読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

飛行機への持ち込み大丈夫?リチウムイオン電池(モバイルバッテリーや予備電池)は160whまで!

近年、飛行機業界で大きな話題となっているのは、サムスン社のギャラクシーの発火問題。ギャラクシーに内蔵しているリチウムイオン電池から発火したとのことで、持ち込みが厳しく制限されています。

「俺の携帯はギャラクシーじゃないから飛行機への持ち込み大丈夫!」いえいえ、そうは言っても「モバイルバッテリー」や「デジカメの予備電池」などのリチウム電池については、飛行機への預け入れが禁止されている他、機内への持ち込みも160Whまでと厳しく制限されています。

あなたのモバイルバッテリー、160Wh以下ですか?

 

注意!飛行機へのリチウムイオンバッテリーは手荷物のみ(預入禁止!)

飛行機へのモバイルバッテリーを含むリチウムイオンバッテリーの持ち込みについてはこちら。なお、モバイルバッテリー以外のノートパソコンなどに採用されているリチウムポリマー電池もリチウムイオン電池と同じ扱いです。

JAL企業情報 - お客さまへのお願い おあずけ・機内へのお持込に制限がある手荷物について(安全への取り組み)

 

飛行機へのモバイルバッテリーの持ち込み制限に関する部分だけ抽出すると、
リチウムイオン電池(モバイルバッテリー・予備電池)については、
・ワット時定格量が100wh以下は機内持ち込みに限るが個数制限なし
・100whを超え160wh以下のものは機内持ち込みに限り2個まで
・160whを超えるものは持ち込み不可

となっています。我が家のバッテリーは容量が13000mAhだから超えてる!?

これは計算方法があり、

電力量(Wh)=内蔵電池の電圧(V)×容量(Ah)
ワット(W)=電圧(V)×電流(A)と同じ理屈です。

 

さて、モバイルバッテリーの場合は、内蔵電池が3.7Vのため、これに容量を掛けるとワット時定格量が算出できます。

コレってどれくらいでしょうか?例えば、私が所有しているANKER社のバッテリーは、

f:id:mairu-de-hawaii:20161022212651j:plain

まあまあ、大型の13000mAhです。

このモデルは3.7V×13Ah=48.1Whとなります。全然OKです。
f:id:mairu-de-hawaii:20161023065759j:image

このように最近ではバッテリー自体に記載してあることも多いと思いますので心配ならば一度ご確認ください。


私の持っているモバイルバッテリーはソコソコの大きさで、正直これ以上の大きさのものを運ぶ気にはあまりなれません。

そこで、Whの制限がモバイルバッテリーの容量で算出すると
100Wh=約27Ah(27000mAh)
160Wh=約43Ah(43000mAh)
となりますので、言い換えると、

モバイルバッテリー(内蔵電池電圧3.7Vの場合)
・容量が27000mAh以下は個数制限なし
・27000mAhを超え43000mAh以下のものは機内持ち込みに限り2個まで
・43000mAhを超えるものは持ち込み不可
となります。

43000mAhを超えるモバイルバッテリーって正直ほとんど市販されていません。また、リチウムイオン電池は基本的に3.7Vの電圧ですが、機器によって違わないか確認しましょう。

ですので、後述するような無停電装置や、アウトドアや、災害用バッテリーなどの特殊用途以外、普通に皆さんが購入を検討するようなモバイルバッテリーでは、ほとんど関係がない規制です。

ただし、どのような容量でもかならず予備電池は機内持ち込みにすること!は忘れないように。X線の後にスーツケースをかき回すことになってしましますよ。

 

ところでこの規制、充電池内蔵モデルに限ってはちょっと違って

リチウムイオン電池(モバイルバッテリー・予備電池)
・160wh以下のものは機内持ち込み・預け入れどちらも可
・160whを超えるものは持ち込み不可

 

となっており、少しゆるいんですよね。

ちなみにパソコンで言うと、例えば現行MacBook Pro 15インチは

f:id:mairu-de-hawaii:20161022211950p:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20161022211957p:plain

99.5Whのリチウムポリマー電池(リチウムイオンと取扱は同じ)となっておりますので、預け入れ、機内持ち込みどちらも可となっています。

 

お勧めのモバイルバッテリーは?

モバイルバッテリーがあれば移動中の充電もできますし、カメラによっては、給電しながらの撮影ができるものもあります。意外と海外では電源確保が難しく、ホテルの部屋や空港のラウンジ以外では充電できるチャンスはほとんどありません。

ただし、ホテルの停電や、飛行機が長時間遅延したりした場合などは、情報収集のためスマホを使い続けてしまうこともあり、そんな場合はあっという間に充電が切れてしまいます。
海外で充電が切れるってゾッとしますよね。

 

もちろん日本で使っているものを持って行っても構いません。ただ、私の場合は日本では通勤途中に電池が切れたときに充電するために購入したため、1回分程度の容量しかないモデルでした。海外旅行ならば、スマホで3回~5回程度充電できるものがあれば、自分と家族の分、デジカメの分と安心して充電できるため、旅行に備えて購入しています。
ただ、「容量が大きいと重くなる。」ので、必要なバランスが取れた機種がお勧めですね。


私のお勧めは、発売したばかりのPowerCore 10000。実は私が買ったモデルは13000mAh。容量がたっぷりで安心ですが、なかなか減りません。もう一回り小さくても十分だったかな。ということで、10000mAhをお勧めします。

 

一番のおすすめは、発売されたばかりのこちらのモデル。259g・2699円と軽量・安価ながらiphoneに4回程度の充電が可能です。

 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)

 

なお、私が通勤で利用しているのが5000mAhモデル。スマホだけならこちらのモデルでも十分かもしれませんね。204gで1699円でiphoneなら2回程度の充電が可能。

 

Anker Astro E1 5200mAh コンパクトモバイルバッテリー

ただ50g 1000円差で倍の容量が手に入るなら上のモデルのほうがお得感は高いです、特に海外旅行向けには。

ただ機内持ち込もの量が多かったり、通勤で使うことを優先するならもちろんこちらでもOK。1699円は安いですもんね。

 

なお、一般的なモデルでの最大容量はAnker PowerCore 20100の20100mAh。

Anker PowerCore 26800 (26800mAh 超大容量 モバイルバッテリー) 【デュアル入力ポート / 3台同時充電】

 

これでも持ち込み個数に制限がかかる規定の「100Wh=約27Ah(27000mAh)」はクリア。モバイルバッテリーに関して、ほとんどのケースでは、ほとんどのケースでは問題にならなさそうですね。

逆にどんな機器なら制限に引っかかるの?ということで調べてみるとありました。

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源)

このiphoneが50回以上充電できる機器!こちら、434Whです!

持ち込みできません!機内預入できません!  

そもそも重くて持ち運びが困難です!

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 モバイルバッテリーのような重いものはもちろん奥様には持たせないように。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp