読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

JALの羽田ーホノルル便が2017年4月休止へ

JAL hapi

1月19日に2017年ダイヤでついにJALから発表されました。

羽田ーホノルル便は休止です。

 

その分は成田便に移行して便数に変更はなしです。

なお、再繁忙期にはファーストクラス設定です。

8月4日〜15日の成田=ホノルル線(JL780/789便)へSKY SUITE仕様の777-300ER型機(SS7)を投入し、ファーストクラスサービスを設定します。

 

詳細はこちらへ

press.jal.co.jp

 

f:id:mairu-de-hawaii:20170119223443p:plain

現行の時刻表はこちらです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170119223505j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170119223511p:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20170119223910p:plain

ということで、羽田ーホノルル便が廃止される一方で、成田便が増えて4便/1日体制

さらに、4月から10月までは8782便が臨時で追加となります。

臨時で追加される便の機材は羽田便と同じ772(777−200ER)

www.traicy.com

最繁忙期に限ってはシドニー線のファースト機材を転用するとのことです。

f:id:mairu-de-hawaii:20170119223550p:plain

 

気になる予約開始ですが、年末にファーストクラスが設定されたときには、

8月24日発表で、8月29日14時に予約開始になったとのこと。

 

順当に行けば、24日予約開始くらいでしょうか・・・・

 

そもそもこのニュースの発端は10月15日のことでした。

朝日新聞デジタルに衝撃的な記事が

www.asahi.com

ほうほう、東海岸のニューヨークに羽田から出れば便利になるね。

と読み進めていったところ、

現在、羽田から米国に向かう便は、ハワイ・ホノルルとサンフランシスコに飛ばしているが、ホノルルをやめてNYに切り替えるという。代わりに成田―NY便は減らす方向だ。

ということが。。。。

 なお読売新聞でも

「日本航空は、羽田—ホノルル線と置き換えて運航する方針だ。」と報じておりなんらかの根拠を持ったニュースだと考えられます。

 

そもそもなんでこんなことが?

以前少しニュースになった羽田発着枠の問題。この中で、羽田ー米国線の昼間の発着枠を増やすというニュース。

国交省、羽田空港発の米国便をANA4枠、JAL2枠に配分 新規配分はANAに - トラベル Watch

羽田ー米国線の昼間の発着枠が増える際に、ANAは現行の深夜2便に加え、昼間は新規2便の就航を認めたが、公的支援を受けたJALについては、深夜2便を昼間2便に移動するだけ。これにより

ANAは、既存の深夜2便(ホノルル、ロス)に加え昼間2便(NY、シカゴ) の計4便

JALは既存の深夜2便(ホノルル、サンフランシスコ)が昼間に移動

という状況となっていました。

 

「ホノルル便を深夜のままにして、昼間2便をサンフランシスコと、ニューヨークにできないの?」とも考えますよね。

これには「アメリカ側の事情」と「日本側の事情」の双方が障壁となり実現できないのです。

 実は羽田空港の深夜便の枠だけならば、余裕があり、中国からの便が最近では多く飛んでいるようです。団体客はバス行動が基本なので、深夜着で公共交通機関が動いていないなどがデメリットにならないからがその理由の一つとか。

 

その場合、相手国(アメリカ)の了承が必要ですが、実はそれが大きな障害に。

一番強硬だったのはデルタ航空。デルタ空港(旧ノースウエスト)は、成田空港に整備やハブ空港としての拠点をおいているので、羽田枠が増えると、成田空港が地盤沈下する。したがって羽田空港と米国の発着便の増加には強く反対していました。

今回の発着枠の2便増は反対するデルタ航空と、賛成するユナイテッド航空やアメリカン航空との妥協の産物でギリギリの事情で増加させることが出来た2枠でした。

 

その2枠は通常ならばJALとANAで1枠ずつ増枠で来たのですが、JALは経営再建により、公的資金が導入されているので、ANAに有利にする必要があり、その結果2枠ともANAに割り当てられるという事になってしまったのです。

 

現在のJALのハワイ便は?

さて、現在のJALの羽田ーホノルル便は

【2016年10月30日以降】羽田~ホノルル線

JL080便:羽田(22時55分)発~ホノルル(11時00分)着
JL089便:ホノルル(15時45分)発~羽田(翌日19時50分)着

travel.watch.impress.co.jp

となっています。

 

ハワイ便全体で見た場合は

f:id:mairu-de-hawaii:20161015071502p:plain

多いときには臨時便を含め5便体制。

この中でも羽田発着便は仕事帰りにも使える時間帯ということで、首都圏在住の人には利便性の高い便。

いやいや、首都圏だけでなく、国内各所からも乗り継ぎの良く重宝されていたはず。

新設されるニューヨーク便は観光よりもビジネス重視の路線。

昼間時間帯への移行をきっかけに、儲けの多い便に変更するということでしょうか。

 

 

せっかくハワイ便のグレードアップのニュースを見て楽しみにしていたので、残念なニュースです。


 

対するANAは、羽田ーホノルル便は新機材を導入するなど力を入れる模様

kowagari.hateblo.jp

 

御存知の通り、陸マイラーに必須のハピタス等のポイントサイト経由では、ANAのほうが圧倒的にポイントをためやすく、2人でハワイに行くくらいなら1年もあれば十分貯めることが出来ます。

一方で、JALは貯めにくいけれども取りやすいところに定評があります。

しかし、利便性のいい便がなくなってしまうと今後JALを利用していくか不安がでてきますよね。 mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

なお、まだ「ハピタスにすら登録していないよ」という方は、こちらから登録を。

ハピタスを通じて、ネット通販したり、クレジットカードを作成するだけでポイントが貯まります。

これだけで年間10万マイル以上、最大で30万マイル近く稼いでる人も多数います。詳細は下記のリンクから。

なお、今ならこのリンク経由で新規登録すると30ポイントをプレゼント中です。

 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

JALはビジネス需要にかなり力を入れているのを感じます。陸マイラー的な将来はどうなのか今後も注意深く見ていきたいと思います。

f:id:mairu-de-hawaii:20160416153411j:plain

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp