子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

JALユーザーが、決済カードをSPGアメックスにすべき5つの理由

JGC修業を終えて、バリバリのJAL陸マイラーとして活動している私です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170715073957j:image

が、最近になってJALカードの出番が殆どないのが実情です。

というのもメインの決済カードは「SPGアメックスカード」を利用しているから

10,800円の高い年会費を払ってJALクラブAカードを所有しているにもかかわらず、さらに年会費33,480円を支払ってまで、SPGアメックスカードをメインカードとして利用している理由を紹介します。

 

・還元率が最大1.25%と、JALマイルが貯まる中では最高還元率級!(JALカードは1%)

・SPGポイントを経由することで、JALマイルが実質無期限に(JALカードは3年間)

・JAL以外のワンワールド各社やANAマイルへの移行も可能(JALカードはJALマイルのみ)

・航空会社以外でも、ホテルへの無料宿泊にもお得に利用可能(JALカードは飛行機以外はレート悪化)

・最低利用ポイントが3000ポイント程度~とハードルが低い(JALは実質1万ポイント以上)

 

対して、JALカードの優位な点は

・マイルが2倍貯まる特約店が多数ある(SPGのポイント優遇はホテルのみ)

という点。

JALの航空券を有償で購入する場合は、JALカードのほうがお得になりますが、それ以外での決済が累計で200万円以上行けば、SPGアメックスが最高の還元率になります。

今日はその辺のメリットをご紹介します。

 

どの加盟店でも還元率が最大1.25%に!

SPGアメックスカードを利用すると、利用額の1%が、スターポイントとして貯まります。

f:id:mairu-de-hawaii:20170705164128j:plain

そして、ほとんどの航空会社で、1スターポイントに対して1エアマイルの比率で交換していただけます。

さらに、20,000ポイントを移行する毎に5,000スターポイントのボーナスポイントが積算されます。

Starwood Hotels & Resorts

したがって、ANAやJALなどの航空会社でマイル還元率1.25%となります。

ところで、ANAカードでは、ゴールドカードで、マイペイすリボを利用した場合、最大で1.3%の還元率になりますので、SPGカードからanaマイルへ移行するメリットは少ないです。

ただ、注目すべきはJALマイル。そもそもJALカードの還元率は0.5%ですが、年間3,240円支払い、「ショッピングマイル・プレミアム」に加入すると、還元率が2倍になるのです。

ただし、それでも還元率は1%です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170116153654p:plain

JALマイルは、一般的にショッピングでは貯めにくいとされていますので、還元率が0.25%高い、SPGカードで貯めるのは明らかにお得です。

なお、JALカードでもJAL航空券の利用や、エネオスやファミマなど特約店利用の場合は、2倍の2%還元となります。

特約店の利用が15万円以上利用する場合はショッピングマイル・プレミアム加入時には3000マイル還元となります。非加入であれば、1500マイルとなりますので、おおむね、特約店の利用が15万円以上ある場合は、ショッピングマイルプレミアムに、3,240円で加入しても元を取れる可能性が出てきます。

その場合でも、特約店はJALカード、それ以外はSPGアメックスでと、使い分けるのがおすすめです。

 

ただし、1.25%還元になるのは、20,000ポイントを移行した時。それ以下の場合は、1%還元になってしまいます。少額しか決済しない場合には、ご注意ください。

 

JALマイルが実質無期限に

JALカードでは、利用額に応じて毎月マイルが付与されます。そしてマイルは、付与されてから3年程度で失効してしまいます。

ANAカードでは、一度クレジットカードのポイントが付与され、それをANAマイルに移行します。

マイルの有効期限は、カードのポイントからANAマイルに移行してから3年間となりますので、同じクレジットカード利用でも、ANAの場合は、カードのポイントの有効期限+マイルの有効期限=5年間程度まで利用することが可能です。

それに対して、JALマイルは残念ながら、順次ポイントが失効していってしまうんですよね。

毎月1000マイルずつコツコツためて、3年後に36000マイル使おうと思ったら、すぐに1000マイルずつ失効してしまう。

 

それに対してSPGアメックスで貯まる「スターポイント」は、期限は1年ですが、増減があるたびに、期限が延びていきます。

SPGアメックスを使い続ける限り更新されていきますので、実質無期限と言って差し支えありません。

旅行の予定があるたびに、JALのマイルに移行すれば、期限切れになる心配はありません。

1000マイルずつコツコツためて、3年後にまとめて移行するという場合、3年後に移行すれば、移行してから3年間となりますので、利用価値が高まりますよね。

 

 

・JAL以外のワンワールド各社やANAマイルへの移行も可能(JALカードはJALマイルのみ)

提携航空会社のマイルでJALに乗る。

JALで貯めたマイルを、JALの特典航空券と交換する。これが一般的でほとんどの人はこうして使っていると思います。

それに対して、JALの航空券で、他社の特典航空券と交換する。これもJALのwebに記載があります。

ただ、ほとんどのケースで日系航空会社のチケットは一番高価で人気なので、あえて他社の特典航空券と交換するケースは少ないと思います。

 

さて、もちろん逆に、「他社のマイルで、JALの特典航空券と交換する。」も可能です。

でも、他社のマイルを貯めるって難しいですよね。

外資系企業と提携したクレジットカードは、「キャセイパシフィック」「ユナイテッド航空(UA)」「デルタ航空」くらいです。

それ以外の海外の航空会社では、他社路線にたくさん載る出張族以外ではふつう考えられません。

ところが、SPGアメックスカードでは、それが可能。

 

提携している数十社のマイレージプログラムへの移行が可能です。

ANAやJALはもちろん、エーゲ航空やアヴィアンカ航空など、「どこそれ?」なマイレージプログラムへの移行もできるんです。

 

日本に路線がある移行可能な主な航空会社を抜粋すると、

ANAマイレージクラブ(全日空)

日本航空(JAL)マイレージバンク

アメリカン航空

キャセイパシフィック

シンガポール航空

ブリティッシュエアウェイズ

エアベルリン

中国国際航空

アラスカ航空

アシアナ航空

エミレーツ

エティハド航空

ハワイアン航空

カタール航空

タイ国際航空

などなど。これホンの一部です。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20170118171447j:plain

他社マイルに移行するメリットは?

「JALとかANAならともかく海外の航空会社のマイルに移行するメリットなんてないんじゃない?」

いやいや、実はそれがあるんです。主なものを紹介します。

 

JALやANAマイルでは、取れない航空券が取れるようになる。

有名なのはシンガポール航空の最新鋭機エアバス380ビジネスクラスやファーストクラス。

シンガポール航空の特典航空券自体は、ANAの他社特典を利用することで取れるのですが、A380など一部のビジネスクラスやファーストクラスは、他社マイルでの特典利用ができなくなっています。

その場合、シンガポール航空のマイレージプログラム(クリスフライヤー)に参加して、マイルをためる必要があります。

SPGアメックスカードであれば、スターポイントをシンガポール航空のマイレージに移行することができるようになるんです。

 

JAL(ワンワールド便)に安価に乗ることができる。

日本の航空会社は発着地によってきめ細やかにマイル数が決まっています。ところが欧米の会社は、アジア-アジアと一括りにしてマイル数を設定していたりと各社でいろいろです。

たとえば、イギリスの航空会社ブリティッシュエアウェイズ(BA)は、ワンワールド各社の利用なら、1~650マイルまでは、一律往復9000マイルです。

 

これって激安で、たとえば羽田-大阪(280マイル)でも、JALやANAならば特典交換に1万マイル以上必要なのに、BAならば9000マイルで往復できます。

しかも、650マイルまでなら一律なので、羽田-札幌(510マイル)も、羽田-鹿児島(601マイル)も9000マイル。

それどころか、羽田-プサン(618マイル)や、香港-ダナン・香港-ハノイ(キャセイドラゴン利用)などの国際線までも650マイル未満なので、往復9000マイルで行けちゃうのです。

具体的には、ブリティッシュエアウェイズで、羽田-札幌間の特典航空券を取ると9000BAマイル。

 

路線マイル 都市例 Y プレエコ ビジネス
1-650 国内線(沖縄除く) 9000 18000
651-1150 沖縄、ソウル、上海 15000 30000
1151-2000 台北、グアム、マニラ 20000 30000 40000
2001-3000 ホーチミン、バンコク 25000 50000 75000
3001-4000 ハワイ、ケアンズ 40000 80000 120000
4001-5500 テヘラン、モスクワ 50000 100000 150000
5501-6500 ウィーン、米西海岸 60000 120000 180000
6501-7000 米東海岸、ローマ 70000 140000 210000
7001- 日本からは該当なし 100000 200000 300000

これがJALでは、閑散期は11500JALマイル、繁忙期なら15,000JALが必要。

BAマイルは、JALに比べて、6割~8割程度のマイル数が特典航空券が取れます。

 

JALは遠距離になるほど、特典航空券利用はお得なのですが逆にBAは近距離がお得。

ですので、ハワイやヨーロッパなどの長距離便はJALマイル利用で、アジア便はBAマイルの利用などと使い分けることもおすすめです。

 

なお、以前はアラスカ航空のマイレージシステムでは、アジア-アジアの途中降機可能なビジネスクラスが片道25000マイルなど、お得なルートがありました。

そのほか、UA(ユナイテッド航空)は、目的地まで大回りした場合でも必要マイルは、大回り分ではなく、発地から着地までのマイル数など、航空会社による様々なルールが適用されるため、お得な使い方ができる可能性があるのもメリット。

いろいろなマイレージプログラムの中で、お得なプログラムを利用することができますね。

 

航空会社以外でも、ホテルへの無料宿泊にもお得に利用可能

さて、このSPGアメックスカードの真骨頂は、SPGカードを継続した際に与えられる無料一泊宿泊権。

そして、入会時に最大17,000ポイント付与されるスターポイントを使ったホテルへの宿泊です。

これは、毎年SPGカードを継続するごとに、SPG系列のホテルに一泊無料で宿泊できるのです。(最上位級カテゴリーは除く)

 

SPGホテルは、「シェラトン」「ウェスティン」をはじめ、国内では、22ホテル。

全世界では、2108件(うち新規が645件)とものすごい数です。

http://www.starwoodhotels.com/preferredguest/directory/new-hotels/all/list.html

一泊3万円くらいするのが当たり前のホテルが無料で宿泊できるのはものすごく大きなメリット。

ちなみに、「ただし休前日は除く」などという条件はありません。値段の高い時期ならばさらにお得になるのが大きなメリットです。

 

なお、初年度は残念ながら、無料宿泊権利が付きません。しかし、紹介プログラムを使って入会した新規会員には、17,000スターポイントが付与されます。

これはマイルに移行すると、21,250マイル相当(2万ポイント貯めて移行した場合、それ未満での移行の場合は1万7千マイル)です。

しかし、さすがホテルカード。SPG系列のホテルに宿泊にポイントを利用するとさらにお得。

たとえばこちら、8月12日(土)~13日(日)に、函館に新規オープンしたフォーポイントバイシェラトン函館に宿泊するときに必要スターポイント。

f:id:mairu-de-hawaii:20170715080055j:image

なんと3000ポイントです。ごらんのとおり、通常宿泊では、22,325円です。それが3000ポイントで宿泊できちゃいます。

17,000ポイントあれば、5泊分ですね。これはホントに一例です。

 マイルってある程度貯めなければ利用できないのですが、この「3,000ポイント」から利用できるというのも大きなメリットなんですよね。

 

ホテル宿泊時にも絶大なメリットが

どうしてSPGカードが支持されているのでしょう?

陸マイラーの皆さんは、飛行機を使った旅行好きですよね?飛行機に乗ったらホテル泊ますよね?

陸マイラーになって、特典航空券で飛行機代をかけずに旅行できるようになると、今度は、「ホテル代もお得に済ませたいな〜」という欲張り根性が出てくるんですよね。

そんな時大活躍するのがこのSPGカード。

SPGカードを所有するだけで、

  • スターウッド プリファード ゲスト ゴールド会員
  • マリオット リワード ゴールド エリート会員
  • ザ・リッツ・カールトン リワード ゴールド エリート会員

のステータスが得られる。

SPG系列のホテルに宿泊すると、

・部屋のアップグレード

・レイトチェックアウト(16時まで)

・宿泊ごとにポイント付与 などなど

通常10泊しないと得られないこのステータスがカード作るだけでもらえちゃう。

Starwood Hotels & Resorts

もっとすごいのはマリオットゴールド

マリオット系列のホテルに宿泊すると

・朝食無料&ラウンジ利用無料

・レイトチェックアウト(16時まで)

・客室のアップグレード

が受けられちゃう。

このマリオット ゴールド通常は50泊必要です。(汗)

紹介で入会すると17,000スターポイントです。

 

このカード、難点は「アメックス」というブランドと、それ故の高額な年会費。

ご存知、アメックスは使える店が、VISAやMASTERほど、多くない。

そして、高額な年会費。なんと31000円+消費税で33,480円。

しかもよくある年会費無料キャンペーンがありません。

入会後に10万円以上利用で10,000ポイントもらえるのみです。

 

2年目からは、無料宿泊がついてくるのでペイできますが、問題は一年目ですね。

通常、公式サイトか、ポイントサイト経由で申し込むのがオトクなんですが、このカードだけは違います。

アメックスを持っている友人からの紹介が一番オトクです。

友人からの紹介だと、通常10,000ポイントなのが、17,000ポイント付与です。

f:id:mairu-de-hawaii:20170715081038p:plain

マイルに移行すると1.25倍になるため、21,250マイル分です。

前述したとおりホテルへの宿泊利用も可能。

ただ、17,000ポイントが付与されるのはともだち紹介の入会キャンペーン利用時のみ。もし、周囲にアメックスを持ってるお友達がいないという場合は、こちらのフォームからご連絡ください。SPGお申込みフォーム

※もうすでに私と友人関係の方は、こちらからお申し込みください。また、コメント欄やフォームでの連絡ができない場合も、下記リンクからどうぞ。

SPGカード申し込みURL

 

ちなみに私の場合、

4月16日 入会申込み

4月24日 入会ありがとうメール

4月27日 カード到着

5月GW   10万円以上の利用

5月16日 10,000ポイントの付与

f:id:mairu-de-hawaii:20170602175121p:plain

国内のカード会社のキャンペーンでは、キャンペーン期間の3ヶ月が終わった時点でポイントが付与されるのですが、amexの場合は、10万円の利用がカード会社に計上されたタイミングでポインドが付与されます。

爆速です(笑

まぁ、この辺はアメックスゴールド祭りで経験済みです。

 

なお、入会キャンペーン利用時は、必ずこちらのように入会特典が「17,000ポイント」になっているかをご確認くださいね。

f:id:mairu-de-hawaii:20170602180516p:plain

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp