子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

ホテルの「なんちゃってゴールド会員」を目指そう!?(部屋のアップグレードが欲しい!)

 陸マイラー活動をしている人たちの目的の一つに、航空会社の上級会員である「SFC」や「JGC」を目指すことがあります。

航空会社の上級会員制度と同様、ホテルグループでも上級会員制度が存在し、多数宿泊をした顧客を「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」などのステータスを授与し、プレミアムなサービスを提供しています。

 

主なサービスとしては

・レイトチェックアウト、アーリーチェックイン

・無償で客室をアップグレード

・クラブフロア以外の宿泊の場合でもラウンジを提供

・ポイントを授与し一定程度のポイントで無料宿泊をプレゼント

などなど。

 

どれも非常に魅力的なのですが、難点が2つ。

まず1つは上記ステータスの取得には、30泊など、グループホテルへの多数の宿泊実績が必要なことです。

もう1つは、このステータスは1年限りで、宿泊実績がないとステータスが失われる。

ということです。

 

これは、「必ず宿泊が必要で日帰り修行が不可」で「毎年宿泊し続けないとステータスが維持できない」ということです。

航空会社の上級会員は、1年間だけ修行をすれば、一生モノのステータスが得られます。

それに比べると、宿泊が伴うこともあり、ハードルはかなり高くなります。

 

しかし逆に、ホテルの上級会員には航空会社にない特徴があります。

それは、上級会員の資格付きのクレジットカードの作成やホテルが用意している上級会員プログラムに加入することでもステータスが付与される。というものです。

 

 

そうなんです、金さえ払えばホテルに泊まらなくても上級会員になれる!陸マイラーにとっても魅力的ですよね!

今回は、修行なしで上級会員になれるホテルチェーンの紹介をしていきたいと思います。

 

世界のホテルグループはどんなところ?

 インターコンチネンタルホテル、マリオット、ヒルトンなどなど、日本でも高級ホテルと名高いホテルは、なんらかのホテルグループに属していることがほとんどです。

 f:id:mairu-de-hawaii:20161207175958j:image

世界のホテルグループとしては以下のチェーンが有名です。

・SPG(ウェスティン、シェラトン)

・IHG(インターコンチネンタル、ホリデイイン、ANAホテル)

・マリオット(マリオット、リッツカールトン)

・ヒルトン(ヒルトン、コンラッド)

・シャングリラホテル(シャングリラ)

・ハイアット(ハイアットリージャンシー)

などです。

 

また、日本のホテルで会員制度を設けているグループとしては

・ホテルオークラ(ホテルニッコー)

などがあります。

 

これらのホテルのグループに一定泊以上、宿泊した場合に上級会員の資格が与えられるのです。

もしかしたら、lこれらのホテルに泊まったことがある方も多いかもしれません。

ただ、会員資格の対象になるのは、ホテルの運営会社サイトから直接予約した場合のみ。

パックツアーで宿泊した場合はもちろん、JTBやエクスペディア、Hotelsなどの宿泊サイトから予約した場合は対象外となってしまいます。

 

各ホテルグループのプログラムの特徴は?

 さて一定の宿泊数をクリアするとステータスが得られます。

10泊くらいの宿泊数では朝刊サービスや、アーリーチェックインくらいがほとんどですが、30泊くらいから部屋の無料アップグレードなど魅力的なサービスが加わります。

各ホテルチェーンごとの特徴を見てみましょう。

①スターウッドホテル&リゾートグループの「SPG」

スターウッドホテル&リゾートグループは、アメリカに本部を置きウェスティン、シェラトンなどの多くのホテルを有しています。

国内でも都内、北海道、沖縄まで多数展開しているグループです。

20164月にマリオットグループに買収されましたが、マリオットとSPGはプログラムは別々のものとして存続しています。ただし、どちらかでステータスを持っていればもう一方も同レベルのステータスが与えられます、

このプログラム「SPG」では、ゴールド会員(10滞在or25泊)、プラチナ会員(25滞在or50泊)があります。

 Starwood Hotels & Resorts

ゴールド会員は、スイートを除く上位客室への無料アップグレードです。

プラチナ会員は、スイートを含む客室への無料アップグレードに加え、クラブラウンジの利用が可能です。

 

なお、アメックス提携のSPGアメックスゴールドカードを作成することで、ゴールド会員の資格が得られます。

年会費は33,480円(税込)です。

ただし、継続により一泊の無料宿泊特典(最高級グレードは対象外)が得られます。

なお、ハピタス経由で、カードを作成すると2000ハピタスポイントが付与されるので、少しお得になります。

 

www.americanexpress.com

②マリオット・インターナショナルの「マリオットリワード」

マリオットは、アメリカのホテル運営会社。ルネッサンスやリッツカールトンホテルなどがグループ傘下です。

このマリオットリワードには、シルバー(10泊)、ゴールド(50泊)、プラチナ(75泊)があります。

ゴールド以上ならば、レイトチェックアウト、ラウンジ利用&朝食が可能です。

 

マリオット リワード会員特典一覧

日本では提携のクレジットカードはありません。ただし、SPGグループを買収したことから、SPGアメックスカードを作成してSPGゴールドを取得してから、申請することで、マリオットでもゴールドステータスが与えられます。

SPGゴールドでは、クラブラウンジを利用できませんが、マリオットならば同じゴールドでラウンジ利用が出来るので、少しお得なんですよ。

 

