読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

JCBのokidokiポイントをソラチカカードに集約したい!移行や合算ができるかデスクに聞いてみた!

ANA クレジットカード

ソラチカカードと言えば、各種ポイントをメトロポイント経由で高レートにてANAマイルに移行できる陸マイラー必携のカード。最近では大型のキャンペーンも開催しているので、お持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

ところでJCBブランドの中でも、()JCBが発行するいわゆるプロパーの「JCBカード」を利用していて、okidokiポイントを貯めている方は多いと思います。

 

ここで気になるのが、既存のJCBカードのokidokiポイントを、ソラチカカードやANA JCBカードに移行したり合算したりと集約出来るのかですよね。その辺の事情をJCBデスクにも聞きながら確認しました!

カードによって異なるANAマイルへの移行レート

さて、ANAと提携していない、いわゆるプロパー「JCBカード」のANAマイルへの移行レートは1ポイント=3マイルです。

f:id:mairu-de-hawaii:20161024122216j:plain

ANAマイレージクラブ【マイル】|クレジットカードなら、JCBカード

 

それに対して、ソラチカカードを含むANAカードでは、

5マイルコースでは、1ポイント=5マイル

10マイルコースでは、1ポイン=10マイル

と優遇レートが適用されています。

ただし10マイルコースには5400円の移行手数料が必要となります。(ゴールドカード等は無料)

通常のJCBカードと比べて、マイルへの移行レートが良くなるというようのが、ANAカードの大きなメリットの一つとなっています。

f:id:mairu-de-hawaii:20161024122212j:plain

もし、すでにJCBカードで貯めたマイルがANAカードを経由して、ANAマイルに移行できれば、3倍以上の高レートで移行が可能になるという非情に大きなメリットになります。

 

ボーナスポイントはソラチカカードがお得

さて、今度はANA JCBカードでのお話。ANA JCBカードとソラチカカードは以前は同じJCBカードとしての扱いだったため、どちらか一枚しか持てなかったのですが、20154月から2枚同時に持つことが可能となりました。両カード、ポイントのマイルへの移行レートは2枚とも同じですが、ソラチカカードのみにある大きなメリットがあります。

キャンペーンなどで付与されるポイントは、ボーナスポイントとして付与されます。ボーナスマイルという名前を見ると、通常ポイントよりも優遇されたポイントだと感じますが、実際には、ボーナスポイントとして得られた通常よりも冷遇されたポイントのことです。

通常1ポイント=5マイルor10マイルで移行できるポイントが、ボーナスポイントでは1ポイント=3マイルと通常よりも低い移行レートとなっています。

 

 

しかしソラチカカードが提携している東京メトロのポイントは、1ポイント=5メトロポイントとして移行することが出来ます。

さらに、5メトロポイント=4.5 ANAマイルに移行することが可能。

f:id:mairu-de-hawaii:20161024122210j:plain

 

すなわち1ポイント=4.5ANAマイルと、通常のボーナスポイントの移行レートである1ポイント=3 ANAマイルと比べると、1.5倍。

ソラチカカードを利用することで、通常よりも優遇されたレートでマイルに移行できるのです。

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 高まる統合・合算・移行への期待

さて、それでは、実際に合算や移行などのポイント集約が可能かを、JCBのポイントサイトの規約や説明上で確認しました!

 

okidokiポイントの規約(抜粋)

第7条 (他カードへのポイント移行の禁止) カードの名義によらず、両社が本利用規定等で定めた場合を除き、あるカードに付与されたポイントを、他のカードへ移行させることはできません。

 

ここでいう同社とは発行会社と提携会社のこと。

カード種別/会社

発行会社

提携会社

JCBカード

JCB

ANA JCBカード

JCB

ANA

ソラチカカード

JCB

ANA・メトロ

 

特別な取り決めがなければ、他のカードのポイントプログラムへの移行はできないとされています。

 

ポイントサービスのQ&A項目

Q 複数枚カードを持っていますが、ポイントを合算しての申し込みはできますか?

A 同一名義人のカードに限り、ポイントの合算ができます。また、一部ポイントの合算ができない商品があります。

との記載があります。

http://www.jcb.co.jp/point/pop/attention-exchange.html#point

 

他のカードへの統合や移行は基本的にできないけど、ポイントの合算はできる。ただし、一部ポイントの合算が出来ない商品があるとの記載は、気になるところです。なんだか良く分かりませんね。

統合や移行は×、合算は○だけどマイルへの移行は×(結局デスクに聞いてみた)

これ以上調べてもヒントがないため、結局デスクに確認しました。確認したのは

「プロパーJCBのポイントをソラチカカードやANAカードに移行できるのか?」

「ANAカードのボーナスポイントを、ソラチカカードに移行できるのか?」

2点です。

 

その結果ですが、

okidokiポイントはカードごとの付与であり、他カードとの統合や移行は不可。

・商品の申し込み時に、複数のJCBカードのポイントを合算して申し込むことは可能。

・ただし、JCBが提供する商品以外の、提携カードの商品などは合算して申し込めない。

ということでした。

 

このポイントを合算しての申し込みですが、例えばokidokiポイントの交換景品である、東京ディズニーリゾート(R)・パークチケットは、1300ポイントが必要です。この商品はJCBが提供する商品であるため、もし「JCBプロパーカードには1000ポイントしかなかった場合、ANA JCBカードの300ポイントを合算して、合計1300ポイントとして交換することが可能」ということを意味しています。

 

一方で、多くの陸マイラーが交換したいのは、ANAマイルやメトロポイントですよね。

これは、それぞれ提携先の「ANA」や「メトロ」が提供しており、JCBが単独で提供する商品には当たらないため、合算の対象とはならないです。一部ポイントの合算が出来ない商品とはまさにこのことを言いました。

 

なお、電話後、この記事を記載中にこちらの表記も発見しました。

ANA JCBカードの「マルチポイントコース10マイル(商品番号:00111505)」または「マルチポイントコース5マイル(商品番号:00111500)」へのお申し込みは、他のカードでたまったOki Dokiポイントを合算して申し込むことはできません。

http://www.jcb.co.jp/point/use/transfer/ana-mileage.html

実は合算してANAマイルに移行する方法もあるんです!

しかし、合算してのANAマイルへの移行が全くできないかというとそうではありません。

 

上記ページのANAマイルへの移行について、「他のJCBカードとポイントを合算してお申し込みの場合は、本商品番号:00111487よりお申し込みください。」という記載があります。実は、ANAマイルへの移行プログラムの中には、JCBが提供する商品もあるのです。

 

移行名

商品NO

レート(1P

商品提供元

プロパーJCB移行

00111487

3マイル

JCB

ANA 5マイル

00111500

5マイル

ANA

ANA 10マイル

00111505

10マイル

ANA

ANA ボーナスP

00111508

3マイル

ANA

メトロ

00111523

5メトロP

メトロ

 

この「プロパーJCB移行」については、JCBが提供する商品のため、複数カードの合算が可能です。ただし、1P3マイルと、移行レートが良くないので、それほどメリットがあるとも思えませんが・・・・・

 

まとめ

陸マイラーの方ならが、誰もが既に貯めたプロパーJCBのokidokiポイントや、これからキャンペーンで貯めるokidokiポイント(ANAボーナスP)をソラチカカードに統合するか、高レートで移行したいと願うこと。

ソラチカカード以外でも、現在行っているJCBのキャンペーンポイントをブーストして利用することはできないようです。

ただ、もし過去にJCBカードを利用していて、そのポイントが交換基準に満たないという場合には、複数のカードを合算することで、過去のカードのポイントを残さずに使うことが出来るのです。残念ながら統合はできないようですが、すでにあるポイントやこれから取得するポイント工夫して、上手く貯めていきたいものですね。

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131045j:plain