読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のマイルの価値は?(アビオスポイント)

 アメックスからマイル移行が可能で、かつ、実質無期限のため、最近注目が集まっているブリティッシュエアウェイズ。

f:id:mairu-de-hawaii:20160819152059g:plain

国内線往復9000マイルが注目されていますが、国際線での利用価値はいかがでしょうか?早速検証してみたいと思います。

 

必要マイル数の一覧

ブリティッシュエアウェイズの特徴として、近距離線は大変お得ですが、長距離線の特にビジネスクラスは必要マイルが飛び上がって、あまりお得ではないとの話もあります。

確認したところ、必要マイル数は以下のようになりました。これらはすべてワンワールド特典で、他社の航空会社を利用した場合の必要マイル数です。

路線マイル 都市例 Y プレエコ ビジネス
1-650 国内線(沖縄除く) 9000 18000
651-1150 沖縄、ソウル、上海 15000 30000
1151-2000 台北、グアム、マニラ 20000 30000 40000
2001-3000 ホーチミンバンコク 25000 50000 75000
3001-4000 ハワイ、ケアンズ 40000 80000 120000
4001-5500 テヘラン、モスクワ 50000 100000 150000
5501-6500 ウィーン、米西海岸 60000 120000 180000
6501-7000 東海岸、ローマ 70000 140000 210000
7001- 日本からは該当なし 100000 200000 300000

 

 確かに、香港便ならば、ビジネスクラスはエコノミーの2倍の必要マイル数ですが、それよりも遠い距離になると、エコノミーの3倍マイル数が必要。

でも、エコノミーやプレミアムエコノミーの必要マイル数は、他の航空会社と比べても、ずば抜けて高額というわけではないようです。

 

BAのマイル価値を円換算してみる。

そこで、JALで航空券を購入した場合の金額を、閑散期(12月1日発で12月5日現地発)と、繁忙期(5月3日発、5月7日現地発)で比べてみました。

 

この閑散期に関しては、2月等は中国の旧正月もあり、高騰することもあるので、12月をチョイスしました。また、繁忙期は、来年は5月3日(水)から5月7日(日)が大型連休となるため、日本人には特に人気だろうということで、この日程を選択しました!

 

 

行先・マイル 座席 要マイル 閑散期価格 単価 繁忙期価格 単価
香港 20000 ¥34700 ¥1.74 ¥70200 ¥3.51
HKG PY 30000 ¥144700 ¥4.82 ¥144700 ¥4.82
1823マイル 40000 ¥147700 ¥3.69 ¥147700 ¥3.69
             
ホーチミン 25000 ¥46000 ¥1.84 ¥72000 ¥2.88
SGN            
2706マイル 75000 ¥214000 ¥2.85 ¥214000 ¥2.85
             
ハワイ 40000 ¥85000 ¥2.13 ¥190000 ¥4.75
HNL PY 80000 ¥180000 ¥2.25 ¥220000 ¥2.75
3900イル 120000 ¥200000 ¥1.67 ¥580000 ¥4.83
             
ロサンゼルス 50000 ¥108000 ¥2.16 ¥197000 ¥3.94
LAX PY 100000 ¥248000 ¥2.48 ¥308000 ¥3.08
5458マイル 150000 ¥354000 ¥2.36 ¥406000 ¥2.71

 

例えばハワイ便ですが、閑散期は航空券も安く、繁忙期は超高額に。ただし、ワンワールド特典は必要マイル数は閑散期も繁忙期も同様のため、マイルを利用したと想定した時は、1マイルの価値は大きく異なり特にビジネスクラスでは3倍近くに。

一方で、香港のビジネスクラスやプレミアムエコノミーは閑散期でも、それなりのビジネス需要があるからか、あまりディスカウントされないため、結果的には結構なお得度になることが分かります。

 

このように、ビジネス路線かリゾート路線価でもマイル価値は大きく違ってきます。

 

濃いブルーがとってもお得な航空チケット

薄いブルーはお得な航空チケット

レッドは、お得度が低い航空チケット

となっています。

 

BAマイル(アビオスポイント)のお得度の実際は?

こうして見ると、決して遠い距離が損をしているわけではありません。

むしろロサンゼルスや、ハワイなどではお得なマイル単価をたたき出しています。

一方で、お得だと思われている近距離便の香港・ホーチミン便では、時期によってはマイル単価で損をしているんですよね。

 

航空チケットは、予約状況に応じて、リアルタイムに価格設定がされていきますので、閑散期は安く、繁忙期は高くなります。しかし特典航空券は基本的には年中同じ必要マイル数。結果的に繁忙期にも閑散期と同じマイル数で行けることで、繁忙期のお得度が非常に高くなっています。

 

  エコノミー プレエコ ビジネス
閑散期 お得度低め 超お得 お得
繁忙期 お得 超お得 お得

これだけ見ると、じゃあプレエコの特典航空券もらっとけばいいか、と思ってしまいますが、これには罠があって、例えば香港便は、プレエコが144,700円に対してビジネスは147,700円と3000円しか差がない。ハワイの閑散期は、プレエコが180,000円に対して、ビジネスは200,000円と2万円差。

 

プレミアムエコノミーは?

プレエコは、プレミアムと言っても、食事はエコノミーと一緒だし、ビジネスクラスの座席シートの最近の充実はすごいものがあるので、実際にはプレエコとビジネスには歴然たる差があります。

なのに、プレエコがビジネスクラスと同じような値段ということは、プレエコはもともとの値段が高いので、お得に見える!というのがその事情です!

 

ただ、プレエコは、優先チェックインもできるし、シートも充実しているし、ラウンジも利用できるし・・ということで快適度はエコノミーとは比べ物になりません。すっごい「お得」に見えるけど、ビジネスやエコノミーと比べても、お得度は同じくらいだよ!ってことで、決してプレエコに乗ると損をするなんてことは全くありませんよ。むしろ必要マイルと快適度のバランスが取れているところが良いと思います。

 

じゃあ、ビジネスクラスやプレミアムエコノミーの価値は?

ビジネスクラスはエコノミーの約3倍、プレミアムエコノミーは約2倍とその必要マイル数は非常に大きいです。しかし、マイル単価的にもビジネスやプレミアムエコノミーのお得度は非常に高いです。

 

じゃあ、エコノミーチケットを発券するのはもったいないの?となった時、実はエコノミーチケットは必要マイルが少ないため、その分何度も旅行に行けるのは大きなメリットです。

たとえどんな高価な絵画でも、興味がなければ自分には意味がない代物です。同様にそもそもいくらマイル単価がお得だと言っても、ビジネスクラスは、自分にとって価値が見いだせなければ、必要ありません。

例えば、すでにJGC会員の方は、エコノミークラスの利用でも、ラウンジや優先チェックインが利用できるため、プレミアムエコノミーに関しては、メリットが快適な座席シート。ビジネスクラスは快適な座席シートと機内食がエコノミーとの違いです。

そのほかにも、特に体力がある人ならば、「快適なビジネスで1回行くよりも、エコノミーで3回行く!」という方も多いでしょう。

 

ただし、格安航空券などで、海外に行くことはできますが、現実的にビジネスクラスやプレミアムエコノミーのチケットで、海外に行くことは、自費ではほとんど不可能でしょう。せっかくマイルがたまったならば、せめて一度はプレエコやビジネスクラスチケットをとって、優雅な海外旅行を経験してみるのも良いと思います。

 

結論

休みがいっぱい取れる職場ならばエコノミーで何回も行こう!

あまり休みが取りにくいハードワーカーはビジネスクラスやプレエコでリッチに楽しもう!