子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

修行僧注意!2月28日は年に一度の航空券購入の特異日!

修行僧に必須のJALファーストクラスと、ANAプレミアムクラス。
激しい争奪戦が繰り広げられていますよね。
予約開始は、「2か月前の同じ日」。販売される座席数が少ないということもあり、あっという間に売り切れる日が続いています。

ところが、明日2月28日は、1年に一度の予約に関する特異日。
というのも、2月は28日でおしまい。
なので2月28日は、「4月28日、29日、30日の3日間のチケットが同時に予約開始」になるんです。
年に一度しかない「9:30の航空券開始と同時に3日分に購入」と分散される日なので競争率はダウン?と思いきや、思いっきりゴールデンウィークの開始日です。

そんなゴールデンウィーク中の修行をたくらむ皆さんにお届けします。

 

4月30日の予約開始日は?

事前割引を除いて、国内線航空券の予約開始日は2か月前の同じ日です。
そうすると、年に3回ほど、2か月前に同一日がないタイミングがあります。
具体的には、4月29日・30日、8月31日、1月31日です。
それぞれ、2月29日・30日、6月31日、11月31日がないからですね。

この場合は、前の日に前倒して予約開始です。
これは、ANA・JALともに共通です。

ご搭乗日

販売開始日

428日~30

228

830日~31

630

130日~31

1130


ということで、ゴールデンウィークの初っ端である4月29日や30日は、2月28日に販売が開始されるんですね。

予約開始日(ご予約) - JAL国内線

航空券・ANAeチケットについて|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

普段、あっという間に売り切れてしまいますが、さすがに明日は、みんなの狙いが分散するため、購入できるチャンスも増えるのでは?と想像できます。


JALは、適用運賃に注意!

JALのファーストクラス修行で良く利用されるのは、特便割引21。
この割引は利用予測に基づいて運賃設定がされているため、連休初日の那覇行は、ものすごい高い値段設定。なんと47,490円。そのほかも、往路便は軒並み3万を超える値段設定。

便名

428

429

430

出発

JAL901

¥37,590

¥47,490

¥37,590

羽田06:25

JAL902

¥26,090

¥26,090

¥32,990

那覇10:05

JAL915

¥33,590

¥34,490

¥33,590

羽田12:25

JAL914

¥26,090

¥26,090

¥35,690

那覇15:55


そんな時は、株主割引がお勧め。
株主割引は一律で割り引かれた運賃のため、季節変動や便による変動がありません。
上記の表すべてで、「31,190円」。
株主優待券が3000~4000円で販売されているのを差し引いても、往路便ならいずれも特便21に匹敵する安さです。
なお、株主優待券は、予約時は手元ある必要はありません。
予約日含めて、3日以内の購入の時には、必要になるので、予約ができてから急いで購入しても十分に間に合うんです。


ANAでは通用しないかも。

ANAのプレミアムクラスは、乗り継ぎや往復利用時には、最初の便の予約に合わせて14日以内の乗り継ぎ便を予約できるというシステムを採用しています。
そのため、2月15日に4月15日の往路を予約すれば、4月29日の便も復路として予約ができるのです。そのため、すでに実質的には販売が開始されている状態。
JALは同様のサービスで「お帰り確約サービス」というのがありますが、こちらはクラスJと、ファーストクラスが対象外。そのため今回の開始日が予約スタートとなります。

ANA国内線 インターネット予約サービスについて|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

https://www.jal.co.jp/dom/reservation/rtncfm/

 

問題は販売される座席数にあり


JALのファーストクラスは、「普通運賃区分」で販売されるものと、「割引運賃区分」で販売される2つに分けられています。
ファーストクラスが5席しかないB767の機材の時には、普通運賃で5席販売されているのに、割引運賃は販売終了となっているケースも。
(参考画像 3月4日分)

f:id:mairu-de-hawaii:20170227121134j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170227121148j:plain


今回は往路2便、復路2便のいずれもB777でファーストクラスが各14席となっていますが、実際に割引運賃区分で販売されるのが何席なのかが気になるところです!

それではライバルの皆さん!争奪戦を一緒に楽しみましょう!

f:id:mairu-de-hawaii:20170227121206j:plain