読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

JALカードとANAカードは実は大違い?その違いを徹底比較!(発行元・複数口座・キャンペーン適用回数)

JALカードANAカード。VISAやMASTER、JCB、アメックス、東急電鉄とかいっぱいあるけど、結局はJALかANAかの違いで一緒でしょ?

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160516223718p:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131029p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131050p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131035j:plain

いやいや、ところがそうじゃないんですよ。もちろんJALANAかという大きな違いがありますが、それ以上にいろいろと違うこともあるんです。

しかもその違いは場合によっては、JALANAのどちらの会社をメインにするかにも関わってくる重要な違い。そのあたりをしっかりと解説します。

 

発行元の違い((株)JALカード or カード会社)

JALのクレジットカードは、発行元が(株)JALカードです。VISA、JCB、アメックスなどカードブランドは異なっても、すべて(株)JALカードに申し込みを行い、カードは(株)JALカードから発行されます。ただし、審査や請求は提携先がやっており、JCB,ダイナースそれぞれの会社が、VISA、MASTER、そしてアメックスでは、提携先の三菱UFJニコスが行っています。

 

対してANAのクレジットカードは、発行元は(株)三井住友VISAカードや(株)JCB、アメリカンエキスプレス社など各カード会社です。

 

マイルの貯まり方の違い

JALカードでは、基本的にマイルがJAL口座に付与されます。したがってカード利用やキャンペーンでは、JALマイルが直接貯まります。

もし複数のJALカードを持っていても、自分のJAL口座に一本化して貯まります。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160926181026p:plain

ただし、例えば「JALカードTOKYU POINT ClubQ」などは、定期券の購入等、東急系列で利用した場合は、「JALのマイル付与+TOKYUポイント加算」とマイルが付与されたうえでポイントも加算されるいわゆる「ダブルでもらえる」カードも存在します。

たった一つ分かりにくいカードである「JALカードsuica」は、JR東日本での利用分については、JALマイルは付与されず、JRのサンクスポイントだけが加算されるます。それ以外の利用はJALマイルが付与されるという、JALカードにしては少し珍しいカードとなっています。

 

対するANAカードですが、こちらは基本的にマイルではなくカード会社のポイントがたまります。

ワールドポイント(三井住友)や、okidokiポイント(JCB)などです。

そして利用者は必要に応じて、それをマイルに移行する手続きが必要となります。

 

例えばJCBが発行、東京メトロと提携している「ソラチカカード」は、1枚のカードなのに、貯まるポイントは「ANAマイル」とJCBの「okidokiポイント」と、地下鉄の「メトロポイント」の3つです。

入会キャンペーンでも、

ANAがマイルを直接プレゼントするもの

JCBのokidokiポイントがたまるもの

・メトロポイントがたまるもの。

と3つの種別のポイントが加算されます。

 

 

 

最大9000マイル!などと言っているのは、それぞれのポイントをANAマイルに移行したときの合計を示しているのです。

 

そう、複雑なんです。なんとなくJALの方が分かりやすいんですよね。

 

ところで両社ともマイルの有効期限は3年間です。JALの場合、マイルが付与されてから3年間です。ANAの場合、カードのポイントをマイルに移行してから3年間です。通常カードのポイントにも2~3年の有効期限があるため、ポイントからマイルへの移行をギリギリまで遅らせることで、最長で利用から5年間程度までマイルの有効期限を延ばすことが出来ます。

また、途中でマイルを貯めるのを断念した場合、カード会社のポイントならば景品や電子マネーなどマイル以外の使い道が多数あります。

分かりやすいJALに対して、一見わかりにくいですが、カード会社ごとにポイントが加算されるANAカードにもメリットはあります。

 

マイル口座番号が「1つしか付与されないJAL」と「複数発行されるANA

JALカードANAカードを作ると、クレジットカードの番号とは別にマイルを管理するために、JALANAともマイル口座番号が発行されます。

JALは一度発行された、たった一つのマイル座番号を生涯使い続けます。

対してANAは、クレジットカードを発行するたびに、新しいマイル口座番号が発行されます。カードの枚数だけマイル口座番号を持つことになるのです。

JALカードを複数持っている場合、例えばマイル口座番号が333333の場合

f:id:mairu-de-hawaii:20160926181130j:plain

  全てのクレジットカードのマイル口座番号は333333で統一されます。

 

しかしANAカード メインカードのマイル口座番号が444444

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160926181256j:plain

の場合でも、カードごとにマイル口座番号が発行されます。

じゃあ、ANAで貯めたマイル、VISAカードで貯まったポイント、マスターカードのポイント、JCBのポイント、アメックスのポイントは全部別々に管理しなくてはいけないの?

そう、半分正解で半分不正解。

カードごとに貯まるポイントは、カードごとに管理する必要があります。ただし、マイルについては、それぞれのクレジットカードのマイル口座は統合されて管理されています。

ところがこの縦割り的なANAのクレジットカードは陸マイラーにとって絶大なるメリットを生んでくれるのですが、それは次の項目で記載します。

 

なお、マイル口座番号は、メインカードに指定したカードの番号を意識するだけで問題ありません。JCBカードのキャンペーンで付与されたマイルもVISAカードのマイルも、すべてメイン番号にログインすると、集計された数値が表示されます。

なお、空港で提示したりするのはメインカードとなりますので、一番利用するANAカードをメインカードとして登録しておくのが良いでしょう。

注意点ですが、新しくクレジットカードを発行すると、新しいクレジットカードがメインカードになってしまいます。すでに持っているカードを引き続きメインカードとして利用し続けるならば、webから変更が必要です。

また、新たなカードの発行時に、既存のマイル口座番号を入力したいと、同じグループの口座とは認識されないため、手続きが必要ですのでご注意ください。

 

入会キャンペーンで、どでかくもらえるANAマイル、けちけちなJALマイル

さて、JALカードANAカードと一括りにいっても実際には多くの提携先によりいろいろな種類のカードが発行されています。

多くの場合、これらは別々に発行することが出来ます。

例えばJALならば、JAL-VISAカードJAL-JCBJALアメックスカード、ANAも同様にANA-VISAカードANA-JCBANA-アメックスカードなどブランドが違うカードを複数発行することが可能です。

 

ところで、JALカードに入会する際には「ボーナスマイル1000マイルプレゼント」など魅力的なキャンペーンを実施していますが、「すでにJALカードを所有していると参加できないキャンペーン」が多数を占めています。(例外的にJAL-TOKYU-ClubQカードでの東急側が実施するキャンペーンなどはあります。)

これは発行する「JALカード」側から見ると、「全て同一のマイル口座の会員がカードを追加しただけ」と見なしているからだと思われます。

例外的に、「JAL一般カード」でボーナスマイルをもらった後に、「JALゴールドカード」を申し込むと、ゴールドカードでプレゼントされるはずの5000マイルから、すでに一般カードでプレゼントされた1000マイルを差し引いた4000マイルがプレゼントされます。

なんともせこい話ですな。

 

一方で、ANAカードは、各会社が実施するキャンペーンについては、すでにANAカードを所有していても、問題なく加算されます。何とも太っ腹な制度。

これは発行元である各カード会社から見ると「新しい顧客」だからだと思われます。

ただ、ANAが実施している入会ボーナス(1000マイル)については、

※ご入会時のボーナスマイルは、すでにANAカードにご入会いただいているお客様は対象外となります。

との記載があるのですが、なぜかもらえています。(得しているのでいいですが)

 

これに関しては「マイル口座番号が異なるカードを発行する場合」は、新規発行と見なすようです。カード種別の切替など、口座番号が変わらない発行は対象外になるとの話もありますが、真相は良く分かりません。

 

いずれにしてもANAカードは大型のキャンペーンが多く、3万~5万マイルをもらえるキャンペーンも多数実施しています。3カ月以内に30万など、金額に制限を設けているキャンペーンも多いため、一気に複数カードを作成すると、利用条件が満たせないケースも出てしまいます。

あまり一気につからずに1年間に2~3枚程度作るだけで、最大8枚ほど作れますので、3年間ほどはキャンペーンだけでかなりのマイル数を貯めることが可能です。

 

ということで、入会キャンペーンだけを見てみても

複数枚作ったとしても最大5000マイルのJALカード

5枚ほど作るだけで15万マイルもらえる可能性のあるANAカード

マイルを貯めるということだけを考えるとANAに高い優位性があるのが分かります。

 

カードの継続でも大きな違いが!

ANAカードはカードを継続(年会費の支払い)するだけで、ボーナスマイルが付与されます。一般カードならば1000マイル、ゴールドカードなら2000マイルです。

しかもこれは、複数カードを所有していると、それらのカード全てに付与されるのです。

例えばANA-VISAカードANA-JCBカードANA-suicaカードを持っていれば、3000マイルです。(ただし、年会費も各カード分がかかります)

ANAカードをたくさん持つことで、毎年1万マイル近く付与してもらうことも可能です。

 

一方、JALカードは、継続するだけでは付与されません。初回搭乗時という条件が付いています。なのに、マイル自体はANAと同じで一般カードは1000マイル、ゴールドカード級は2000マイルです。

さらに、複数枚JALカードを持っているときは

JALカードを複数枚お持ちいただいた場合の搭乗ボーナスマイルは、お持ちのカードのうち、最もグレードの高いカードの搭乗ボーナスマイルを積算いたします。

ということで、何枚クレジットカードを持っていても一般カードのみなら1000マイル、ゴールドカードを持っていると2000マイルだけしかもらえないのです。

 

例えばクレジットカードを5枚(うちゴールドカード1枚)持っていた場合、ANAカードならば6000マイル(1,000マイル×4枚+2000マイル×1枚)が付与されますが、JALでは2000マイル(ゴールドカード分)しか付与されないのです。

 

ポイント付与

ANAカードはマイペイすリボの設定により、ポイント還元率は1.5%程度までに簡単に高められることが出来ます。ただし、臨時の増額や減額が必要なため、月に3分程度必要な時間がかかります。一方でJALカードはそういった技はなく、基本的には1.0%還元となります。

もし年間200万円ほど利用する場合、ANAカードならば3万ANAマイルが、JALカードならば2万JALマイルが付与されます。

その差は1万マイルとなります。

 

結果

ANAカードとJALカードをクレジットカードによる還元を見てみましょう。

・クレジットカードに5枚入会(うち一枚ゴールドカード)

・毎年自費で飛行機に1往復は搭乗

・クレジットカードを年間200万円利用

というケースでどれくらいのマイル数が獲得できるかというと

 

入会キャンペーンで

ANAは150,000ANAマイル

JALは5000JALマイル

 

継続ボーナスで

ANAは6000ANAマイル

JALは2000JALマイル

 

クレカポインドて

ANAは30,000ANAマイル

JALは20,000JALマイル

 

となりました。

 

意外にもとても多くの差が出てきます。

入会キャンペーンはもちろんのこと、ANAカードなら、クレジットカードを持ち利用することで毎年3万6000円もらえますが、JALカードは、2万2000マイルです。しかも毎年飛行機に乗らなくてはいけない。

この差は大きいですよね。

 

これを見ても陸マイラーならばANAが有利はホントでした!

 

さてさて、さらに加えて、先日検討したハピタスでもらえるポイント差も合わせると・・・

 毎年確実にもらえるマイル数は

276,000+36,000=312,000ANAマイル

187,000+22,000= 209,000JALマイル

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

 

う~ん、やっぱり。

さらにANAは各カード一度限りですが、全部合わせると最大で150,000ANAマイル以上はもらえそうなキャンペーンも頻繁に開催しています。

これらを見てもANAマイルはJALマイルより1.5倍以上貯めやすいってことで間違いはないですね!

 

実際に使う際に検討している続編はこちらです。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp