッピングマイルプレミアムに加入した場合

そして、JAL国内線利用の場合、JALよりも6割程度のマイル数で特典航空券が交換できるBA(ブリティッシュエアウェイズ)などとの交換も可能。

航空券で利用しきれない場合は、ホテルでの利用も可能です。

なお、年会費が33,480円と最高級レベルですが、初年度は17,000SPGポイントが付与され、二年目以降は、ホテル宿泊が無料となるなど、3万強の年会費を上回るメリットを享受することも可能です。

ただ、17,000ポイントが付与されるのはともだち紹介の入会キャンペーン利用時のみ。もし、周囲にアメックスを持ってるお友達がいないという場合は、こちらのフォームからご連絡ください。SPGお申込みフォーム

 

JALカードは遅延特約がついたJAL JCB ゴールドで

修行の際には、航空機にたくさん搭乗します。JALカードの所有が必須。5,000FOPキャンペーンが必須だから。

それ以外にもClubAなど、上級カードならば、付与されるマイル数がアップしたりと修行するならば絶対にお得です。

その中でもJAL JCB ゴールドカードが修行ではお得。なぜなら飛行機が遅延したり結構した際に遅延特約により補償されるから。

この国内線の特約がついたカードは数少ない。JALカードでは JCBゴールドだけ。

圧倒的におすすめです。JCBだと海外では弱いことは事実ですが、そもそもJAL特約店以外では、SPGアメックスなどポイント付与がもっと高いカードを利用するので、JCBでも全く問題ありません。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

最後に

JALの上級会員を目指す場合、まずはしっかりと、JGC会員のメリットを把握した上で、2018年の1月から6月までに一気に50,000FOPを目指すのがおすすめです。

また、それに向けて今からモッピーでマイルを貯めながら、SPGアメックスと、JALカードを作って2018年修行を目指しましょう!

みなさんとサクララウンジでお会い出来るのをお待ちしています!