読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

2017年JGC修行を行います!(SFCよりJGCを選んだわけ)

「マイルでハワイ」を謳いながら、まだハワイに行ったことがない「子連れトラベラー」です。

子どもが生まれてからしばらくは、海外にもなかなか行けませんでした。

しかし今年、子どもが3歳になってから連れて行った海外旅行で子どもが飛行機に大ハマり。

その海外旅行では、奮発してマイルでプレミアムエコノミークラスをゲット。

そのため、上級会員同様「ラウンジ」と「優先チェックイン」の利用ができました。

 

これが子連れの我々には、行きも帰りも大活躍でした!

 

特にこれまで修行に懐疑的だった妻が、ラウンジ利用や優先チェックインのメリットを享受できたことが一番大きな収穫。

 

これまで批判的だったJGC修行に関しても、「小遣いでやるならどうぞ」というスタンスに。

幸い仕事も順調で、多少の休みはやりくりできそう!

ということで、2017年JGC修行に挑戦することにしました!

 

反対派だった妻をも動かした快適すぎた航空会社ラウンジ

皆様の配偶者さんもそうかもしれないですが、我が家の妻もJGC修行には反対の立場。「メリットがわからない。」「わざわざ飛行機に乗って取得する資格ならいらない。」

「ラウンジなんてカードラウンジで十分」「その分はホテル代に当てたい」等々。

それを動かしたのが、海外旅行の際にプレミアムエコノミーだったために利用できたサクララウンジ。

子連れで地獄の待ち時間のはずが、飛行機が見渡せる待合スペースなどで、子どもはご機嫌でフライトを待てたラウンジに妻はえらく感動。

その勢いで、JGC修行にGO!をもらえたのでした。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

修行の制約は?

残念ながら私は出張族ではありません。ただ、年に1~2度海外出張が入ることもあるくらい。

ただ、それだけでは、せいぜい5,000PPFOP)程度。とてもじゃないけど、上級会員にはなれません。

そんな一般的な私が、子育てしながら、妻の批判の目をかいくぐってのJGC修行計画をお伝えしたいと思います。

 家族持ちはやっぱり国内線修行か?

 そんな自分自身が出来る条件をまとめてみました。

・土日祝は、ほぼカレンダー通り。

・平日も月に1度くらいなら、有給取得や休日出勤代替で、修行に充てることは可能。

3歳の子どもの保育園の送り、夜のお風呂が子育てにおける担当任務。

・早朝から深夜までの修業は平日・土日共に妻の機嫌を損なう可能性大。

・泊りなどもってのほか。でも1回くらいなら頼み込めば可能かも?

 

という、平均的よりやや抑圧されたJGC修行僧です。

でもママさん修行者たちも同じような条件でやっていますよね。

 

ということで、

①平日に会社を休んで日帰り修行

②休日に子どもを妻に任せて日帰り修行

③休日子連れで日帰り修行

④休日に家族みんなで宿泊修行

を基本にしていきたいと思います。

 

JALJGC」と「ANASFC」、取得しやすいのはどっちだ?

陸マイラーブログを見ると、多くのブロガーはSFC修行を選んでいます。それもそのはず、「ハピタス-ソラチカルート」の利用や、ANAカードでのキャンペーンマイルの積算など、陸マイラーのマイルの貯めやすさは、ANAに軍配が上がります。

私自身も、JALのJGCにするか、ANAのSFCにするかは悩みどころでした。

 

JGC(JAL)とANA(SFC)かかる費用はどっちが多い?

JALもANAも50,000ポイント(FOP,PP)のフライトで上級会員資格をクリアできるのは同条件です。

JALのメリットとしては、JALカード初回搭乗で5,000FOPプレゼント、そして、りそなスマート口座の登録で1,000FOPプレゼントのキャンペーンが実施されることです。(りそなスマート口座は、現在2017年実施は未定のようです。)

すると、JALは、44,000FOPを貯めることで、上級会員資格をクリアできるのです。

ANAはキャンペーンがあまりないため、50,000PPをフライトで貯める必要があります。

一般的に、フライト単価は、10円/1FOPPP)とされていますので、JALでは、440,000円、ANAでは、500,000円が必要です。

 

しかしANAのメリットとして、ハピタスで付与されたポイントをANAマイル経由で、航空券購入に使える「スカイコイン」に移行できること。

1ハピタス→0.9ANAマイル→1.53スカイコインといった具合。

36万ハピタスポイントあれば、32.4万ANAマイル→495720スカイコインです。

 

しかしJALは、1ハピタス→0.52JALマイル→0.78JALポイントと、目減りします。

そのため、JALの場合は素直に1ハピタス→1円に代えて修行代をねん出します。

すると、44万ハピタスポイントが必要です。

 

コスト的には、ANAの方が陸マイラー活動で貯めたポイントの利用効率がいいです。

でも、これって、「1年間陸マイラー活動を行った成果をすべて修行に充てる場合」なんですよね。

陸マイラー活動って結果が出るまで時間がかかります。

ポイントサイトで承認されるまで2~3カ月。そこからメトロに移行して、ANAに移行して2~3カ月。

そう、フル回転してもその成果が出始めるのって、半年後くらい。

実際に5月から本格的に陸マイラーに参加した私が、ソラチカルートをフル回転できるようになったのは、先月から。来月からやっと18000ANAマイルに移行できます。

そうすると36万ハピタスポイントを得るには、フル回転し続けても、約18か月(!?)

修行中に得られるマイルをスカイコインに変えるにしてもスタートに必要なポイントをためるには、最低1年はかかりそう。

そうすると「2018年修行計画を始めます!」となってしまうんです。

 

そう、陸マイラーで貯めたマイルで修行をしているブロガーの人たちは、みんな何年も陸マイラー活動をしている方々!

昨日今日、陸マイラー活動をし始めた私は、とてもじゃないけど、修行できるほどたまってはいません。

そしてどうせなら、貯まった分もマイルにしたい。

じゃないとせっかく上級会員になっても特典航空券をとるマイルがなくなっちゃうから。

そうなると、ハピタスでポイントは貯めつつも、現金での修行がメインになります。

 

そして、現金を持ち出しての修行となると、実はどっちもどっちで取得コストはJGCもSFCも代わらないんですよね。

 

ということで、ハピタスやポイントサイトでたんまりポイントがある人は、SFCが有利。ポイントがたまっておらず、現金利用ならJGC有利。

でも修行ルートによって必要金額は変わるので、どっちもどっちかな?

 

JALANAで修行しやすいのはどっちだ?

さて、実際に現金を投じて修行する場合、JALANAではどちらのほうが修行をしやすいでしょうか?

上級会員を得るために必要なフライトポイントは、JAL44,000FOPANA50,000PPが必要。

これは、修行僧によく利用される路線の羽田-那覇(ファースト・プレミアム利用 5720ポイント)ならば、JALだと8往復で済むんだけど、ANAだと9往復必要。

ANAJALよりも12%ほど修行量が多く必要です。

 

羽田ユーザーはJALもあり。それ以外はANA優勢か?

ところで、修行僧御用達といえば、JALのファーストクラスとANAのプレミアムクラス。

簡単に言えば、2倍高いけど、2倍フライトポイントがたまるため、うまく利用すると修行回数が大幅に減らせる運賃です。

羽田-那覇を事前予約割引運賃(先得等)で予約すると、通常は1476ポイント(約14,000円)なのですが、これがファースト運賃なら2860ポイント(約28,000円)といった具合。

 

さて、これがANAのプレミアムクラスは、ほぼ全便に設定されているのですが、JALのファーストクラスは、羽田-伊丹・福岡・新千歳・那覇の4便のみ。

修行に便利なのは、距離が長くて単価も安い那覇路線。

ANAの場合、福岡や伊丹、札幌からの那覇路線でもプレミアムクラスが設定されているのに、JALは、羽田以外からは、ファーストクラスの設定がないのです。代わりにクラスJはありますが、積算率は10%ほどしか上がりません。(まぁ1000円なので)

 

じゃあってことで、地方空港利用者が、羽田に一度来てから、羽田-那覇のファーストクラス修行を行おうとするのですが、羽田-那覇でもファーストクラスが設定されている便は、一日34便。

希望の時間に運航していないケースが生じます。

ANAなら羽田-那覇は全便(10便以上)にプレミアムクラスが設定されているので、予約できるかはともかく、修行計画自体を立てられないという事態には陥らないのです。

 

結局、羽田空港ユーザー以外は、JGC修行はSFC修行に比べると困難な道のり(搭乗回数が多くなる)ことは覚悟しておかなくてはなりません。

 逆に羽田空港ユーザーならばプレミアムクラスよりも上位レベルに設定されるファーストクラス利用で快適な修行ができるのです。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

JGCのみのメリット・回数修行は羽田以外の利用者にメリット大

一方で、JAL限定のメリットとして、50回の搭乗でもJGC会員になれるという条件。以前は、ANAにもあったようですが、今はJALのみです。

JALで距離を稼いでJGC資格を得る場合44,000FOPが必要。FOP単価が10円だとすると44万円です。単純に金額でいうと、1搭乗あたり、8,800円に抑えられると、修行の総金額で、回数修行の方が距離修行よりも安価にできることになるんです。

 

羽田空港からの短距離路線は、羽田-小松で9790円、羽田-山形で11,590円などと比較的割高。一番安いのは、羽田-セントレアの7,600円がありますが、朝晩の12便のみ。

 

一応、晩のルートを利用すれば、仕事帰りに25日で50往復すれば、38万円で修行完了。

19:15 東京(羽田) 20:15 名古屋(中部)

20:45 名古屋(中部) 21:45 東京(羽田)

 

伊丹ユーザーは、また状況が違います。

伊丹-福岡便の9700円、伊丹-松山便の8900円、伊丹-出雲8700円、伊丹-但馬便の7100円など便多数。コストもそうですが、西日本を中心に各地な空港に行けることを考えると、伊丹ならば便数修行はありですね。

 

福岡だと、福岡-宮崎の5300円、福岡-鹿児島の8400円、福岡-那覇の9100円など。

 

伊丹ユーザーは福岡に行って九州各地に修行に出たり、逆に 福岡から伊丹経由で関西各地に行ったりも出来ますね。

 

なお、那覇まで行ってから、宮古や石垣などの離島路線に乗る方法もあります。以前スカイマークが沖縄の離島路線に就航していた時は、5000円を軽く切る運賃も多数あったのですが、最近は6000円前後に落ち着いてしまっています。

 

ということで、伊丹や、福岡等、西日本在住の方は、値段の安い近距離路線が多数飛んでいるので、JALの回数修行もありですね!

 

JALANA。上級会員資格を活用しやすいのはどっちだ?

ポイントサイト等で比較的容易にマイルを貯めることが出来る今、マイルの貯めやすさよりも、マイルの使いやすさに注目が集まっています。

それは、マイルは「貯めるよりも使う方がはるかに難しい」という事実に直面するからです。マイルを貯めるルートは多数あります。一方で、「自分が使いたい路線に、使いたい時期に、使いたい人数で特典航空券をとる」というのがきわめて難しいからです。

JALとANA運航路線はどっちが有利?

使いやすい&貯めやすいの指標となる、運航路線の充実度合。

ただ、これは国際線・国内線ともにJALもANAもほぼ同等です。

肝心なのは、使いたい路線があるかいないかだと思います。

両方

JALのみ

ANAのみ

ロンドン・パリ・フランクフルト、上海、北京、香港、ソウル、台北、バンコク、シンガポール、ホーチミン、ジャカルタ、ニューヨーク、シカゴ、ハワイ、シドニー等

サンディエゴ、ボストン、グアム、釜山、高雄、ヘルシンキモスクワ

ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル、杭州、瀋陽、プノンペン、ムンバイ、ヤンゴン、ワシントンDC、シアトル、メキシコ

太字は、国の首都。

グアム・ヘルシンキ(フィンランド)、モスクワ(ロシア)には、JALしか飛んでいません。逆にブリュッセル(ベルギー)、プノンペン(カンボジア)、ヤンゴン(ミャンマー)、メキシコには、ANAしか飛んでいません。

もちろんコードシェア便や同じアライアンスでの特典航空券利用もできるのですが、やはり直営直行便の使い勝手にはかないませんよね。

 

自分の場合、子どもと気軽に行けるグアムが好きなのですが、ANAはグアム便がない。

ただ、ユナイテッド航空がグアム便を飛ばしており、同じスターアライアンスです。でも

子連れ旅行は日系航空会社が便利でいいですよね。おもちゃくれたり、声かけてくれたり。

というわけで、自分は今のところは、JALの路線の方がお気に入りです!

 

上級会員取得後のマイルの貯めやすさはどっちが上?

これは、やっぱりANAに軍配。なにしろ、ポイントサイト1Pが0.9マイルと驚異の移行率です。

対するJALは1P=0.52マイルです。

ただし、年間トータルで見た場合、その差は縮まってきます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 また、この「ソラチカルート」は、突如改悪されるリスクも十分にあり得ます。マイルのため易さだけで、ANAを選んでもよいかは、十分に検討されたほうがよいでしょう。

 マイルの使いやすさはどっちが上?

マイル利用時の予約のとりやすさや、必要マイル数の量では、JALに軍配と言ってよいと思います。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 ただし、上級会員になった時には、この差はだいぶ縮まるようです。

ただ、JALは、旅行間際になって、座席に余裕があった場合、特典航空券向けに席を開放するようです、ANAは、間際になってもなかなか開放しない。その差も、特典航空券のとりやすさにつながっているかもしれません。

確かに、2月の空席情報を見ると、がらがらです。ビジネスクラスでも3席以上の空席が表示されていますので、空席が直前に特典航空券に割り振られるのは間違いないようです。

ただし、そこにどれだけANAと差異があるかは分かりませんが。。。

 JGC会員に決めたわけ

ソラチカルートがある間は、ANAの優位性は間違いありません。

また、万一ソラチカルートがなくなったとしても、クレジットカードのキャンペーンなどでは、ANAの方が付与マイル数が高いこともあり、「ANAの方がマイルを貯めやすい」という状況は、そう簡単に変化しないと思われます。

普通ならば、ANA(SFC)を選択するところですが、私はJAL(JGC)を選択しました。

f:id:mairu-de-hawaii:20170116153654p:image

その理由はなんでしょう?3つあります。

①家族3人分の特典航空券が少しでも取りやすいJALを選びたい。

BA(ブリティッシュエアウェイズ)のマイルが貯まっている。(アメックスから移行)

JGCブログの方が少ない。

それでは一つずつご説明します。

 

家族3人分の特典航空券が取りやすいJAL

夫婦二人だけならば間違いなくANAを選んだと思います。ただし、これから子連れで海外旅行を検討する際に、少しでも可能性が高いと思いJALを選びました。

SFCJGCのステータスでは、特典航空券で予約できる枠が広がります。ただし、特典航空券として用意されている座席自体がなくなってしまえばそれで終わり。

ANAでは、ヨーロッパやハワイのビジネスクラスでは、通常「2席をSFC会員向け」に「一般会員のために2席」を用意しているようです。特典航空券全体では4席分ですね。この場合、SFC会員になり、2席確保できたとしても、通常枠から1席確保しなくては、3人で旅行できません。ただ、特典航空券の予約をいろいろチャンレジしているのですが、ANAではJALよりも通常枠の確保が難しそうな印象です。

その点、JALも同じ仕組みのようですが、通常枠2席はANAに比べると取りやすそうです。実際に通常枠会員で検索しても空席があることが多いです。

今や、「マイルを貯めるよりマイルを使う方がはるかに難しい」と言われていますので、少しでもハードルが下がるJALで航空券をゲットしようというたくらみです。

 

BAマイルがある。(アメックスからの移行)

アメックスから移行したBA(ブリティッシュエアウェイズ)のマイルがあります。BAマイル利用のして、JALやキャセイパシフィック等、ワンワールド各社の近距離便に利用する際にラウンジが利用できると便利だということも理由の一つです。

 

JGCブログはそれほど多くない。

やはり「陸マイラーならANA」と言われているからか、陸マイラー関連で、SFC修行のブログは非常に多くあります。JGC修行のブログも少なくはないのですが、SFC修行をした後の修行ロスをきっかけに行ったり、超お得なキャンペーンを狙いうちして修行を開始したりというケースが多いです。

ANASFC所有者(青組)が、JALJGC(赤組)修行を始める、いわゆる紫組と呼ばれる方々ですね。

 

一介の陸マイラーが、JGCにチャレンジするブログはそれほど多くないようです。

修行僧自体は、JGCもかなり人数は多いようですが、ブログで情報提供している事例が思ったよりも少ないようなので、2017年の赤組修行僧の皆さんに、少しでも有益な情報が提供できればと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

ポイントサイトを利用しよう

JGC修行は終えたのにマイルがない!!という状況に陥らないようにしましょう。

例えば、JALの航空券の購入ではハピタスを経由して公式サイトで購入するとポイントが付与されます。

国内線は一律25円分のポイント、国際線は0.3%分のポイントになります。

f:id:mairu-de-hawaii:20161219171521j:image

このポイントは、1ポイント=0.52マイルでJALマイルにも移行することができますので、25円分のポイントならば13マイルです。たった13マイルですけどね。

そのほか、ハピタス経由でJALカードを作成すると、通常のJALマイル付与に加えて、ハピタスから2400ポイント(=1248JALマイル)が付与されます。

f:id:mairu-de-hawaii:20161219171528j:image

どちらもお得なので、もしまだハピタスに登録していない人は登録をお勧めしますよ。

登録はこちらのバナーからどうぞ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス