読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

2017年JAL修行、羽田-那覇のFクラスでお得な便は?

2017年のJAL修行で鉄板なのが、羽田-那覇のファーストクラスです。

一流のおもてなしなのに、片道で2860FOPが獲得できるあって修行僧から大人気。

しかも1月の最安値チケットでは、19,190円(6.7円)と驚異のFOP単価が飛び出すケースも。

現在、ファーストクラスは1日4~5便ほどのフライトがありますが、いずれも発売開始後早々に売り切れです。

今回は、羽田-那覇ファーストクラスを快適に、そしてお得に過ごせるか探した成果を報告します。

 

 JALのファーストクラスとは?

JALは、国内線座席にて、「ファーストクラス」、「クラスJ」、「エコノミー」の3区分設けています。

ANAは、「プレミアムクラス」「エコノミー」の2区分。

ANAの「プレミアムクラス」とJALの「クラスJ」は、マイナー路線(失礼)を除きほぼすべての路線で設定されています。

ところが、「ファーストクラス」は、4路線(羽田-伊丹・福岡・札幌・那覇)にしか設定されていません。

 f:id:mairu-de-hawaii:20170106154644j:image

ただし、ファーストクラスというだけあって、サービスもANAのプレミアムクラスと比べても上級。

ANAのプレミアムクラスでも、ラウンジ利用はできるのですが、JALのファーストクラスならば、通常のラウンジよりも一つ上のグレードである、ダイヤモンドプレミアムラウンジの利用が出来るのが大きなメリットです。

そのほか、食事やお酒などもJALファーストクラスの方が上等とされています。ただ気を使われるのが好きでない人は、ANAプレミアムクラスくらいの距離感がいいという声も。

クラス

座席

食事・酒

追加料金

路線数

FOP

会社

ファーストクラス

+8000

+50%

JAL

プレミアムクラス

+9000

+50%

ANA

クラスJ

+1000

+10%

JAL

エコノミー

×

×

ANA

快適度はファーストクラスが上。ただし修行には路線も多いプレミアムクラスの方が便利なんですよね。

 

ファーストクラスの難点はとにかく予約がとりにくい!

こんな便利なファーストクラス。でも難点は、機材数が限られていること。

 

ファーストクラスは、設定されている4路線(羽田ー福岡、伊丹、札幌、那覇)の中でも、さらに設定されている機材が限られています。

例えば羽田-那覇便は、1日に12本のフライトがりますが、ファーストクラスの設定は4便のみ

JAL901 6:25羽田発   9:20那覇着 777

JAL907 8:50羽田発  11:45那覇着 777

JAL913 11:30羽田発 14:25那覇着 767(1月はなし)

JAL915 12:15羽田発 15:10那覇着 767

 

復路を合わせても合計8便のみの設定です。

JAL902 10:05那覇発 12:15羽田着 777

JAL908 13:40那覇発 15:50羽田着 777

JAL912 15:05那覇発 17:15羽田着 767(1月はなし)

JAL914 15:50那覇発 18:00羽田着 767

 

しかもこれ、座席数が少なく、777便では14席。767便ではたっと5席です。

往復の合計でも1日に76席しか販売されていない、まさに幻の座席となっています。

さらに通常運賃の予約ならば、まだ予約できるのですが、修行僧がよく利用する運賃種別は「特便21」。

76席中、特便21で販売される座席数は、半分程度である40席程度と思われます。(毎日予約サイトを見ての予測ですが。)

 

そのため、特便21の販売開始日となる2月前には、苛烈な座席予約争いが繰り広げられるのです。

 

突如設定が増えた1月のファーストクラス

そんな苛烈な座席争いを知ってか知らずか、突然1月のファーストクラス設定が増えて修行僧を喜ばせました。

 

1月に設定された便

JAL903  7:55羽田発 10:50那覇着 777(1月のみ)

JAL919 14:50羽田発 17:45那覇着 777(1月のみ)

 

JAL904 11:45那覇発 13:55羽田着 777(1月のみ)

JAL918 18:40那覇発 20:50羽田着 777(1月のみ)

 

1月に設定から外れた(ファースト設定がなくなった)便

JAL913 11:30羽田発 14:25那覇着 767(1月はなし)

JAL912 15:05那覇発 17:15羽田着 767(1月はなし)

 

これだけなら差し引き2便増えただけなのですが、注目すべきは機材。

そう、設定から外れた便はファーストが5席しかない767。代わりに増えたのは14席ある777。大型の機材に差し替わった1便と、新たに大型の機材で設定された1便。

差し引きすると、旧来の76席から、46席増の122席と大幅にとりやすくなったのです。

 

選べる場合はどの便を選ぶか?

そんなファーストクラス。基本的には、とにかく予約できる便をとるべきです。

また自身のスケジュールを考えると、選択肢はほぼないはず。でも、もし一日平日フリーダムな日で、ファーストの便が選べる状況の時、どの便がお得なのでしょうか?

時間帯以外に、選ぶポイントとしては、

・値段

・往路か復路か

・食事

・機材

があげられます。それぞれ順番に検討してきましょう。

 

ファーストクラスが安い時間帯は?

1月を例に挙げて検討していきましょう。

JAL901 6:25羽田発 21,790

JAL903 7:55羽田発 28,890

JAL907 8:50羽田発 28,890

JAL915 12:15羽田発 19,190

JAL919 14:50羽田発 19,190

 

当然ですが、沖縄での滞在が長く取れる便は高価です。ただ、朝一の便は羽田に6時前に到着する必要があるので若干安め。さらに、沖縄着が夕方から夜間になる便は非常に安価です。まぁ、普通の旅行で行く場合、お昼に到着する便がいいですもんね。

この非常に安価な便は、12:15発(1530分着)と、14:50発(18時着)。遅いと言っても修行僧には十分な時間帯。これを修行に使うとすると、羽田-那覇便のFを特便21で取った場合の取得FOPは2860ポイント。

最安値の19190円ならFOP単価が6.7円と驚異的な数値が飛び出てきます。

 

逆の那覇発は?

JAL902 10:05那覇発 19,190

JAL904 11:45那覇発 19,190

JAL908 13:40那覇発 19,190

JAL914 15:50那覇発 28,890

JAL918 18:40那覇発 28,890

となります。

そうなんです、逆に沖縄を早々には慣れる便は安く、めいっぱい遊んでから帰れる便は高価です。

 

早朝の羽田発とお昼の那覇発を組み合わせると往復40980円で5720FOP、単価7.16が達成できるのです。

なお、羽田発の1番便は、JAL901便。そうJAL902便の往路便です。したがって、JAL902以降の便ならば、羽田始発に乗ることで、往復修行が可能です。JAL908便ならば、4時間近く那覇滞在が可能なんですね。

 

往路か復路か?

往復でファーストクラスが取れればよいのですが、予約が出来なかったりで、どうしても片道しかファーストクラスが取れないということは多々発生します。

その場合、往路と復路のどちらをファーストクラスにするのが良いのでしょうか?

 

3月までに関しては、羽田発の往路をファーストにした方がよさそうです。

その理由は「搭乗時間」と「ラウンジ利用」です。

 

そう、羽田→那覇の搭乗時間は2時間55分です。那覇→羽田は、2時間10分。

往路と復路ではなんと45分も違うのです。

快適な座席は少しでも長く乗っていたいもの。搭乗時間的には、往路の羽田→那覇利用の方がお得感がありますね。

 

また、ラウンジ利用や手荷物レーンについても、羽田に軍配。

特に3月までは、那覇空港のサクララウンジが閉鎖されて改修中です。

【お詫び】那覇空港サクララウンジのリニューアル工事に伴う一時閉鎖について

 

オープンは2017年春ごろとのこと。ミールクーポンの有効期限が3月末日となっているので、そのあたりでしょうかね?

ファーストクラス利用者も当然ラウンジは利用できません。ただし1000円分のミールクーポン(お土産も可)はもらえるようです。とんぼ返り修行の場合は、どうせラウンジでゆっくりできないので、空港内のお土産や食堂で使えるクーポンは逆にうれしいかも。

f:id:mairu-de-hawaii:20170106195943j:image

画像を「たくさん@マイレージ」さんにご提供頂きました。ありがとうございます。

修行僧御用達の空港食堂もきっちり入っていますね。ローソンも入っているので、困ることはなさそうです。売店でも使えるのはうれしいですよね。

でも、店舗の多くは制限エリア外にあるため、保安検査後にゆっくり利用しようとしても選択肢が限られてしまうようですね。

なお、改修後ですが、千歳空港では、ダイヤモンドプレミアラウンジが増設されたようです。那覇空港は残念ながら通常のサクララウンジのみとなるようですが、ファーストクラス専用の保安検査場はできるようですね。まぁ、修行僧にはあんまり関係なさそうですが。

 

ファーストクラスの食事は充実?

ファーストクラスの楽しみの一つが食事。

せっかくなので、美味しい食事を味わいたいですよね。

ところで発着時間によって、メニューが異なります。

 

~10:30    朝食

10:30~13:59 昼食

14:00~16:59 軽食

17:00~    夕食 

となっています。

ただし、羽田-那覇便は18時以降に到着する便では17時前の出発でも軽食ではなく、夕食が提供されます。

各便で比較すると、

 

羽田発

JAL901 6:25羽田発 朝食(21,790円)

JAL903 7:55羽田発 朝食(28,890円)

JAL907 8:50羽田発 朝食(28,890円)

JAL915 12:15羽田発 昼食(19,190円)

JAL919 14:50羽田発 軽食(19,190円)

 

那覇発

JAL902 10:05那覇発 朝食(19,190円)

JAL904 11:45那覇発 昼食(19,190円)

JAL908 13:40那覇発 昼食(19,190円)

JAL914 15:50那覇発 夕食(28,890円)

JAL918 18:40那覇発 夕食(28,890円)

 

914便は本来軽食の時間ですが、那覇着が18時のため夕食の提供となります。

お食事(ファーストクラス) - JAL国内線

 

メニューを見ると、やっぱり軽食は少しさびしいですよね。できれば朝・昼・夕と食べてみたい内容ですね。

ANAのプレミアムクラスでも食事は出ますが、ファーストの方が立派ですね!

国内線サービス~プレミアムクラス~ |Service & Info[国内線]|ANA

 

767か777か?

国内線でファーストクラスが設定されているのは、777-200型と767-300ER

777は、大型機で定員が375席、ファーストクラスが14席設定。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145540j:plain

767は一回り小さく定員252席、ファーストクラスは横一列の5席のみ。

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145604j:plain

767の方が、特別感がありそうです。ただし、座席の幅は、777が53cm76750cmと777の方が少し広い。

ところで767便のファーストクラスは5席です。このうち「特便21」では何席が販売されているのでしょうか?

 

09:30時点

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145620j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145640j:plain

 

09:33時点

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145649j:plain

 

09:35時点

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145707j:plain

まず、ファーストクラスの席で運賃ランクを付けるならば

A 普通運賃と往復運賃、障害者運賃→全座席利用可、キャンセル待ちOK

B ビジネスきっぷと特便1・3→運賃用の座席のみ予約可、キャンセル待ちOK

C 特便割引21→Bと同じ枠で運賃用の座席のみ予約可、キャンセル待ち不可

となっているようです。

 

JAL915便は、普通席5席。そのうち3席は特便で販売される座席です。

5分後には、普通席が2席、特便が0席です。特便割り当て分が売り切れて普通席が残ったのでしょうかね。

ところがその直前の913便は、9:30の時点ですでに売り切れているのか、特便の販売はすでになく普通席が残4席。

特便割り当て分は915便が3席で、913便が1席ってことでしょうか?

 

ところがある別の日のフライト残を見てみると、

 

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145736j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145751j:plain

これは、228日(月)の復路便。

ファーストクラスが全席空いているのに、特便割引の販売はなし。もうわけわかりません。

要するに考えてもしょうがないんですよね。

とにかくわかることは767便は特便で販売される座席数が0~3席くらいだと思われるので、とにかく販売競争がし烈なんですよね。

 

2月以降はどうなる?

今回は、便数も多かった1月を例にご説明しました。

ただ特便割引21は21日前の予約が必要なので、1月の予約は難しいです。

さて、那覇便は季節等によって大幅に価格が変動しますかま、2月以降ではどうなるでしょう?

 

羽田→那覇

JAL901 6:25羽田発 777 朝食(26,490円)

JAL907 8:50羽田発 777 直食(35,090円)

JAL913 11:30羽田発 767 昼食(36,490円)

JAL915 12:15羽田発 767 昼食(30,290円)

 

那覇→羽田

JAL902 10:05那覇発 777 朝食(22,690円)

JAL908 13:40那覇発 777 昼食(34,390円)

JAL912 15:05那覇発 767 軽食(33,790円)

JAL914 15:50那覇発 767 夕食(36,790円)

 

全体的に運賃は値上がりしています。

また、1月と比べるとファースト設定の便数が4便。うちわけも777が二便でと767が二便と減ってしまっています。

値段的には羽田発が朝一と那覇着夕方の便は1月同様傾向としては、やや安めの値段です。

逆に那覇発の場合、早朝の便は安めですが、次が午後便からになるので高めですね。

FOP単価が10円を切る便は、JAL901と帰路の902便のみ。

この組み合わせならFOP単価で8.6円。航空券が1月に比べると値上がりする2月の中では、ファーストクラス利用でこの単価はお得ですよね。でもこれ明らかに同じ機材ですよね。CAさんのお帰りなさい攻撃に耐えられるハートじゃないと大変ですよね

ただ、どちらも777便利用のため、座席数が多く予約しやすいのも魅力です。

 

こうしてみると2月以降は、日帰りの選択肢が結構少ないです。

FOP単価10円を切るには28,600円以内に抑える必要がありますが、さきほどの始発利用の往復便しか切ることができません。

往路か復路のどちらかをクラスJ利用で単価を抑える必要が出てきそうです。

 

ただし、今後随時機材が変更になったりします。頻繁にウォッチした方が良いかもしれませんね。

 

FOP単価にこだわらない?

そうは言ってもせっかく行く沖縄。とんぼ返りの修行だけじゃ面白くないですよね。

また、沖縄発着路線は離島路線もFOP単価が低めの路線が多いです。

FOP単価が悪化しても、1日沖縄生活を堪能できる便に乗るっていう選択肢は全然ありですよね。

 

お勧めの曜日はあるのか?

修行にベストな日。もちろん行ける時がベストな日です。

しかし意外にも、修行単価を一番抑えられるのは那覇便については、「日曜日」です。

っえ?那覇便の日曜日って一番高そうじゃない?

いえいえ、そんなことないんです。

こちらの料金表(1月特便21料金表 当初発表時)をご覧ください。

f:id:mairu-de-hawaii:20170106145905j:plain

羽田発那覇の午前便では、日曜日のみが700円安。逆に金土は、700~1400円高です。

ただし、復路の遅い時間は、日曜日は高価なので、高くなる前にサクッと修行を負わされるのがいいかもしれません。

 

なお、この運賃表はプレスリリースコーナーにすべての路線が掲載されています。

http://press.jal.co.jp/ja/dom_fare/

分析するのも面白いかもしれません。

 

ファーストクラスをとる裏ワザはあるのか?

以上の通り、ファーストクラスのチケットの争奪戦は熾烈です。特に「小型の767型機・軽食ではない便」は、あっという間に売り切れてしまう傾向があります。

私も土日中心にチャレンジしますが、片道ずつ予約しないと、予約手続き中に埋まってしまいます。往復で予約するのはとても至難の業。

仕方なく、往路はクラスJ、復路はファーストという具合に予約しています。

 

復路同時予約は可能か?

ところで、ANAのプレミアムクラスも争奪戦が激しいのですが、こちらは、往復予約のシステムを利用してとるという手法があります。

そう、2か月後の往路を予約するときに、その2週間後の復路も予約できることを利用して、2カ月+2週間前に予約するのです。

行きだけ予約できて、帰りのチケットが取れない状況になると困ってしまいますもんね。

 

実はJALでも同様の制度「お帰り確約サービス」があります。

15日以内の往復や乗継は、通常の予約期間前に、確実に予約できるというもの。これを利用すれば・・・・と思ったら、

「※ファーストクラス、クラス Jはご利用いただけません。」との記載が。

お帰り確約サービス(ご予約) - JAL国内線

ANAの場合は、この制限がありませんので、できる技なんですね。

 

有楽町のJALプラザ

有楽町にJALの直営カウンターである「JALプラザ」があります。

JALプラザ 店舗案内|沿革・事業所紹介|企業情報|JALナビアホームページ

ここは、行列があることで有名なようです。

というのも国際線の特典航空券予約受付が330日前の10:00から。

9:30から開店なので、ここで特典航空券の発券を依頼すると専用の端末で申し込んでくれるため、特に混雑日においては発行される可能性が高いようです。

JAL特典航空券をテータスなしで、年末年始・お盆休み・ゴールデンウ... - Yahoo!知恵袋

有楽町JALプラザの行列について。ずっと気になってるので教えてくださ... - Yahoo!知恵袋

ただし、国内線ファーストクラスの販売開始は9:30。有楽町プラザの開店も9:30。

航空会社のカウンターならまだしも、難しそうですね。

 

株主優待券の利用

株主優待券の利用による予約の裏ワザ?をクレアさんが紹介されています。

株主優待って取りやすいかと思ったら、枠的には特便1とかと一緒なんですよね。

っで特便1はキャンセル待ちができるメリットはあるけど、座席数的には特便21と同じくらいっぽい。そんな株主優待で座席が取りやすくなる裏ワザのようです。

JAL羽田那覇ファースト盗り方w - クレアの日記

実際私は試したわけではないので、すいませんが効果のほどは分かりません。

 

結局私はどうしているか?

月並みですが、毎日ネットで予約が可能なチケットがないかを探しています。

土日などは、予約開始直後に売り切れとなります。しかしその後、ちょくちょくとキャンセルが発生するようで、空席が復活しているケースが多々あります。

また1月に急きょファーストクラス設定が増えたように、2月、3月も臨時でファーストクラスが設定された便がでてくるケースも多いです。

是非皆様も探してみてください。

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp