子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

SPGアメックスの入会特典だけで行けるこんなとこ!(ロシア!ダナン!)

SPGアメックスの入会特典だけで、ロシアに行けちゃんです。しかも夫婦2人ペアで。

もしくは、パリのシャンゼリゼ通り沿いの最高級ホテルや、ギリシアのテラス付リゾートに入会特典だけで宿泊できちゃうんです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823182619j:plain


これは、アメックスの入会キャンペーン特典を利用して、10万円利用すれば、17000スターポイントが特典として付与されるから。

さらに、還元率1%のため、10万円利用で1000ポイントが付与され合計18,000スターポイント=18000マイル分が付与されます。

スターポイントはホテルの宿泊に充当することが可能。
たとえば高級ホテルであるマリオット系列。最高級ランクの宿泊に必要なのが15,000ポイント。
最高級ランクのホテルとは、ギリシアのテラス付リゾートホテルや、シャンゼリゼ通り沿いのハイグレードホテル・これらは通常、一泊7万円近いのですが、これにも15,000ポイント。入会特典でもらえるポイントだけで宿泊可能です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160612j:plain

 

また、航空会社のマイルへの移行も可能。

例えばBA(ブリティッシュエアウェイズ)に移行した場合、650マイルまでのフライトならば、1名あたり9000マイルあれば往復が可能です。夫婦2人でも18,000マイル。ちょうど入会特典でもらえるマイル数と同じ。
ところが、これ、国内線に限らず、国際線でも利用可能。
650マイルで行ける海外なんてないでしょ?いやいや!あるんです!
羽田発なら、羽田-プサン、そして大阪発なら、関空-ソウル、関空-ウラジオストク

そう!なんとウラジオストクまでの往復が可能なんです!

f:id:mairu-de-hawaii:20170823182045j:plain

 

ということで今回は、SPGアメックスの入会特典だけで得られる絶大なベネフィットをご紹介します。

 

SPGアメックスカードの入会キャンペーンでもらえるポイント数、マイル数は?


SPGアメックスは、SPG系のホテルグループが発行するクレジットカード。持っているだけで毎年高級ホテルへの一泊無料宿泊権が付与されるほか、宿泊時に部屋が無料でアップグレードされるなど、絶大なメリットがあるため、年会費が31000円+税と高額にもかかわらず、今一番の人気を博しているカードです。
特に10月25日までの入会キャンペーンでは、入会後に10万円利用するだけで、合計17000ポイントがもらえるというキャンペーンを行っているため、アメックスゴールド祭り以来の入会ラッシュが続いています。

SPGアメックスでは、通常の入会ボーナスは10,000ポイントです。ところが紹介キャンペーンの利用で+7000ポイントが付与され、計17,000ポイントが付与されるのです。
さらにこのカードは還元率が1%と高還元のため、10万円利用で1,000ポイントが付与されますので、入会キャンペーンをクリアするだけで、18,000ポイントが付与されます。マイルに移行すると18,000マイルです。(ご入会希望の方は、こちらSPGお申込みフォームから連絡、もしくは、こちら申し込みURLから入会を)

なお、もう少し頑張って30万円利用すると、合計20,000ポイントになります。20,000ポイントの交換の場合、ボーナスで25000マイル分と、25%分移行レートがアップします。
キャンペーンで入会して30万円分利用すれば、25,000マイルもしくは、20,000ポイントが付与されます。
しかもこのもらえるポイントがすごいんです。


SPG系列にお得に宿泊利用

SPGアメックスカードというだけあって、ポイントの使い道はスターウッド系列のホテル宿泊がお得です。
一番お得なのは、函館にオープンしたフォーポイントバイシェラトン。
なんと一泊3,000ポイントで宿泊することが可能。通常料金は繁忙期なら3万円超です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170809175229p:plain

その他のホテルにも国内ならおおむね10000~12000ポイントで宿泊可能です。
最高級ブランドになると、20,000~30,000ポイント必要となりますが、そもそもの宿泊費も高いので仕方ないですよね。
もちろん海外のSPG系ホテルにも宿泊できます。

カテゴリー1

2000スターポイント~

 

カテゴリー2

3000スターポイント~

フォーポイント函館

カテゴリー3

7000スターポイント

 

カテゴリー4

10000スターポイント

キロロ、ウェスティン(名古屋・淡路)、シェラトン(都大阪、神戸)

カテゴリー5

12000スターポイント~

ウェスティン(都京都、仙台、大阪)、シェラトン(グランデオーシャン、広島、横浜、都東京)、

カテゴリー6

20000スターポイント~

シェラトン(沖縄、トーキョーベイ)、セントレジス大阪、ウェスティン(東京、ルスツ)

カテゴリー7

30000スターポイント~

翠嵐京都、プリンス紀尾井町

なお、継続時には、上記のうち、カテゴリー6までに無料で宿泊できる権利が与えられます。2年目以降はこちらでSPGにお得に泊まれますね。

最高にお得なのはマリオット系列への宿泊利用!

SPGポイントの使い道として、最もお得なのが、マリオットホテルへの宿泊に利用するケース。
マリオットホテルは、ランクによって必要なスターポイントは異なります。

カテゴリー1

2500スターP7500Mポイント)

 

カテゴリー2

3333スターP(10,000 Mポイント)

 

カテゴリー3

5000スターP (15,000 Mポイント)

 

カテゴリー4

6666スターP (20,000 Mポイント)

 

カテゴリー5

8333スターP (25,000 Mポイント)

 

カテゴリー6

10000スターP (30,000 Mポイント)

コートヤード新大阪、名古屋アソシア

カテゴリー7

11666スターP( 35,000 Mポイント)

コートヤード(東京、銀座東武)マリオット(山中湖、修善寺、軽井沢、琵琶湖、南紀白浜)、オキナワリゾート、ナルトルネッサンス

カテゴリー8

13333スターP (40,000 Mポイント)

ザプリンス、大阪都、東京マリオット、ルネッサンスオキナワ

カテゴリー9

15000スターP (45,000 Mポイント)

 

ここで、注目してほしいのは、マリオットの最高級ランクであるカテゴリー9でもたった15,000スターポイント/1泊。
そう、入会キャンペーンのボーナスマイルで、マリオットの最高級ホテルブランドに宿泊できてしまうのです。
しかも、マリオット特典として、朝食無料・ラウンジ無料・部屋の無償アップグレードが付帯します。
さらに、繁忙期でも追加料金不要。具体的に見てみましょう。
たとえば、パリのシャンゼリゼ通り沿いのカテゴリー9のハイグレードホテル。
普通に止まると一泊550ユーロ(71,500円)です。ところがポイントならば15,000スターポイントで宿泊可能。(1スターポイント=3マリオットポイントのため、表記は45000マリオットポイント=15000スターポイント)

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160553j:plain

同じくギリシアにある全室テラス付スイートルームの高級リゾートホテル。
一泊530ユーロ(68,900円)のところが、15,000スターポイント。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160612j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160600j:plain

こちら沖縄のマリオットオキナワホテル、カテゴリーは7ですが、夏季は値段が高騰。
一泊68,400円のところが、11,666スターポイントで宿泊可能。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160535j:plain

朝食・ラウンジが無料で利用できるにもかかわらず、全世界のマリオットホテルで超絶お得に宿泊が可能。
キャンペーンを利用すれば、カテゴリー5までのホテルなら2泊。それ以上のホテルでも1泊がSPG入会特典だけで泊まれちゃいます。
なお、マリオット系列を利用する場合は、マリオットのリワードポイントを利用することになります。web上からの申し込みで、2~3日でアカウントがリンクでき、その後はリアルタイムにポイントの移行が可能。
1スターポイントが3リワードポイントとなります。


航空会社へのマイルの移行もお得です。

SPGアメックスの特徴として、世界中の航空会社への移行が可能です。
ANAやJALはもちろん、アラスカ航空やヨーロッパの航空会社にも移行可能。
ところが、海外のエアラインについては、マイルを利用する際に、日本語対応のwebがあるか、日本語対応のコールセンターがあるかが大きなポイントになります。
予定の変更などが発生した場合、コールセンターに連絡しなくてはいけないケースが多いからです。
移行先はものすごくたくさんあるものの、結局、国内に就航しているエアラインに限られてしまうのが現実です。
その中でも随一の人気を誇るのがBA(ブリティッシュエアウェイズ)のAVIOSへの移行です。
人気の理由は
・同じワンワールドのJALやキャセイパシフィックへの移行が可能
・JAL利用の際には、JALからの予約よりも必要マイルが少ない
・日本語のweb対応&日本語対応のコールセンターあり
・マイルの増減のたびに期限が延長(実質無期限)
ということです。

具体的には、JALの特典航空券で、650マイル以内の区間距離の特典航空券を取るためには、9000AVIOS(マイル相当)で往復取れてしまいます。しかも日本語でのweb予約が可能。

BAの必要マイル数とは?

それでは、羽田発でJAL便を利用した時のBAとJALの必要マイルの比較を見てみます。

路線マイル

都市例

BA

JAL

1-650

国内、プサン

9000

12000

651-1150

沖縄、ソウル、上海

15000

15000

1151-2000

台北、グアム、香港

20000

20000

2001-3000

ホーチミン、バンコク

25000

35000

3001-4000

ハワイ、ケアンズ

40000

40000

4001-5500

テヘラン、モスクワ

50000

-

5501-6500

ウィーン、米西海岸

60000

55000

同じようなマイル数ですが、近距離(アジア圏)では、BAマイルのほうが少なくて済むことがわかります。
特筆すべきは、650マイル以内ならばたったの9000マイル分で往復できるということ。
しかも国際線も対象、ということでたとえば羽田空港発ならば、羽田-プサンの国際線でもたった9000マイルで利用できちゃうのです。

JAL国際線区間マイル表 - JALマイレージバンク


入会キャンペーンだけでどこに行ける?

キャンペーンで入会して10万円以上利用すると、18,000ポイントが付与されます。
この場合、区間マイルが1150マイルまでの距離なら15,000マイル利用で往復が可能。
ただし、これだと1人分。夫婦二人で旅行したいなどのニーズもありますよね。
その場合は、区間マイルが650マイルまでなら9000マイルで往復できますので、18000マイルならば、二人分の往復特典航空券が可能です。

さて、650マイルの区間距離というのはどこがあるでしょうか?
国内では、沖縄や石垣島は650マイルを超えますが、鹿児島や札幌などが対象です。
さらに、この特典の特徴は、650マイル以内ならば国内線・国際線問わず対象です。
650マイル以内の国際線なんてないでしょ?いやいや!あるんです。
そう、羽田空港からならば羽田-プサンが618マイルとギリギリ発行可能。
そう、SPGアメックスの入会キャンペーンでもらえるポイントだけで、夫婦二人の海外旅行が実現できちゃうんです!たった18000ポイントなのに。

「プサンとかソウルはもう行ったことがあるしな~」というあなた。
関西-ウラジオストク(616マイル)というまさかの選択肢があるんですよ・・・・

 

ウラジオストクという選択肢

ロシアであり、日本から一番近いヨーロッパともいわれる、ウラジオストク。距離的には新潟からほど近い場所。

Администрация города Владивостока http://www.vlc.ru/


心理的には、距離の割には、とても遠く感じられますが、日本からなら飛行機で、たったの2時間ほど。札幌と同程度の距離です。沖縄よりも全然近いです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823182045j:plain


そんなウラジオストクは日本からも定期便が出ています。
今現在では、
・成田-ウラジオストク(オーロラ航空 週2便、S7航空 週4便)
・関空-ウラジオストク(S7航空 週3便)
です。

このうちS7航空は、いわゆるシベリア航空。
ワンワールドに所属しているため、JALもコードシェア便を運航しています。そのため、BAのマイルにて特典航空券を発行することも可能です。
残念ながら成田-ウラジオストクは、676マイルとわずかに、650マイルを超えてしまいます。
関空-ウラジオストク間なら616マイルと下回るので、夫婦二人でも合計18000マイルで往復が可能なんです!

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160402j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160453j:plain


ちなみにJALコードシェア便は、通常料金ならば、76000円です。2人だと152,000円。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160434j:plain


マイルで行く場合は、1人当たり4,720円がかかりますので、18000マイル+9440円。ずいぶんお得です。
関空発なのが首都圏在住者には残念なところです。
乗り継ぎで行く場合、羽田-関空は片道12,000円なので、夫婦二人なら18,000マイル+57,440円となります。
大阪観光とセットで考えるこれでもお得かな?
なお、羽田発の場合650マイルを超えるため、必要マイルが15000マイル/1人に上がってしまう。
羽田発の場合は30,000マイル+9440円です。

ただし、現在行っているキャンペーンを利用すれば羽田からでも11,000マイルで行くことができます。JALマイルに移行してという手もありますね!(9月30日まで)

S7航空(S7)ディスカウントマイルキャンペーン - JALマイレージバンク

 

ダナンという選択肢

ダナンは、ベトナム中部に位置する今成長めまぐるしいビーチリゾート。
もちろんダナンには、往復9000マイルじゃいけません。
そこで紹介したいのが、香港-ダナンの往復航空券を特典航空券でとるという技。
というのも羽田-香港や関空-香港は、LCCが全盛で時期を選ぶととても格安で飛ぶことができます。
そこで、香港までは格安航空券を利用し、香港からダナンは特典航空券を利用するという技。
幸い香港-ダナンは、キャセイパシフィック系列のキャセイドラゴンが運航していますので、ワンワールドグループでBAの特典航空券が発行可能です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170823160515j:plain


同様に、香港-ハノイも522マイルなので、特典航空券で9000マイル分です。

韓国なら選択肢も広い
もし、韓国に興味があるなら選択肢は一気に広がります。
羽田-プサン
関空-ソウル、プサン
などが650マイル以内で特典航空券9000マイルの対象となります。
なお、ソウルには、マリオットホテルがあるので、ゴールドステータスサービスとして、朝食とラウンジが無料となり部屋のアップグレードも期待できます。
プサンは、マリオットホテルは現在なく、SPG系のホテルのみ。それでも無料アップグレードが期待できるので、特典航空券でプサンに行って、SPGホテルに宿泊するとSPGカードを大満喫できますね。


単身旅行なら東南アジアにも行けちゃいます?

BAは3000マイルまで(アジア圏)ならお得度が非常に高い。
ホーチミンやバンコク、プノンペンなどは、JALならば35000マイル必要なところ、同じJAL便なのに、25000マイルで行くことが可能。
25000マイルというのは、入会キャンペーンを利用して30万円決済すれば付与されるマイル数。
そう、単身ならば、SPGカードを作って決済するだけでアジア旅行に行けちゃうんです!
ただし、乗り継ぎは対象外。区間ごとに必要マイル数が消費されます。
したがって、ワンワールドの直行便がないダナンは、羽田-香港(20,000マイル)+香港-ダナン(9000マイル)と29000マイル必要になっちゃいます。まぁ、それでも十分お得です。
そう、アジアと言っても、ワンワールド便(=JAL)の直行便がフライトしているところが対象となります。
結果的にBAマイルでフライトができるところは

羽田空港

路線マイル

都市例

必要マイル

1-650

国内、プサン

9000

651-1150

沖縄、ウラジオストク、ソウル、上海

15000

1151-2000

台北、グアム、香港

20000

2001-3000

ホーチミン、バンコク

 

25000


関西国際空港

路線マイル

都市例

必要マイル

1-650

国内、プサン、ソウル、ウラジオストク

9000

651-1150

沖縄、上海、台北

15000

1151-2000

香港

20000

2001-3000

バンコク

25000


となります。

SPGアメックスの入会特典を得るには紹介制度の利用が必要

さて、初年度の入会特典だけでこれだけお得なSPGアメックス。次年度以降はポイントではなく、SPG系列への1泊無料宿泊特典が与えられます。
さらに、ポイント還元率が1%と高率なので、メインカードにしていれば、十分にポイントをためていくことができます。

しかもポイントは少額から利用できるというところが大きなメリットですよね。

こちらのSPGアメックスは、通常の入会特典は10,000ポイントです。

10,000ポイントでも単身なら海外旅行に行けたりとお得なのですが、ペアで行きたい、あるいはもっと遠くに行きたいという場合は、ぜひSPGアメックスの紹介制度をご利用ください。
私からの紹介で入会すれば、10万円以上利用するだけで、17,000ポイントと、通常よりも7000ポイント増量されます。

なお、紹介キャンペーンでは、既存会員からの紹介URLから入会する必要があります。周りに既存会員がいない場合は、こちらからご連絡下さい。すぐに返信します。

SPGお申込みフォーム

※なお、もうすでに私と友人だよという方は、こちらのURLからお申し込みください。キャンペーンが適用になります。

SPGカード申し込みURL


10月25日までのキャンペーンとなっていますので、お早目の申し込みをお勧めします。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp