子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

Apple Storeの素晴らしすぎる返品システム!

何時も先進的な製品を提供してくれるApple。

ただ、Apple WatchやApple TVなどの製品はライフスタイルに合うかどうかが使い続けられるかの分かれ道。

「もし購入したApple Watchのデザインが気に入らなかったらどうしよう?」「張り切ってApple Watchを買ったけど、結局ランニングは続かなかった」「Apple TVが我が家の古いテレビでも見られるか心配」

f:id:mairu-de-hawaii:20161126075305j:plain

そんなあなた!大丈夫です。

Apple Storeには、他に類を見ないほど優れた返品システムが存在します。

返品・返金 - ショッピングのサポート - Apple(日本)

それは、

・購入店舗はApple Storeの店舗、オンライン共に対象(他の量販店は対象外)

・14日以内に申し出れば、理由は問わない無条件での返品が可能

・返品時送料はApple Storeが負担

・14日以内の申し出後、返送までさらに14日の猶予があり、実質27日は利用可能

・特定期間(11月10日~12月25日」に購入した製品は、1月8日まで返品可能

という素晴らしすぎるプログラムです。

 

購入店舗について

Apple製品は、量販店で買うとポイントが付くから量販店で購入するよ!確かにそれは正しい選択の一つです。

しかし、Apple WatchやApple TVのように全く未知のガジェットは、Apple Storeで購入することをお勧めします。理由はこのすぐれた返品システムです。

混同しやすいですが、この返品システムは、Appleがメーカーとして保証しているものではありません。

あくまでも販売店であるApple Storeが提供するサービスです。そのため、Apple製品すべてがこのシステムの対象になるわけではなく、Apple Store(オンライン・店舗)での購入のみが対象となるということにご注意ください。

 

無条件返品について

実際にApple Watchを購入したにもかかわらず、1~2カ月で利用しなくなったという声も多く聞きます。そのほかにもApple TVで期待していたほどの製品ではなかった、Apple Watchのデザインが気に入らなかったなども考えられます。

Apple製品は、Apple流を押し付けてきます。「もし合わなければ使わなければいい」というメッセージすら感じます。

「使い勝手が悪い」「デザインが気に入らない」などの理由でも、無条件に返品が出来るということは大変ありがたいことです。

日本のメーカーでは、返品は基本的には商品の不具合以外は認められません。しかも不具合があっても同等品の交換がいいところです。

素晴らしい宣伝文句に惹かれて購入したものの、期待通りの性能でなかったとしても「仕様です」で片づけられておしまいです。

その点Apple Storeの無条件返品は素晴らしい。私も実際に電話で申し出た際には、返品理由は一切聞かれませんでした。もしかしたら店舗等で聞かれるかもしれませんが、それは今後の商品開発のためであり、返品の可否を確認するためのものではありません。ですので、「デザインが気に入らない」「結局使わなかった」など正直に述べていただいて構いません。

返品可能な期限は?それは14日以内の申し出

Apple Storeの返品規定では、

返品・返金 - ショッピングのサポート - Apple(日本)

「製品の受け取り後14日以内にご返品いただければ、交換、またはご購入時のお支払い方法に基づいてご返金します。」

という記載があります。

これは、購入後14日以内ならば無条件で返品を受け付けてくれるというもの。

注意していただきたいのは、「14日以内に店舗まで返送」する必要はありません。

あくまでも、返品を申し出る期限が14日以内です。実際に返品する期間はさらに猶予があります。

ところで、「受け取り後14日以内」とは具体的にいつまでを差すでしょうか?

この場合2つのとらえ方が出来ます。

①購入日の2週間後まで(2週間後の同じ曜日)

②購入日含めて14日以内(翌々週の同じ曜日の前日)

 

例えば11月1日(火)に購入した品の14日以内というのは、

①ならば購入日含めない14日後で、11月15日(火)まで

②ならば購入日含めた14日目で、11月14日(月)まで

どちらでしょうか?

 

これは民法140条に規定があります。

第一四〇条 日、週、月又は年によって期間を定めたときは、期間の初日は、算入しない。ただし、その期間が午前零時から始まるときは、この限りでない。

いわゆる「初日不算入」の原則です。

 

ところが、Apple Storeに電話にて確認したところ、Appleの返品規定は、初日不算入ではなく、②の初日を入れた14日間とのこと。すなわち2週間後の同じ曜日ではなく、その前日までが返品の申し出が可能とのことです。

すなわち11月1日(火)に受け取った製品の場合、11月14日(月)までに申し出る必要があります。

ただ、国民生活センターでも、有効期限の取り扱いについては、

一般的な考え方として、期間計算の起算点は初日を算入せず、翌日から起算します(初日不算入の原則)。

「消費者トラブルメール箱」集計結果(平成19年4月〜6月分) (消費者トラブルメール箱)_国民生活センター(プリペイドカードの有効期限に関する項目です)

という記載があります。万が一、2週間について勘違いしていて返品を受け入れてもらえないという場合でも、Apple Storeに相談してみることをお勧めします。

 

返品時の送料は基本的に無料!

返品の申し出を行うと、メールで予約票が送られます。その予約票をもって当日含む一週間以内にヤマト運輸の営業所に行くと無料で返品が可能です。

営業所にあるネコピットを利用すると、自動的に伝票が出力されます。

f:id:mairu-de-hawaii:20161126075310j:plain

集荷やコンビニ受付はしてもらえませんが、わざわざショップまで持って行く必要がない!しかも送料は無料ということで、返品のためのハードルは大きく下がりますよね!

 

なお、その期限を過ぎた場合、申し出から2週間以内で送料が自己負担でもよければ、コンビニからの発送や郵便局での発送なども可能です(要 追跡可能な発送方法)。

すなわち、この返品システムを利用すると、購入から14日以内の申し出と、申し出から14日以内の発送と合計すると、最大で27日間は製品を利用ができることになります。

もちろん申し出後に、やはり継続して利用したくなった場合は、キャンセルすることも可能です。

 

特定期間は返品可能期間が大幅アップ中!

Appleで特定期間中の返品返金条件として、「2016年11月10日から2016年12月25日の間にお買い上げいただきました製品は、領収書の原本またはギフトレシートと合わせてお持ちいただくと2017年1月8日まで返品ができます。」という特別条件を定めています。

この「特定期間の返品条件」というのは英訳すると「Holiday Return Policy」

そうアメリカでは、年末商戦の買い物に対して、商戦後も返品が出来るというのが一般的になっているということです。

ホリデー返品提供は売上増につながる|eBayセラー・ビジネスブログ

これを日本でも導入してくれているおかげで、特定期間(11月10日~12月25日」に購入した製品は、1月8日まで返品可能という素晴らしいプログラムの恩恵にあずかることが出来るのです。1月8日までの申し出なので、実質的には1月21日まで商品を利用できることを考えると、最大2か月間利用した場合でも、返品が出来るという条件となっています。

新型MacBook ProやApple WatchのNike+モデルなどを今から購入しても満足いかなければ返品できるシステムは素晴らしいですよね。

 

返品は是か非か

Apple Storeの返品システムは素晴らしいと絶賛しましたが、アメリカでは、無期限・無条件の返品プログラムが一般的です。

実際に日本で展開しているスーパー「コストコ」でも同様の返品条件で無条件での返品をしています。

アメリカ人では、1年間使い倒した商品を「もう不要だから」と言って返品したり、パーティー用のドレスを購入して、パーティー後に返品する人もいて、使い捨て文化の助長やごみ問題にもつながっているようです。

個人的には、「期待通りの性能が得られなかった」「利用しにくかった」という理由があれば、返品するのに抵抗はありません。もちろん、返品可能期間は、試用期間ではありませんので、「お試しで使う」ということは避けましょう

ただし、Apple Storeは量販店よりも、仕入れ値が安いはずなのに、定価販売が基本です。消費者からすると割高です。その対価として返品システムの提供があると考えると、もし商品に不満がある場合は返品をするという行為は問題ありません。

また、Apple Storeでは、こうして返品された商品を整備済品として、そこそこの値段で再販しています。

どうしても気に入らなければ、返品が出来る!というのを後押しにして年末ボーナスなどで、Apple製品を購入してはいかがでしょうか?

 

Apple Storeでも受けられるポイント還元

「返品システムは素晴らしいのはわかったけど、定価販売のApple Storeで購入するのはな〜」という方、AppleStoreでもポイント還元が受けられる方法があります。それがハピタスというポイントサイトを経由する事。ハピタスを経由して、Apple Storeオンラインで購入すると、0.8%分のハピタスポイントが還元されます。

最新のMacBook Proなど一部対象外の商品はありますが、現在Apple Watch2などは対象です。対象外とされていてもポイントが付くこともありますので、ぜひ経由して購入することをお勧めします。

 なお、このサイトから登録して利用するとポイントが付与されますので入会はこちらハピタスからどうぞ

f:id:mairu-de-hawaii:20161027214057j:plain

ポイントサイトってなに?という方はこちらの記事をご覧ください。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp