子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

AppleCareよりアメックスの家電保証

新型MacBookProが発売され、発送を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?
しかし購入時に悩むのがアップルの保証制度であるAppleCareに加入するかどうか

AppleCareは、MacBookProならば通常1年の製品保証が3年間に延長。
通常90日間の電話サポートも3年間に延長されるというもの。
ただし、そのお値段が13インチモデルでは23,800円+税、15インチに至っては32800円+税と本体価格の10%〜15%ほどとかなり高額。

結論としては、現状ではMacBookの故障率は3〜4%程度。頻繁に持ち運んだりする場合以外には高額なAppleCareに加入する必要はありません。

ただ、もしあなたがアメリカン・エキスプレスのカードを持っているならば、年額2,900円で加入できる「家電製品の総合保証制度」に加入しておくのがお得です。

f:id:mairu-de-hawaii:20160910141215p:plain

せっかく買ったMacBookが壊れることはとても怖いですよね。修理に数万円かかってしまうリスクを考えると念の為保険にと考えるのは当然のことです。

しかし、現状でApple製品は故障率がとても低く3〜4%程度とのこと。
以前に比べると可動部品である「HDD」がなくなったりしていますもんね。

In laptop reliability survey, one brand trumps all | ZDNet


ところがAppleCareは、値段は変わらず15インチに至っては本体価格25万に対して保証代が35,424円と高額。iphnoeのように持ち運んだりするものならともかく、もし据え置きで利用するなら、低い故障リスクに対して値段は高い!

ちなみにMacBookProなどのMac製品は盗難はもちろん対象外ですし、水濡れや破損では、無償修理ではなく、1万円〜3万円の修理代金がかかります。

 

www.apple.com

アメックスの家電総合保障のほうが安くてさらにお得です!

さて、これは、アメックス会員に限定していますが、家電総合保障という制度があります。
これは年額2,900円で自然故障なら3年間、破損や盗難ならそれ以上が最大20万円を上限に保証されるという制度です。

家電総合補償制度 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

f:id:mairu-de-hawaii:20161029103750j:image
こちらは自然故障については、アメックスカードで購入したもの。
破損等の故障に関しては、カード会員が所有している家電製品全てが対象となります。

なお、まだアメックスカードを持っていない方。
ANAアメックスカードがキャンペーン中
ハピタス経由でアメックスカードを作ると、1000ポイントです。

f:id:mairu-de-hawaii:20161029082832j:image

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

さらに、ANAアメックスは作成後2月以内に30万円以上の利用で合計23,000マイルが
付与されるキャンペーンを実施中。(ただし別途年会費7560円)

もし、アメックスカードを持っていないなら、作成後すぐにMacBookPro購入に利用すれば、
30万円以上の達成は難しくはありませんよね。

 

アメックスは紹介キャンペーンでの入会がお得!

Apple Storeで更にお得に購入する方法として、クレジットカードのキャンペーンを利用するという手段があります。

クレジットカードによっては、「入会後3か月以内に、○○円分利用で○○ポイントをプレゼント」といったキャンペーンを実施している場合があります。

高額商品の購入はこういったキャンペーンの利用条件を満たす絶好のチャンスです。

たとえばこちらのSPGアメックスカードは入会3か月以内に10万円以上の利用で17,000ポイントプレゼントというキャンペーンを実施しています。

通常では10万円以上の購入というのが高いハードルになるのですが、「今回のように初売りで買うぞ!」と決めている場合には、クレカのキャンペーンを利用するのが吉。

こちらのSPGアメックスカードなら、溜まったポイントをマイルに替えて海外に行くことも、国内の一流ホテルに宿泊することもできるポイントなので、おすすめです。

詳細はこちらをどうぞ。 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

なお、購入する際にはハピタス経由とクレカキャンペーンの利用をお忘れなく

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp