読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

50万ポイントの使い道(JALマイル編)

アメックスのリワードポイントが50万~100万ポイントがたまった人。

ハピタス等のポイントサイトでマイルを貯める人は、ポイントがたまりやすいANAがいいと言われていますが、それ以外の人はどうでしょう?

JALのJGCとANAのSFCを比較してみると、制度的にはほとんど一緒。

良く乗る路線をベースに考えるのが基本だと思いますが、上級会員に限った場合、それぞれのメリット・デメリットを比較したいと思います。

 

JALとANAのメリットを比較!

 

JAL

・ラウンジや優先チェックインの質がANAよりも高いとの意見もあります。

陸マイラーでは上級会員になりにくいため、会員数がANAよりも少ないようです。

・頻繁にキャンペーンを行っており、ANAよりも安い値段で、JGC会員になることができる。

・プレミアムエコノミーが空いていれば、有償でアップグレード可能

 

ANA

・SFCカードの維持費が安い(マイペイすリボ・家族会員)

・ポイントサイトのポイントをスカイマイルに移行しての修業が可能。

・プレミアムエコノミーが空いていれば無償アップグレード可能

 

取得コスト&維持費比較

 

取得コストが安いJALですが、最初の搭乗で5000FOPプレゼントがありますので、ANAよりも

10%は、安く取得できます。さらに路線指定ですが、2倍FOPキャンペーンなどがやっておりますので、

上手く利用すれば45万程度でJGCを取得することが可能とのこと。

JGCカードを取得するのに必要なJALカードですが、最も安いJALグローバルクラブclubAカードは、年会費が10800円です。ただし家族会員も同様の10800円ですので、もし夫婦でカードを持つ場合は、21600円のコストが

毎年かかってしまいます。

 

対してANAのSFCは、PPの取得に対してプレゼントやキャンペーンというのはほぼありません。したがって取得経費は50万円ほど必要です。ただし、ANAのSFCカードについては、本会員が11,070円、家族会員は5508円の計16578円と、JALよりも安価に維持ができるのがメリット。年会費で5000円違うため、10年で取得コストがペイできる計算となります。

 

ワンワールド?orスターアライアンス

 

JALが所属するワンワールドとANAが所属するスターアライアンス

上級会員になると、同じ航空会社連合の便を利用する際にも同様のサービスが受けられるのが大きなメリット。

そこで、各航空会社連合の所属会社のうち、日本発着便がある主な航空会社を確認すると、

 

日本航空

アメリカン航空

ブリティッシュ・エアウェイズ

キャセイパシフィック航空

カンタス航空

マレーシア航空

 

 

全日本空輸

ユナイテッド航空

ルフトハンザドイツ航空

エア・カナダ

タイ国際航空

ニュージーランド航空

シンガポール航空

アシアナ航空

中国国際航空

ターキッシュ エアラインズ

エジプト航空

エバー航空

エア・インディア

 

となります。

日本の格安航空券でよく目にする

デルタ航空

大韓航空

ベトナム航空

チャイナエアライン

中国東方航空

といった会社は、いずれも属していないスカイチームという航空会社連合。

 

自分で最近搭乗した航空会社をカウントしてみると、

ワンワールド日本航空カンタス航空

スターアライアンス全日空ユナイテッド航空シンガポール航空

ということで僅差でスターアライアンスの搭乗機会が多い模様。

 

でも、これくらいの差なら次回以降、自分で選べばいいので、選択には影響を与えないか・・・・

 

ポイントサイトを利用しない人でもANAは魅力的!

ポイントサイト(ハピタス等)を利用している人ならばANAのプレミアムエコノミーが空いていれば無料でアップグレードされることや、安い家族会員の年会費、充実したスターアライアンスのネットワークなど魅力はとても大きいです。

一方で、陸マイラーを中心に取得者が多いANAのSFCよりもJALのJGC会員の方が、ステータスがあり、人数が少ないため、優遇される機会も多いのが魅力的。

 

特に、グアム線などJALしかない路線に頻繁に乗るなどJALが好きな人はJGC会員を狙いましょう!

それ以外の人は、ANAのSFC会員を取得し、ポイントサイトで陸マイラー生活を始めましょう!

特典航空券が取りやすい状態ならば、メリットが大きく、モチベーションも非常に高まります!