読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

ANA好きのアメックスユーザーの悩み(スタアラの憂鬱)

アメックスゴールド祭り BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)

ANAのSFC会員の人は、SFC資格を活用すべく、スターアライアンス便に乗られることが多いと思います。

そういった方々は、もしアメックスポイントがたまったら、スターアライアンス便にマイルを移行して、スターアライアンス特典で各地への旅行を考えますよね。

ところが、アメックスポイントは、スターアライアンスとの相性が実は今一つなのです。

今回は日本人に人気のある旅行先トップ10にヨーロッパを加えて各国の必要マイルを比較しています。

 

アメックスのポイント移行が可能なスターアライアンス各社は?

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160827060642p:plain

スターアライアンスに所属する中でアメックスのポイントを移行できる主な会社は、「ANA」と「タイ国際航空」、「シンガポール航空」「スカンジナビア航空」です。

 

ANA

f:id:mairu-de-hawaii:20160827060655p:plain

言わずと知れた全日空です。

特典航空券に引換できるマイル数もまずまず低く、ネット上で予約できることもあり非常に便利です。

特筆すべきは、特典航空券にビジネスクラスへの引換マイル数の低さ。

ビジネスクラスは、エコノミー航空券の3~5倍くらいの値段で購入できますが、マイルで入手すれば、

エコノミーの1.5倍から2倍程度で済むため、大変お得です。

 

難点は、アメックスポイントからマイルに移行するのが8万マイル/年に限られること。

また、移行するためには、毎年3240円の手数料がかかること。

16万ポイントまでなら、1年分の年会費と、計8640円の移行手数料ですみますが、それ以上だと

移行するためだけに年会費や手数料が必要になってしまいます。

概要│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

タイ国際航空

f:id:mairu-de-hawaii:20160827060756p:plain

タイのフラグシップキャリア。ただ残念ながらマイル価値が非常に低く、ANAと比べても半分から三分の一程度。

スターアライアンスを利用する発券では、アジアの近距離では、ANAの倍以上必要マイルがある。

スタアライアンス特典

http://www.thaiairways.com/static/common/pdf/royal_orchid_plus/Redeeming/Star_Alliance_Chart.pdf

自社特典であるバンコク行きは、ややレートは良いが、そもそもが安い航空会社なので、利用価値はあまり高くない。

自社特典

Air Awards on THAI | Round Trip - THAI Air Awards Chart

マイルの有効期限も3年と平均的なため、SFC会員でバンコクに行きたい!という人以外は、特段移行する価値は少ないと思われます。

 

シンガポール航空

f:id:mairu-de-hawaii:20160827061152p:plain

最高級に安全な航空会社として評価も高い。

A380も導入しており、もしA380に特典航空券で登場したいならば選択肢の一つ。でもA380のビジネスクラスやファーストクラスは、提携航空会社には開放されていません。

したがって通常日本でためやすいANAのマイルをいくらためても、ANAスタアラ特典では、A380ビジネスクラスや、ファーストクラスには利用できないのです。

そこで、シンガポール航空マイレージプログラム(クリスフライヤー)に入会する価値が出てきます。

東京−シンガポールや成田-ロサンゼルス便がA380を利用しています。(ただし成田-ロサンゼルスはこれまでA380でしたが、2016年10月をもってB777に機材変更となる予定。)

f:id:mairu-de-hawaii:20160827061719j:plain

その他、名古屋-シンガポールや、大阪-シンガポール便で利用できます。シンガポールはもちろんですが、ロサンゼルスへの直行便での利用も面白いと思います。10月以降は、最新の機材での運航。

 

エコノミーは、65,000マイル、ビジネスが、155,000マイルとANAよりも少し高め。ただファーストクラスは、175,000マイルとビジネスにちょっとプラスをすれば手が届きます。ANAとも遜色ありません。ちまちました旅行をするくらいなら、ぱっ!と使ってもいいのかもしれませんね。

http://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/ppsclub-krisflyer/use-miles/redeem-miles/

その他のマイルの価値は、アジア圏にしてはまあ良好です。

 

 

スカンジナビア航空

スカンジナビア航空は、スウェーデンデンマークノルウェーの3か国が共同で出資するヨーロッパの航空会社。

f:id:mairu-de-hawaii:20160827061928p:plain

あまりなじみがないけれど、成田-コペンハーゲンを毎日運航しています。

http://www.flysas.com/ja-JP/jp/EuroBonus/point-charts/star-alliance-points-chart/

成田-コペンハーゲン間は自社特典航空券でエコノミーなら6万マイル、ビジネスは10万マイルが必要とのことです。

スターアライアンス特典は特筆すべきお得感はありませんでした。

普通に航空券を購入すると結構な値段(約12万強)するのでお得と言えばお得。

特に長距離になるためビジネスクラスはメリットがあるかも。でも汎用性が少ないのが気になります。

 

スターアライアンスでは結局どこに移行するのがお得か?

アメックスポイントを大量に持っている場合、ANAのSFCを取得した上で、スターアライアンスでポイントを消化していきたい!

そんなことを考えていろいろ調べました。

 

しかし残念ながら、スターアライアンスでは、自社利用便はお得なんですが、他社の利用ではお得感が少なくなってしまうケースが多いようです。

 

ワンワールドでは、ブリティッシュエアウェイズのアビオスポイントでJAL便のチケットをとると、JALで航空券を予約するよりお得なケースが出てきますが、スターアライアンスでは残念ながらそういったことは期待できません。

そして自社便が出ている主な都市は、バンコクタイ国際航空)、シンガポール、ロサンゼルス(シンガポール航空)、コペンハーゲンスカンジナビア航空)となっています。

これらの都市に行くときには、各会社のマイルに移行するのが良いでしょう。

一方で、スターアライアンス所属で、直接移行できる会社が運行していない、「ベトナム」「ハワイ」に行きたいという場合は、毎年8万マイルずつANAのマイルに移行しつつ、それを利用するのが良いかもしれませんね。

 

 

伏兵エティハド航空

そのほか、最近ヨーロッパ路線では、アブダビ乗継ながら、安価に利用できて人気のエティハド航空

f:id:mairu-de-hawaii:20160827062329p:plain

スターアライアンスではありませんが、ANA と提携しているため、SFC会員ならば、ラウンジ等の利用も可能なのです。

しかもこちら、パリだと75000マイルで往復が可能ということもあり、結構穴場かもしれません。

www.etihad.com

アブダビハブ空港としてヨーロッパに強い航空会社。もし、ヨーロッパが好きな方は、お勧めです。

またANAの特典航空券に移行することもできます。

 

www.etihadguest.com

f:id:mairu-de-hawaii:20160827063538p:plain

  • Mileage values in the table are for one way journeys only. Return journeys will be double of the values of one way.

これは片道料金とのこと。ただ、ANA便が利用できて、このマイル数はまあまあお得というとこでしょうか?

 

実際に海外のトラベラーがANAにエティハドマイルで乗ったとの話もあります。

thepointsguy.com

 

ただ、残念なのはインターネットでの発券ができず、電話予約のみとのこと。

一応東京にもコールセンターがあるようなので、興味がある方は利用してみても良いかもしれませんね。