読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

車検の費用をクレジットカードで支払ってポイントを貯められるのかを真剣に考えてみた。

車検と言えば2年に一度訪れて、費用も5万~10万と高額。

普段の買い物は、クレジットカードでポイントを貯めてるよ!という方を中心に、「車検でもぜひポイントを貯めたい!」と思う人も多いのではないでしょうか?

今回は、車検費用をクレジットカードを活用して、ポイント還元ができるか否かを、実際に調査しました!

 

 

車検に出す方法は?

2年に一度(新車のみ3年経過後)、車検の時期になると、カーディーラーなどから葉書で、「車検の案内」などとして、手紙が来ると思います。

車検に出す方法として、一般的なのが、カーディーラーやガソリンスタンド、修理工場などに車検を依頼するというもの。

これは、本来は、国土交通省陸運局が車が危険性がないかや、法令通りの機能を有しているかという検査を車検として行っているカーディーラーなどの指定検査機関が代わりに行ってくれるもの。

車を近くのカーディーラーに持ち込むだけ、休日もOK、代車も出してくれるというメリットはありますが、検査代行料や点検整備費用がかかり、割高になってしまいます。

 

ユーザー車検という選択

そこで、車の所有者自らが陸運局に持ち込み、点検を受けることをユーザー車検と言います。

点検を受けると言っても、テストコースで検査官が行う点検を順番に受けていくだけ。

ウインカーやハザードランプ、ブレーキランプを指示に従って点灯させたり、指示にしたがってブレーキを踏んだり、

スピードメーターが40kmを差したところでパッシングしたりと難しいことはありません。すいていれば受付から終了まで1~2時間程度です。

 

ただし、自分で陸運局まで持ち込まなくてはいけないことが難点。特に陸運局出の検査は平日のみのため、お勤めの方は休暇を取って持って行く必要があるかもしれません。

このあたりは、「ユーザー車検」で検索すると多く体験談も出てきます。

このユーザー車検の一番のメリットは、金額が安くすむことです!

 

車検に必要な費用は?

車検に必要な費用ですが、普通車の場合は、

自賠責保険(約3万円)

・車検手数料(1800円)

自動車重量税(約3万円)

★検査代行料(2万~3万)

★点検・整備費用(2万~3万)

が主な費用です。

このうち、自賠責保険、車検手数料、自動車重量税は、すべての人が支払う必要があります。

 

★検査代行料と、★点検・整備費用は、ガソリンスタンドやカーディーラーなどに依頼をする場合のみ必要となります。

 

ということで、ユーザー車検で必要となるのは、自賠責保険と車検手数料と、自動車重量税のみ必要となります。

 

ディーラーにお願いすると、10万円以上かかるのが、自分で持ち込むだけで、6万円ほどでできるのは大きなメリットですね。

ただしその場合でも別途定期点検は必要です。車検後にはなるべくディーラーなどでしっかり点検してもらいましょう。

車検に通る前だと、「念のためワイパー交換しておきました!」「念のためタイヤを替えておきましょう」と念のため交換を多く勧められますが、車検通過後ならば、最低限必要な整備にとどめられますので、点検整備費用も安く済むのです。

 

車検費用にクレジットカードは使えるのか?

 

自賠責保険

旅行保険などでクレジットカード決済ができるものもありますが、残念ながら自賠責保険ですにはクレジットカードは使えません。

自賠責保険は国によって制度が作られており、保険会社にとってはあまりうまみのない保険。クレジットカードで扱うと手数料が取られてしまうというあたりも、クレカが使えない理由の一つかもしれません。

 

自動車重量税・車検手数料

国や自治体への手数料は、クレジットカードが使えないと思われがちです。

ただし都道府県税である自動車税はクレジットカード払い制度を設けている自治体も多いです。(もっとも1%程度の手数料が必要となるケースが多いです。)

 

また、パスポートの発券手数料などは、「収入印紙」を利用しています。

f:id:mairu-de-hawaii:20160523224505j:plain

そのため、収入印紙をコンビニで購入すると、ミニストップのJMBワオンを利用したり、セブンイレブンでナナコ払いをすることで、間接的にポイントが付与されます。

 

 

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

間接的にポイントが付与されるこのやり方を自動車重量税で適用したらどうでしょうか?ところが残念ながら、こちらはできません。

というのも、これは「汎用的な収入印紙」はコンビニでも販売されているため、クレカでチャージした電子マネーで購入可能なのでできる技。

それに対して、自動車重量税の印紙は特別なもので、一般的なコンビニで販売されているものとは別なものです。

f:id:mairu-de-hawaii:20160906222318p:plain

したがって、陸運局の近くにある印紙売り払い所((社)検査協会等)でしか、入手することが出来ず、当然これらの販売所は現金しか受け付けていないため、ポイントが付与される買い方が出来ないのです。

これは車検の手数料も同じ。これも「自動車検査登録印紙」「自動車審査証紙」で一般的な印紙とも異なります。

f:id:mairu-de-hawaii:20160906222250p:plain

どうしても払いたい場合

ユーザー車検では、車検費用をクレジットカードで支払うことはできません。ただし、ディーラーやガソリンスタンドで車検を通す場合は、整備費用を一括してクレジットカードで支払うことができるケースもあるようです。

厳密には諸費用は現金で預かるのが基本のようですが、業者によってはクレジットカードで受け付けるところもあるようです。

しかしこの場合、当然ユーザー車検に比べるとコストはアップしてしまいます。

 

残念ながら、「ユーザー車検ではクレジットカード払いはできません」というのが結論となってしまいました。