③ヒルトンの「ヒルトンオーナーズ」

アメリカが本社のヒルトングループはではメンバープログラム「ヒルトンオーナーズ」プログラムがあります。

ランクは、シルバー(10泊)、ゴールド(40泊)、ダイヤモンド(60泊)。

ヒルトンHオナーズのロイヤルティ特典

ゴールド以上は部屋の無料アップグレードが可能、お得なことに朝食も提供されます。

ダイヤモンド会員になると、クラブラウンジへのアクセスが可能です。

さらに、ゴールド会員でもクラブラウンジにアクセス可能な部屋にアップグレードされることがあります。そしてその場合、クラブラウンジを利用できるケースも多いということです。

他のプログラムは部屋だけクラブフロアにアップグレードされても、ラウンジが利用できない事も多いようなので、貴重なプラグラムです。

提携カードは、三井住友カードのゴールドカードです。年会費は13,950円ですが、マイペイすリボを設定することで、年会費が8000円台に割引となります。無料宿泊特典等はありませんが、毎年1000ヒルトンポイントが付与されます。

ヒルトンHオナーズVISAカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

 ④インターコンチネンタルホテルズグループの、IHGリワーズクラブ

インターコンチネンタルホテルなどでもなじみが深いIHGグループ、旧ANAホテルをグループに入れているため、日本でも多くのホテルが運営しています。

ゴールドエリート(10泊)、プラチナエリート(40泊)、スパイアエリート(75泊)があります。

IHG® Rewards Clubを体験 | あなたと旅する特典 | IHG

 

ゴールドは、レイトチェックアウトのみでイマイチですが、プラチナになると客室のアップグレードが可能です。

ただし、クラブラウンジの利用は、プラチナの上のスパイアエリートでもできません。

ラウンジの利用は、ホテル側からのオファーによる「ロイヤルアンバサダー」になる必要があります。

 

提携カードの発行は日本ではしていないのですが、$200支払うことで、「アンバサダー会員」となることができます。

InterContinental Ambassador FAQs | インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ

アンバサダー会員には、ゴールドステータスが与えられるとともに、1グレードの客室アップグレードが保証されます。

2年目からの継続料金は$150ですが、継続ごとに「週末の2泊目」無料券がプレゼントされます。

⑤ホテルオークラの「ワンハーモニー」【番外編】

ホテルオークラやニッコーホテル等の会員組織である「ワンハーモニー」。

ロイヤル(10泊)とエクスクルーシブ(30泊)がありますが、部屋のグレードアップはエクスクルーシブから。残念ながら上級会員でもクラブフロア利用はできません。

https://oneharmony.com/jp/Membership

提携カードとして、「One Harmony VISAゴールド」がありますが、紐つけられるステータスは「ロイヤル」のためあまり意味なし。朝刊無料とか程度でメリットとは言えないですよね。

ただし、このプログラムは15,000ワンハーモニーポイントを貯めると最上位のエクスクルーシブになれます。

宿泊して貯める(1万円につき200P)こともできますが、マイルから移行するだけでも可。

10,000JALマイル=6000Pのため、25,000マイルの移行でエクスクルーシブになれます。

移行した後のポイントはもちろん、宿泊費に充当可。概ね25,000円分くらいの宿泊が可能なので、損はしませんよ。JALマイルさえあれば実質タダで上級資格がもらえます。

 

 6その他

そのほか、シャングリラやハイアットリージェンシーなどのホテルも上級会員制度を設けていますが、いずれも宿泊が必要となり、クレジットカード入会等での上級会員の資格はありません。

 

お得なプログラムはどれか?

 こうして見てみるとどれも一長一短。

 

費用

部屋UG

ラウンジ

ボーナス

SPG

33480

×

1泊無料

マリオット

ヒルトン

8500

1000

IHG

$200

×

2泊目無料

オークラ

25000マイル

×

なし

ラウンジ利用は一番魅力的な特典ですが、この「なんちゃってゴールド」では、「マリオット」か「ヒルトンでクラブフロアにアップグレードされた時」のみが利用可能。

f:id:mairu-de-hawaii:20161207180027j:image

それ以外はたとえクラブフロアにアップグレードされても、部屋のグレードアップのみが多いようです。(宿泊ホテルによってケースバイケース)

「じゃあ、マリオットがいいか?」というと、SPGカードで付与される一泊ボーナスはSPG系列ホテルでの利用のみで、マリオットでは利用できません。

 

また、ヒルトンは、クラブラウンジを利用できる可能性がありますが、無料宿泊などはついてきません。

 

ただ、JALANAかの選択では、どちらでもほぼ同じ条件でフライトが飛んでいるため、JAL派でもANA派でも旅行行程に違いはあまり出ませんが、ホテルはそうはいきません。

行きたい場所にホテルチェーンがあるかはもちろん、立地環境やブランドも大きく違います。

これらのプログラムは一長一短。損得ではなく、お気に入りのホテルチェーンや、今後行く予定のホテルで上級会員になるというのが良いと思います。

ホントは特定のホテル(常宿)を決めるのがスマートなんでしょうかね?

 

なお、とにかく安くという場合は、ハピタス経由がおすすめです。

このサイトから登録して利用するとポイントが付与されますので入会はこちらハピタスからどうぞ

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp