読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

ソラチカカードの新キャンペーンは残念ながら大幅ダウン。

ANA クレジットカード ポイントサイト

ポイントサイトからのマイル移行に必須のソラチカカード。

10月から支払名人キャンペーンと銘打って、最大で37,450マイルを獲得できる超大型キャンペーンが実施されていましたが、116日から新たなキャンペーンが始まりました。

 f:id:mairu-de-hawaii:20170116180715j:image

しかし・・・・その内容は従来よりも大幅ダウン。

 

116日~

ANA

1500マイル(入会のみ)

500マイル(国内線)

1500マイル(国際線)

3000マイル(特約店で50000円)

メトロ

450マイル(オートチャージ設定)

JCB

2250マイル(10マイルコース加入)

家族会員

300マイル(ANA入会)

合計

9000マイル

一般ユーザーがもらえるマイル数は、4000マイル~7000マイルになりそう。

今回はややダウンしてしまった、ソラチカカードのキャンペーンについてご説明します。

 

そもそもソラチカカードは、キャンペーンがわかりづらいことで有名。

ANAが実施して、ANAマイルがもらえるキャンペーン

メトロが実施して、メトロポイントがもらえるキャンペーン

JCBが実施して、okidokiポイントがもらえるキャンペーン

この3つの組合わせで実施されるのでもう大変。

今回のキャンペーンポイントを全てゲットするためには、「国内線と国際線に家族2人以上で搭乗。特約店で50000円以上購入して、メトロのパスもオートチャージ設定して、JCBで登録して、、、というプロセスが必要。

詳細についてはこちらからご確認ください。

いまなら感謝のマイレージプレゼント ANA JCBカード

ご覧の通り条件も複雑ですね。

 

そんなキャンペーンを前回と比較してまとめてみました。

 

 

116日~

1015日~115

ANA

1500マイル(入会のみ)

500マイル(国内線)

1500マイル(国際線)

3000マイル(特約店で50000円)

1000マイル(入会のみ)

メトロ

450マイル(オートチャージ設定)

なし

JCB

2250マイル(10マイルコース加入)

36450マイル(30万以上利用)

家族会員

300マイル(ANA入会)

なし

合計

9000マイル

37450マイル

 ※キャンペーンページでは家族カード分を入れてるため合計マイルが合いません。

 

さて、今回のキャンペーンは残念ながら前回に比べると、大幅縮小です。

 

入会だけでもらえるキャンペーンは500マイル増えました。

メトロのキャンペーンも復活したのですが、オートチャージ設定が必要。

 

JCBカードのキャンペーンは、利用額ではなく、「10マイルコース」への加入が必要です。10マイルコースは、年間5400円で、カード決済のポイントが2倍になるというもの。

ただし、登録してもマイルを移行しなければ5400円は取られません。

 

今回のキャンペーンは10マイルコースに登録しておいて、実際に移行するときに10マイルコースで移行するか、5マイルコースに移行するかを判断することもできます。

なので、こちらはとりあえず登録しておきましょう。

 

ただし、「マルチ自動移行コース」に設定すると勝手に移行されて5400円とられます。

かならず「マルチポイントコース」で手動以降の設定にしましょう。(申し込み時に設定できます)

 

このほか、531日までにANA搭乗時に国内線で500マイル、国際線で1500マイル貯まるキャンペーンが行われます。(家族カードも対象)また、同じく531日までANAカードマイルプラス店での利用が5000円以上ならば3000マイルもらえるキャンペーンがあります。

これら全部もらえると10000マイルを超えるのですが、ちょっと条件がしんどいんですよね。

ANAカードマイルプラス店は、ヨーカ堂のほか、コンビニや百貨店が中心。ドコモ値段が高い店であまり使わない。あえて使いやすいのは「マツキヨ」とガソリンスタンドの「出光」「エネオス」くらいです。

 

キャンペーンは見送るべきか?

今回のキャンペーンは前回と比べると大幅ダウンです。

でも、ソラチカカードはそもそも、キャンペーンをあまり行いません。

前回がJCB全体のリボ払いである「支払名人キャンペーン」の対象カードになっただけ。

次回のキャンペーンがどのレベルになるかは全くわかりません。

したがって、待つことに意味はあまりないかもしれません。

 

ソラチカカードの肝心なところは、ソラチカルートを利用した高いマイルへの移行率。

カード本体のキャンペーンはおまけです。

カード作成が遅れると、その分ソラチカルートの開通が遅れ、18,000マイル/月の移行が遅れます。

4月まで来るかわからないキャンペーンを待っていると、数万マイルの移行の機会が失われてしまいますよ。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp