読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

どっち?AppleWatchの購入「お得なショップ」VS「返品できるアップルストア」

f:id:mairu-de-hawaii:20161031191026j:image

9月に発売されたAppleWatch。

GPS機能の内蔵や、高速化など、初代では今一つだった部分がかなり改良されたとのこと。

 

当初はスポーツ好きにしか関心が示されませんでしたが、ApplePay開始のリリースとともに、クレジット各社が大型のキャンペーンを発表して以来、iphone7がなくても安価にApplePayを利用できる端末として俄然注目を浴びています。

 

しかし、割引が少ないアップル製品の中でも、さらにAppleWatchは割引やポイント還元がされない商品です。

そんなアップルウォッチを少しでも安価に手に入れる方法!

それはビックカメラ+ハピタスで4.2%(1713円分)の還元を受けるというもの!

ただ、悩ましいのがAppleStoreで購入すると、「2週間返品可能!」というシステムを適用できること。ただアップストアもハピタスで0.8%還元されます。

それぞれのメリット、デメリットを紹介したいと思います!

 

AppleWatch2が今注目されている訳

 

iphoneと同時に発表されたAppleWatch2。もちろんそれなりに報道されてはいるのですが、いかんせんモデルチェンジの内容が、「GPS内蔵」「スピードアップ」「防水」となどが主なもの。

このうち「防水」に至っては、「防水だけど腕時計をつけて泳げるプールがありません」という状況。サーフィンなんかの時には役に立つかもしれないけど、もはやそれって「エクササイズ」なのか?ってことで、今一盛り上がりに欠けてしまっていました。

 

新しいApple Watchは「音声入力」がスゴかった - 日経トレンディネット

 

そんな中もう一つの機能である非接触の「電子マネー」が、ApplePayのサービス開始によって俄然注目が高まりました。

それは、クレジット各社が実施する大型のキャンペーンが発表されてからです。

 

現在、実施されているキャンペーンは次の通りです。

 

(1)三井住友 iD利用で5000円キャッシュバック

(2)JCB QuicPay利用で10%(最大5000円)キャッシュバック

(3)セゾンカード QuicPay利用で777円キャッシュバック

(4)ビューカード 5000円以上利用で1000円相当のポイントプレゼント

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

三井住友VISAカードは、先着50000名と対象人数が決まっていますが、iD払いによる利用金額の5000円までがキャッシュバックとなる非常に太っ腹なキャンペーン。

ただしJCBもQuicPayの利用者を対象とし「使途を限定せずに10%還元」を実施するなどかなりお得。

こちらはApplePayによる購入、すなわち店頭の電子マネーによる購入が適用となり、対象人数も制限なし。

非常に魅力的なキャンペーンです。

そのほか各社かなりのキャンペーンを行っており、登録が出来たカードならばなんらかキャンペーンを行っている可能性も高いのではないでしょうか?

 

ApplePayは店舗で利用する電子マネー機能と、ネット上で利用できるweb決済の機能がありますが、web決済は対象サイトがほとんどありません。

そこで、実質的にはこれらのキャンペーンへの応募は、「iphone7かiphone7Plus」、または「AppleWatch2」が必要です。

もちろんスマホの買い替え予定がある場合はiphone7を購入すればよいのでしょうが、そうでない人は、AppleWatch2を購入する人も増えているようです。

 

www.tabitobu.com

 

 

AppleWatch2の販売状況は?

AppleWatch2は、原則定価販売となっています。

価格ドットコムを見てもほぼ横並び。

店舗

価格

ポイント

ビックカメラ.com

¥40,813

1,224ポイント

ヨドバシ.com

¥40,820

1,225ポイント

Apple公式サイト

¥40,824

ハピタスで0.8%還元

通常10%のポイント還元率がアップル製品は5%です。ところがAppleWatchはさらに低い3%還元。それでも少ないながらも家電量販店ではポイントが付与されるので、お得に購入できます。

 

ビック VS ヨドバシ

ビックカメラとヨドバシカメラの価格差はわずか7円。ポイント還元を差し引くと6円です。(10月31日現在)

日による価格変動等で逆転されてもおかしくない価格差です。

しかしヨドバシになく、ビックカメラのみにあるメリットは「ポイントサイトの利用で別途ポイント還元が得られる」ことです。

 

