子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

子連れ海外、機内で子どもと過ごすコツと準備。

海外、例えばハワイやアジア、ヨーロッパに子連れで行ってみたい!と思っている方。

でもいきなり8時間のフライトというのは心配ですよね。

子どもが泣き叫んだらどうしよう。ご機嫌に過ごしてくれるかな?

そんな心配なあなたには、まずは、飛行機で3時間から4時間程度で行ける海外。

具体的にはグアムや台湾、香港等で子連れ旅を経験してから、子どもの旅の適性を見極めてから本格的に行きたい国にデビューしてはいかがですか?


飛行機でも子連れにやさしい国は?

何と言ってもお勧めは、グアムや香港、台湾などの近距離路線です。

子連れで行きやすい要因は、初めて飛行機を経験するにはベストな旅行時間ということ。これらの国は、飛行機でおよそ4時間、早ければ3時間超の飛行時間で到着します。

例えば3時間30分というフライトスケジュールだと、離陸が30分。離陸後は、機内食を1時間掛けてゆっくり楽しみましょう。もちろんキッズミールの予約はお忘れなく。

f:id:mairu-de-hawaii:20161103090928j:plain

子どもが大喜びする演出満載です。大人用はスパイシーな味も多いですので、食べられないことも多いです。

 

その後1時間30分ほどフリー、そして最後の30分が着陸というスケジュール。

窓際をとることが出来れば、最初の離陸と最後の着陸は意外とお外を見ていると子供の気がまぎれるようです。

 

そして機内食はゆっくりと1時間ほどかけて食べさせましょう、これもご機嫌。

あとは、順調にぐっすりと寝むればしめたもの。

ちょうどお昼寝の時間が終わるころに到着です!

この作戦のポイントは2つ。
①日本発を午前便にすること
②少し前に空港についてキッズルームで全力で遊ぶこと。
この2点が上手くいけば、子連れ海外旅行の8割はうまくいったも同然。飛行機で寝てくれれば、ほっと一息ビールも楽しめます。

もし上級会員ならば、このプランが一層立てやすいものになります。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 


ただし・・・・子どもというのはそう上手くいかないものですよね。飛行機が夜便になって睡眠のリズムが合わなかったり、初めての飛行機に興奮したりで寝ないことも多々あります。

私も往路の飛行機では2歳の子どもが中々寝ずに大変でした。

でも、4時間程度のフライトであれば、離陸や着陸、食事の時間を除けば、子どもの相手をし続けるのは2時間ほど。これが最大のメリットです。夫婦と子どもの3人旅だったら、交代で面倒を見れば1時間ずつで済みます。

子育て中の皆さんなら御存知の通り、「1時間」というのはギリギリ親も全力でお付き合い出来ます!
これがハワイやヨーロッパなどだったら、ほんとは睡眠をとる時間なのにねられずにイライラしたり、周りが寝ているときに子供が騒いでびくびくしたりするところ。

飛行時間が短い短距離路線ならば、さほどいらいらせずに済むのがいいところです。


それでも機内が心配なあなた、大丈夫です!

短距離路線のうち、おすすめはどこかというとグアム。

グアム便の特徴は、リゾート客がほとんどで、ビジネス客は非常に少ない事。これは飛行機に乗るとすぐに分かりますが、いわゆる時間に追われたビジネスマンはほとんどいません。家族連れや友人同士でバカンスに来ている人がほとんど。一部ビジネスで来ている人も、観光業界に関連がある人なのか、フレンドリーな人がとても多く、子連れにも寛容です。子どもが泣きっぱなしでも冷たい視線を浴びることはあまりありません。

そういった意味ではハワイ便も比較的子連れに優しい。というよりも子供連れが当たり前。でもハワイ便は眠って過ごす人もいるので、子どもが泣いてると少し迷惑。でもグアム便はそもそも、みんな睡眠は期待していませんので。

香港や台湾は比較的ビジネス客も多いので、グアムやハワイ程の寛大さは期待できません。ただ、それでも数時間なので、全力で遊んであげれば、ずっと泣いてるってことはないですよね。

子どもがグズらずに旅行できるか、飛行機で泣かないか心配で海外旅行に踏み込めないというあなた!ぜひグアムで一度、子どもの海外旅行に適応度を確認してみるといいですよ!

国内でしたら沖縄もいいですよね。

 


機内で失敗しない準備は?

JAL国際線 - 機内エンターテインメント

例えばJALの場合、機内エンターテイメントで事前にどんな映画をやっているかが確認できます。子どもだってキッズ向けなら何でもいいわけじゃない!事前にお子さんの好みのプログラムがやっているかを確認しましょう。

もしやっていれば一安心。さらに子ども用のヘッドフォンを持って行くとさらに安心。飛行機のヘッドフォンは子どもには合わせずらく、音が聞こえずにイライラ、外れてしまってイライラなってしまいます。事前に子供サイズのヘッドフォンを購入して持って行くことをお勧めします。2000円もしないで購入できますし、今後いろんな場面で使うことができますので、便利ですよ。

1677円 ELPA ダイナミック密閉型ヘッドホン(ピンク・青)CHILD'S HEADPHONE(子供専用ヘッドホン) RD-KH100(PK)

ヘッドホン キッズ用 ヘッドホン 密閉型 超軽量90g

子供用ヘッドホンの特徴は、「小さい」「軽い」「音量が上がりすぎない」などの機能があります。

 


なお、飛行機で市販のヘッドフォンを利用するときは変換プラグが必要なので、こちらも購入しておきましょう。1000円未満で購入できます。こちらは大人がお気に入りのヘッドフォンを持って行くときにも使えますよ。

ヤザワ 航空機内用変換プラグ TVR11BK

 

旅人専科 航空機用オ-ディオジャック変換アダプタ

 

ところで、子どもが気に入っているプログラムがない場合や、海外航空会社で事前にプログラムが分からない時はスマホやタブレットの準備をしましょう。


既に、スマホに子供のお気に入りの動画や、映像が入っている場合はそちらを、入っていない場合は有料のネット動画プログラムに加入するのがお勧めです。

例えばU-NEXTなどは、事前にスマホにダウンロードをしておけば、ネット環境がない機内でも動画を視聴することが可能です。

動画配信サービスはハピタス経由などで、1か月間無料+ポイント進呈などもやっていますよ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 


注意点としては、自宅でオフラインでも再生できるかを確認することと、出発直前の空港内で一度再生できるかを確認してください!出発よりも前にダウンロードしたプログラムはネット回線がつながっていないと見れないこともあるので、必ず事前のチェックをお忘れなく。


また、スマホで見る場合は、スマホスタンドがあるととても便利。こちらがあると、テーブルの上で子ども用に微妙な角度調節ができるのでとても便利です。1000円程度で購入できます。普段使いにも便利ですよ。

Anker® タブレット用スタンド 角度調整可能 iPad・iPad mini・Nexus 7等に最適

 タブレットに入っている写真を見ながらお話するだけでも子どもの気の紛れはだいぶ違います。

 

また、スマホやタブレットを渡しちゃえばいいのかもしれませんが、我が家では自分での操作を禁じているので、あくまでも大人がコントロールできるようにこのようにしています。