読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

ANAが「重要な経営課題について」緊急記者会見を実施!

ANA

本日お昼過ぎに、全日本空輸(ANA)が重要な経営課題について、社長自らが15:00に記者会見を行うというニュースが飛び込んできました。

 

ANAが「重要課題について」午後3時から会見 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

わざわざ社長が記者会見をする重要な経営課題とはなにか?

エアバス380の発注撤回か?MRJの導入中止か?

はたまたスタアラ脱退、スカイチーム加盟?

そして「社長が出家!ハッピー・フライトはその伏線だった!」なんて噂も流れる始末。(嘘)

ただ、ご存知の方も多いように、結果的には単なる社長の円満交代。

お昼ごろに駆け巡ったこの話はいったい何がどうなっておこったのでしょうか?

ただ

一時は7%も株価が落ち、anaファンなどの個人投資家が損失を被ったのも事実。

今日一体何が起きたのか解説していきたいと思います。

 

ANAの「重要な経営課題」についての第一報が報じられる!

2017216日の11時頃。ネットニュースで「ANAが重要な経営課題について15時から社長自ら緊急記者会見を行う」というニュースが飛び込んできて、ツイートも相次ぎました。

全日空、重要な経営課題について午後3時に会見 篠辺社長が出席 | ロイター

 f:id:mairu-de-hawaii:20170216180900j:image

 

このニュースが注目されたのは3つの点から航空ファンに注目されました。それは

・重要な経営課題について

・全日空の社長が

15時から

この3つのキーワードによってです。

 

重要な経営課題とは何か?

ANAにおける重要な経営課題とは何か?ネットやツイッターでの内容の予測として、

・エアバスA380の発注取り消し

・MRJの発注取り消し

ではないか?と予測されました。

 

ジャンボジェットのB747がJALの経営悪化の原因に一つとされたように、燃費が悪い大型機は採算性が悪くエアバス380の導入に懐疑的な目を向けている人も多くいます。

三菱重工の国産旅客機MRJも度重なる飛行延期により、計画に無理があるのではないかという声も出ています。

そこで、今回の発表では、A380もしくはMRJの発注を取り消すのでは?という予想する声が多くありました。

 

「全日空の社長」が会見する意味

ところが、今回会見を行うのは、全日空の「篠辺修社長」。実はA380やMRJなど、飛行機の購入は、全日空の親会社であるANAホールディングスが行っています。過去のニュースリリースも全日空ではなく、ANAホールディングスによるもの。

したがってもし飛行機購入キャンセルならば、ANAホールディングスの片野坂社長が行うべきです。

ほかにもスカイマークとの提携解消や、バニラエアとの連携強化という憶測も出ましたが、スカイマークやバニラエアと資本関係があるのは、ANAホールディングス。

あえて全日空の社長が会見するということは、ANAグループではなく、あくまでも子会社で運航会社である全日空に関する「重要な経営課題について」ということで注目を集めました。

 

15時からとは?

通常なにか開示すべき情報があった場合は、速やかにリリースするべきですが、株価に大きな影響を与えることについては、株式市場の取引が終了する15時以降にリリースします。

 

路線の縮小や新規就航、ちょっとした新機材の導入ならば速やかに開示されるはず。

今回はあえて15時に記者会見を行うということは、「株価に大きな影響を与える事項」だというメッセージ。

特に今回は「重要な経営課題」です。

東芝のような「粉飾決算」「不祥事」などの事態が頭をかすめ投資家たちは焦らされました。

 

不自然な株価の動き

ANAの株は、株主優待目当てで個人投資家も多く買っています。またANAファンも長期保有目的で持っている人も多いでしょう。

そんな一般の投資家はこの昼休みのニュースに焦りまくりました。

そして、お昼休み直後には、ちょっとした狼狽売りが発生したのです。

しかし何者かによって買い支えられます。まるで「大したニュースじゃないよ」というのを知っている人がいるかのように。

 

 f:id:mairu-de-hawaii:20170216180918j:image

そして、

Bloomberg 2/16() 13:49配信のニュースではわざわざ15時以降の設定した記者会見前にもかかわらず「新社長に平子氏」と会見の内容を報じています。

ANAHD:全日空社長に平子氏、4月1日付-篠辺氏は副会長に (Bloomberg) - Yahoo!ニュース

 

 

その後追いでANA14時過ぎにHPにリリースを出します。

「当社が「重要な経営課題」に関する会見を本日15時に予定していると報道されておりますが、会見の内容は、当社の重要な子会社である全日本空輸株式会社における代表取締役の異動に関するものです。」

株主・投資家情報(IR) | ANAグループ企業情報

 

そんなこと言ってももう遅いです。13:30頃には、株価が値を戻しています。

このころには、まだHPにリリースが出ていませんでした。

誰がどう知ったんでしょうかね?インサイダーなんじゃないですかね?

 

ロイターさんも他人事みたいに7%下落とか報じてないで下さいよ。

第一報はあなた方が報じたんでしょ?

ANA株が一時7%超下げ、社長交代に加え悪材料発表との思惑 | ロイター

 

ANAの株なんて買うな!

そして15時からの記者会見が始まりましたが、サプライズもない単なるサラリーマン社長交代の挨拶。

 

質疑時間では朝日新聞の記者から「重要な経営課題ということで今日発表が出ていたので株価が乱高下して混乱したんですが社長の健康問題など重要な課題があるのか。「重要」と言った意味を投資家に向けて説明してほしい!」との質問がありました。

 

それに対する現社長の回答が酷すぎる。

 

「表題については、中で合議して決定したわけじゃなかったので反応には少し驚いたんです。経営の重要な決定に違いないけど、もう少しいい表現がなかったのかというのは少し反省しています。」ですって。

(会見の31分頃に出てきます。)

会見の映像はこちらから

http://www.ustream.tv/recorded/100009465

もともと個人投資家なんてものは、機関投資家や報道機関に比べて入る情報量が非常に少ない不利な存在。

信頼できる企業が自ら適切なIR開示をするからこそ安心して購入できるのです。

 

にもかかわらず、今回のケースのように、「重要な情報がリークされたり」、「重要な経営課題について記者発表をする」などと、報じられたことで個人投資家が振り回されてしまいました。

さらには、せっかく15時以降に設定した記者会見の内容、それより前に漏れてしまうというお粗末具合。

余りにも個人投資家や、ANAが大好きで株式を所有しているファンを愚弄した行為ですよね。

 

新しい平子社長には期待したいです。

でもね、経歴を見ると、今回のこのあまりにお粗末な社長交代発表のIR責任者なんですよね。

 

社長交代について|プレスリリース|ANAグループ企業情報

2016年4月 ANAホールディングス㈱ 取締役執行役員 財務企画・IR部・施設企画部 担当

 

まあ、高度な情報戦に負けただけだろって言われればその通りなんですがね。

別にANA株は持ってないんですが・・・今回の社長交代劇は、あんまりだな~ということで愚痴らせていただきました!

 

なお、当日(2月16日)のワールドビジネスサテライトでも、「社長交代にはほとんど言及されず、「重要な経営課題で記者会見を開く、と通知をしたため、株価が乱高下した」と、報道されていました。残念すぎる船出ですよね。

新経営陣には、深く反省してほしいもんです。

 

今回流れたおもな噂

・A380キャンセル(←第一候補)

・MRJキャンセル(←国策に反旗!)

・スタアラ脱退(なんでやねん)

・スカイチームへの加入(←ANAマイルのペソ化)

・社長出家(ハッピーフライトはその伏線)

・ソラチカ改悪(会見で言うことかい!)

 

ちゃんちゃん