子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

値上げ?新型MacBook ProやiMacのGPU性能のホントのところは?

f:id:mairu-de-hawaii:20170606180318j:plain

新型MacやMBPがひっそり発表!値上げ&GPU性能が向上!

新型imac Proが話題となっていますが、50万円!?

そんな中、imacが発表されるとともに、MacBook ProのGPUがアップグレードされるとともに、ひっそりと値上げされています。

値上げ自体は、Macシリーズのレートは、$1=100円という、実勢レートからかけ離れた為替設定がされていたので、当然と言えば当然。

今回は$1=110円という現在のレートに合わせた形なので、約10%の値上げ。

そんな中、各機種では、新型のGPUが採用されています。

 

今回はGPUに着目しながら、新型Macについて、詳細を確認してみましょう。

 

性能順はMBP13→imac21→MBP15→imac27

 

MacBookProとiMac。

以前はデスクトップの大型で発熱が大きい代わりに高速で廉価なパーツを使ったimac。

モバイル向けの省エネルギーで高価なパーツを使ったMacBookProというすみわけでした。

 

ところが現行機種では、ほとんど採用されているパーツに変わりはありません。

ディスプレイが大きいimacと、持ち運びができるMacBookPro。

 主な性能を見てみましょう。

 

MacBookPro13インチ

f:id:mairu-de-hawaii:20170606173825j:plain

グレード

TBなし

TBあり

CPU

2.3GHzデュアルコア

3.1GHzデュアル

メモリ

8GB

8GB

ドライブ

128GB SSD

256GB SSD

GPU

Iris Plus Graphics 640

Iris Plus Graphics 650

税抜価格

142,800

198,800

 

iMac 21インチ

f:id:mairu-de-hawaii:20170606173752j:plain

グレード

21非ratina

21ratina 下位

21ratina 上位

CPU

2.3GHzデュアル

3.0GHzクアッド

3.4GHzクアッド

メモリ

8GB(MAX16GB)

8GB(MAX16GB)

8GB(MAX32GB)

ドライブ

1TB HDD

1TB HDD

1TB FD

GPU

Iris Plus Graphics 640

Radeon Pro 555(2GB)

Radeon Pro 560(4GB)

解像度

2K

4K

4K

税抜価格

120,800

142,800

164,800

 

MacBookPro15インチ

f:id:mairu-de-hawaii:20170606173809j:plain

グレード

TBなし

下位

上位

CPU

2.2GHzクアッド

2.8GHzクアッド

2.9GHzクアッド

メモリ

16GB

16GB

16GB

ドライブ

256GB

256GB SSD

512GB SSD

GPU

Intel Iris Pro

Radeon Pro 555(2GB)

Radeon Pro 560(4GB)

税抜価格

198,800

258,800

302,800

 

iMac 27インチ

f:id:mairu-de-hawaii:20170606173828j:plain

グレード

下位

中位

上位

CPU

3.4GHzクアッド

3.5GHzクアッド

3.8GHzクアッド

メモリ

8GB(MAX32GB)

8GB(MAX64GB)

8GB(MAX64GB)

ドライブ

1TB FD

2TB FD

2TB FD

GPU

Radeon Pro 570(4GB)

Radeon Pro 575(4GB)

Radeon Pro 580(8GB)

解像度

5K

5K

5K

税抜価格

198,800

220,800

253,800

 

CPUとGPUに関して言えば、MacBookPro13インチと、iMac21インチの非ratinaモデルが同等。

そして、imac21インチのratinaモデルと、MacBookPro15インチモデルが同等となっています。

 

GPU性能は?

 

CPU性能はクアッド>デュアルかつ周波数の大きいほうが早い!と分かりやすいのですが、わかりにくいのはGPU性能です。

GPUごとに一覧にしたのがこちら。

GPU名

TFLOPS

UNITS 

MEMORY

搭載機種

Radeon Pro 555

1.3

12

81

21、MBP下位

Radeon Pro 560

1.9

16

81

21、MBP上位

Radeon Pro 570

3.6

28

217

27 下位

Radeon Pro 575

4.5

32

217

27 中位

Radeon Pro 580

5.5

36

217

27 上位

Radeon VEGA

11

-

-

iMac Pro

http://creators.radeon.com/radeon-pro/

 

ちなみに旧MacBookPro15インチで搭載されていたのはこちら。

GPU名

TFLOPS

UNITS 

MEMORY

搭載機種

Radeon Pro 450

1

10

80

旧MBP 下位

Radeon Pro 455

1.3

12

80

旧MBP 上位

Radeon Pro 460

1.86

16

80

旧MBP CTO

 

下位モデルのGPU新旧性能を比較すると2~3割アップ

旧モデル

新モデル

Radeon Pro 450

Radeon Pro 555

1

1.3

10

12

80

81

 

上位モデルのGPU新旧性能を比較すると3割~4割アップ

旧モデル

新モデル

Radeon Pro 455

Radeon Pro 560

1.3

1.9

12

16

80

81

 

となりました。

GPUの参考ベンチマーク結果 

 

数値だけではなんなんで、推定のベンチマーク結果。

f:id:mairu-de-hawaii:20170606180318j:plain

公表されている数値を用いた推定値ですので、ご参考程度に。

 

 新型 iMacの性能の高さが光ります。Proに至っては驚異的な性能です。。。。

 あくまでも公表されている性能なので、実際のベンチマークでは違う結果になる可能性も高いですが、参考までに・・・・

 

値上げって言うか為替レートの見直しがされとる???