これはハピタスと呼ばれるポイントサイトを経由して、ビックカメラで購入をすると、1.2%分のハピタスポイントが得られます。

f:id:mairu-de-hawaii:20161027214049j:plain

ハピタスポイントは、ハピタスを利用するとえられるポイントで、1ポイント=1円で現金やマイルに移行できるものです。

すると、ビックカメラでの購入は

¥40,813円-1,224ビックポイント-489ハピタスポイント=39,100円相当で購入できることなります。

ヨドバシとの差は約500円分のポイントです!割引しないアップル製品の金額差としては決して小さくありません。

 

なお、11月29日から12月13日までの間に、こちらからハピタスに登録して、利用された方には、500ハピタスポイントプレゼントのキャンペーン中です! 

ハピタス登録方法等の詳細については、新型Macの購入方法で詳しく紹介していますので、ご覧ください。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

なお、「会員登録は慣れているよ」という方は、

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

こちらから進み氏名等を入力することで簡単に登録を行うことが出来ます。

なお、このバナーから入会すると時期にもよりますが初回入会キャンペーンポイントをもらうことが出来ます。

 

なお、ビックカメラの還元率1.2%は低い方で、旅行予約やホテル宿泊などでは5~6%程度のポイント還元もあります。

また、クレジットカードの作成では、通常のクレジットカードの入会キャンペーンに加えて、ハピタスポイントが

2000~8000ポイントほどもらえたりとメリットが大きいので、買い物やサービスの購入の前には必ず

ハピタスを経由しています。

 

なお、上記の記事でも紹介しているように、定価販売しかしない「アップルストア」もハピタスの対象。

f:id:mairu-de-hawaii:20161027202602j:plain

整備済品や学割品も対象です。0.8%と還元率は高くないのですが、購入金額も高いので、それなりのポイントが付与されますので、お勧めです。ただ、残念ながらAppleWatchは対象外とのこと。残念です。

11月1日追記!

f:id:mairu-de-hawaii:20161101203035p:plain

アップルウォッチがポイント対象製品に加わりました!

 

 

アップルストアで購入する意味は?

ポイント還元により、アップルストアとの差額は40813円の購入に対して、ポイント1713円分。

決して少ない金額ではありません。

その差額を使って42mmバージョン(3000円差)にしたり、バンドを買ったり(5800円~)、職場用の充電ケーブル(3200円)を購入したりできます。

 

ところが、ことアップルウォッチに関してはアップルストアで購入する大きなメリットが1つあります。それは充実した返品規定。

 

商品受け取り後14日以内であれば、無償で返品が可能なこと。特段商品に異常があったりとの条件はありません。

www.apple.com

 

したがって、自分の体に合っておらず心拍計が上手く測定してくれないという理由はもちろん、ランニングが3日坊主で終わってしまったとか、ApplePay目的で購入したけど、クレジットカードが登録できなかったなどの理由もOKです。理由は問わないのですから。

 

アメリカの会社はこのような返品規定を設けていることが多くあります。たとえば倉庫型会員制スーパーのコストコでも、半分食べてしまったパンでも「おいしくない」という理由で返品が出来ます。

自分自身もコストコでは、液漏れした乾電池や、バッテリーが半年で使えなくなったコードレスクリーナーを返品した経験があります。特に理由を述べるとあっという間に返品処理が完了。「間違った利用方法をしたのでは?」「液漏れするとは説明書きにも書いてあります!」などと言われることもありません。

アップルストアでも、破損していない・同梱物を紛失していないという当たり前の条件と、到着後14日以内という以外には返品条件を設けていません。

返品・送料を含む販売条件 - Apple(日本)

 

したがって、定価販売だとしても、返品が可能なアップルストアで購入する意味は大きいですよね。

 

 

まとめ

アップルウォッチは特に、ライフスタイルに会わず「結局使わなくなった」「思ったより運動しなかった」などという話もよく聞きます。

 

また、「会社の雰囲気と違って着用しずらい。」、「会社のセキュリティポリシーに反することが分かった。」など、自分自身の責任ではない理由により、結局つけられないというリスクもありますよね。

 

私自身は、「社内で複数着用している人が既にいること」などから、返品するリスクは低いと考えるため、少しでも安価なビックカメラで購入することとします。

皆さんも、懸念があればアップルストアでの購入を検討されても良いかもしれません。ただ、そうは言っても返品可能期限は2週間ですのでご注意くださいね。