読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

高額決済があるなら今すぐANAカードを作れ!

ANA クレジットカード

クレジットカードは、「新規入会後に●●円以上の利用で、●●マイル相当をプレゼント」というキャンペーンが多く開催されています。その中でも特筆すべきはANAカード。

ANAカードはこの種のキャンペーンで、「もらえるマイル数」がとても多いです。

 

そして提携カードが多くありますので、「すでにANAカードに入会しているよ!」という方もまだまだ入会できるANAカードがあるはず!

 

30万円以上に利用で最大39550マイル相当をもらえるソラチカカードから、9万円以上の利用で、20000マイルがもらえるANA VISAカードまで様々。

それぞれ条件等が異なります。

今回は、メインカードとしての継続的な利用ではなく、あくまでも「高額決済が控えているので、その金額から最もリターンを享受できるキャンペーンはどれか?」という視点で選んでいます。みなさんも既に所有しているか否かや、決済金額の見通しなどから、最適なカードをぜひ選択してください。

 なお、ここでは、

・標準的なカード(一般カードorゴールドカード)を対象

・1%還元相当となるマイルコースに加入と想定(+5400円)

・リボ払いのみ対象も含める。

・通常の入会ボーナス(1000P)は検討対象外。

 

と想定して調査しています。

 

各カードのキャンペーンは?

①三井住友VISAカード

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131050p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131029p:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131058j:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131035j:plain

 

VISA&MASTER&Suica&TOPカードです。

・5万円以上利用で5000マイルor50万円以上利用で16000マイル

・家族カード3万利用で5000マイル

・iD3万利用で5000マイル

・銀聯カード3万利用で5000マイル

→9万以上の利用で、20000マイル(6月以内)

→53万以上の利用で、31000マイル(6月以内)

最大62000マイル相当が当たる!!ANAカードご入会キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

②JCBカード

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131045j:plain

・1月15日までに、15万以上の利用で10000マイル

・上記以降4月15日までに、15万円以上の利用で10000マイル

・2月15日までに、25万以上の利用で4500マイル(上記と合算可)

→15万以上の利用で10000マイル

→25万以上の利用で14500マイル

→30万以上の利用で24500マイル 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

③ソラチカカード

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131102j:plain

・1月15日までに、15万以上の利用で15000マイル

・上記以降4月15日までに、15万円以上の利用で15000マイル

・2月15日までに、25万以上の利用で6750マイル(上記と合算可)

→15万以上の利用で15000マイル

→25万以上の利用で21750マイル

→30万以上の利用で36750マイル

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

④ダイナースカード

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131111j:plain

→3カ月以内に50万円以上の利用で28000マイル

ANAマイルが貯まるだけじゃない。豊かな時が流れる旅へ ダイナースクラブ

⑤アメックスカード

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131107j:plain

→2カ月以内の30万円以上の利用で19000マイル

ANAアメリカン・エキスプレス提携カード

いくらならどのカード?

金額別にお得なカードをまとめると

→9万以上の利用で20000マイル(三井住友 6月以内)

→15万以上の利用で10000マイル(JCB 1月15日まで)

→25万以上の利用で14500マイル(JCB 2月15日まで)

→30万以上の利用で24500マイル(JCB 4月15日まで)

→53万以上の利用で31000マイル(三井住友 6月以内)

となります。

 

ダイナースとアメックスは、

・金額に対しての付与マイルが低い

・年会費が初年度無料にならない

・利用期限が短い(2~3月)

ことから、高額決済へのポイント付与のみを目的とする今回の調査では低い点数。

 

また、JCBカードは2期に分けて利用する必要がありますが、家族カードなどの発行条件がありません。

 

三井住友カードは、「VISA」,「MASTER」,「Suica」,「TOP」カードがあり、それぞれ別に持つことが可能。キャンペーンも複数適用になるような記載もあります。

※複数枚ANAカードを新規でお申し込み場合、カードごとのお手続きが必要です。

したがってすでに所有している場合でも追加でカード発行が可能です。

ただし上記マイルには、「iD」「家族カード」「銀聯カード」の発行とその利用(各3万円以上)が含まれています。

 

なお、ダイナース、アメックス、三井住友カードでは、ハピタス等のポイントサイトを経由することで、さらにハピタスポイントが付与されます。

f:id:mairu-de-hawaii:20161104192757p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20161104192743p:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20161104192751p:plain

 

ハピタスに入会していない方は、こちらから登録すると、上記条件での申込みが出来ます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

  

結論

「クレジットカードを作るだけで10000ポイント!」などの案件は、最近減っています。一方で「●●円利用したら」というキャンペーンは増えているように感じます。

ANAカードの場合は、そのままマイルに移行できるのが大きなメリットです。いわゆるソラチカ渋滞などとも無縁で、付与されたマイルはそのままポイントにできるからです。

クレジットカードの還元率にこだわるよりも、高額利用時のキャンペーンを渡り歩いた方がはるかにお得です。

皆さんも、ぜひキャンペーンを上手に活用して陸マイル生活を楽しんでください!