 

性能もアップしたのですが、価格レートも見直しされています。

 

モデル

米国価格

旧価格

新価格

MacBookPro13

TBなし

$1,499 

¥148,800

¥164,800

MacBookPro13

下位

$1,799 

¥178,800

¥198,800

MacBookPro13

上位

$1,999 

¥198,800

¥220,800

MacBookPro15

下位

$2,399 

¥238,800

¥258,800

MacBookPro15

上位

$2,799 

¥278,800

¥302,800

(税抜き価格)

米国価格は変わらずなのに、日本価格は値上げされています。

旧価格は為替レートが99.5円でしたが、新価格は為替レートが107円。

約8%の値上げです。6/6現在の為替レートが109円なことを考えると、まぁ良心的なレートでしょうか・・・・・これまでが安すぎでしたよね。

 

ただ、GPU性能がアップしたことを考えると、致し方ないのかな~とも思います。

なお、MacBookPro13インチについては、廉価版として、142,800円のモデルも販売されています。・

 

 

少しでもお得に購入するためには?

Mac製品に割引は期待できません。現実的な選択肢として下記の3つが考えられます。

 

①AppleStoreでの購入(直営店・オンライン)

②量販店での購入(ビックカメラ等)

③価格ドットコム店舗での購入

です。

 

この中でお勧めは、①AppleStoreでの購入か、②量販店での購入(ビックカメラ等)です。

順番に検討しましょう。

 

アップルストアの購入でもポイントがもらえる?

アップルストアでの購入というと保証が手厚くて、発送も早いという印象です。実際その通りだと思います。

特に返品システムは大変優れています。 

 またカスタマイズが出来ますので、SSDの増量やCPUのグレードアップが必要な場合は唯一無二の選択肢です。

難点と言えば、ただ一つ。定価販売なこと。これだけです。

ところが、アップルストア購入でも現金化可能なポイント還元を受けられる手段があるのはご存知ですか?

それはハピタスというポイントサイトを使うことです。

直接アップルのポイントではありませんが、このハピタスというポイントサイトを経由して購入するだけで、購入価格の0.8%分のポイント還元が受けられます。MacBookならば1030円分です。これは手数料不要で、銀行振り込み等による換金可能です。

 

この仕組みは単純でハピタス経由でアップルストアで買い物をすると、客を連れてきたお礼にアップルストアからハピタスに謝礼が支払われます。その謝礼の一部を利用者に還元するのがポイントサイトの仕組みです。

実際にどういう契約なのかは知りません。)

グーグルでもそうですし、個人のホームページでも「購入はこちらから!」というリンクを貼ってあるページのほとんどはそうしたアップルストアからの謝礼が目当てです。

そうしたサイトから購入しても利用者にメリットはありません。ハピタスが今高い人気を誇るのは、購入した利用者側にメリットがあることと、そうして還元されたポイントは現金化だけでなく、飛行機会社のマイルに移行できることです。

アップルストア以外でも、楽天での購入や、クレジットカードの作成などでもポイントが付与され、そのポイントをマイルに移行して、海外旅行に行く、いわゆる「陸マイラー」という活動が大ブームを起こしているのもこうした理由からです。

 

お得に買い物をしたい場合は、まずこちらからハピタスに登録します。

 

登録に必要なのは名前、メールアドレスと誕生日、そしてSMS用の電話番号くらい。

登録後には、利用できるサービスが色々有りますが、とりあえず、「アップル」と検索すると、検索結果が出てきます。このとおり0.8%還元。


f:id:mairu-de-hawaii:20161027214057j:plain

後はそこからアップルストアのページに進んで購入して終わりです。

 (契約のタイミングなのか、出てこない場合もありますが、その場合は日を改めると大抵再度表示されるようになっています。)

入会はこちらハピタスからどうぞ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

 

 

ビックカメラでの購入で5%還元、さらに1.5%還元?!

ビックカメラでの購入は今もっともお勧めできる方法です。何しろほぼ定価販売ながら、5%のビックポイント還元です。MacBookならば7000円近くも還元されるからです。

ヨドバシ、ヤマダ、ビックカメラなど、アップル製品のポイント還元率はほぼ横並びなのですが、ビックカメラが頭一つ抜け出ているのがハピタスちょびりっち併用することでポイント還元率をさらに上げられることなんです。

 

いまなら最もお得なポイントサイトは「ちょびりっち」なんと1.5%還元です。

利用方法は、ちょびリッチ経由でビックカメラのネット通販で購入するだけ。

f:id:mairu-de-hawaii:20170606175426j:plain

ちょびりっち」への登録後に、ちょびりっち経由でビックカメラドットコムに行き買い物するだけ。デメリットはありません。

なお、ビックカメラのポイント還元率はタイミングにより変わりますので、ご注意ください。

難点は吊るしのモデル(カスタイマイズ)が出来ないというただ一点。

実際にアップル製品をネット上でもっとも安く買う手段はこれ以外にないはずです。

これ以上安く買いたい場合は、アップルストアの店員と仲良くなって割引券をもらう(都市伝説?)か、店員に値切り交渉して安くしてもらう(関西人?)か、イチかバチかで価格ドットコムで買うかしかないと思います。

ちょびりっちでの登録はこちらからどうぞ 

 

 

価格ドットコムの掲載店舗は?

価格ドットコムの掲載店舗はとっても安いですよね。

量販店のように、大量購入&物流コストを下げるということが出来ないこれらの店舗が安く売る秘密はなんでしょう?

各社はいくつかの仕入れルートから商品を入荷します。

 

大量仕入れ

デジカメなどでは、「ノジマ」「ビックカメラ」「ヤマダ電機」など一部上場企業等の名前も出てくるケースがこれです。

大量に購入して仕入れ経費を減らした上で、広告などに費用をかけないことで、割安に販売できるものです。

http://kakaku.com/shopentry/entryplan.html

でもそうは言っても、価格ドットコムに掲載するために経費は掛かっているので、価格ドットコムが「広告や販促費がかかっていないから安いんです!」というのは少しなんだかなという感じですが。

 

転売された流通在庫を購入

量販店でも1000個仕入れると奨励金等により仕入れ値が安くなるので、ほんとは800個しか必要ないけど1000個仕入れるというケースがあります。そして案の定800個しか売れなかったor売れなさそうなとき、在庫スペースも無駄になるし、商品価値も落ちるので、早目に在庫処分をしたいということで、仕入れ値より安く転売業者に売り払うというケースがあります。そうして入荷した商品を販売するケースです。

製品自体には問題ありません。

 

多重債務者にクレジットカードで買わせて、現金化させた商品

良く「クレジットカードのショッピング枠を現金化します!」という看板見たことありませんか?

そのため、多重債務者で借金が出来なくなったなどに、クレジットカードで購入させ、その商品をすぐに7割~8割の値段で現金で引き取るという商売もあります。

そうして集めた商品をネットショップで売っている業者も存在します。

アップル製品は、リセールバリュー(中古の売値)も高く、ほぼ定価販売で値崩れしないため、こういった業者の格好のターゲットになります。

未開封ならば製品自体に問題はないはずですが、正規の流通店舗ではなく、個人や業者を流通していることがあるため、保証期間が不明確だったり、流通途中の取り扱いが心配になるケースもあります。

 

展示品や返品商品

レビューでたまに見るのが「箱のテープが二重になるなど開封の跡がありました」などというケース。初期不良などは店舗からメーカーに送られるケースもありますが、それ以外の店舗側の事情による返品(誤った説明等、返品保証)の場合、店舗からメーカーへの返品が出来ないケースもあります。

その場合、店舗側で在庫処分を行うのですが、店舗で在庫処分として販売するケースもあれば、まとめて業者が引き取るケースもあるようです。

良心的な業者が「展示品・開封品・中古品」として販売すればよいのですが、ほとんど使っていない場合などは、「新品」として販売するケースもあるようです。

開封されていたりする場合は、商品自体に瑕疵があることもありますので注意が必要です。実際に価格コムの掲示板で、ドット抜け(液晶に不良)がある商品が開封済みで送られてきた。などという報告も出てきています。

ただし、価格ドットコムでは、新品の製品では

1.未使用かつ未開封であること。(同梱物確認などのショップ業務に伴う、製品外装箱の開封は除く)

2.他店舗印付商品は不可

という規定がありますのでそんなことはないはず。でも製品外装箱の開封は認めているんですよね・・・・

さらに「ご購入後のトラブル お買い物はお客様と各ショップとの間で行っていただくものとなります。 ご不明な点はご購入されたショップまで直接お問い合わせください。」となっていますので、あまり期待できません。

 

価格ドットコムでは、店舗側がどのような経路で入荷した製品かを知る術がありません。

私もよく利用しており、自分なりに信頼できるお店リストがあります。そして新規店舗からの購入は必ず安い商品を購入して信頼に値するかを確かめてから購入しています。

今回のような大きな買い物では、若干リスクが大きいと思います。いわばババ抜き。

なので、利用は慎重にされた方が良いと思われます。

 

ちなみに価格ドットコムで、安値に掲載されている業者もハピタスちょびりっちも登録しているケースが多々あります。

この場合は、ハピタス経由で購入すると、当然利用者に還元されてお得に購入できますよ。

f:id:mairu-de-hawaii:20161223074837j:plain