読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

AMEXリワードポイント50万〜100万ポイントの使い道(ANA編)

アメックスゴールド祭り

アメックスゴールド祭りのこれまでの記事は

アメックスゴールド祭り カテゴリーの記事一覧 - マイルを貯めてビジネスクラスでハワイに行こう!

こちらをご覧ください。ポイントをためた時の出口戦略を中心に記載しています。

 

アメックスゴールドまつりや各種キャンペーンで取得したポイントがアメックスリワードポイントが50万ポイントに達した場合、いったいどうするのが良いでしょうか?検討してみました。

 

①航空会社のマイルに移行する(1P=2~5円)

②旅行代金としてそのまま使う(1P=1円)

③通常の決済に充当する。(1P=0.5円)

などがあげられると思います。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160416153406j:plain

マイル移行とそのリスク

①の航空会社のマイルへの移行では、有効期限が実質無期限のBA(ブリティッシュエアライン)が、人気です。
ANAへのマイルの移行は、年間8万マイルに限られることと、追加で3240円の費用が掛かることもあり、2年間の合計16万マイル相当で抑える方が多いようです。
そのほか、香港経由でアジア便の利用に便利なキャセイパシフィックなど、各種航空会社のマイルに移行したりする人も多いと思います。

f:id:mairu-de-hawaii:20160416153615j:plain


しかし、マイル移行にもリスクがあります。というのもマイル制度は改悪が続いています。実際に相応の費用を払って飛行機に乗る人を優遇し、陸マイラーは冷遇されるような改正が相次いでいます。


日本の航空会社でも、一件大きな変化はないものの着実に、改悪への道を歩んでいるように感じます。これが特に、海外の航空会社だと、一気に必要マイルが1.5倍近くになったり、付与されるマイル数が購入金額に応じて変わるような抜本的な見直しがされることが多々あります。もちろん今後も油断できません。


特にブリティッシュエアウェイズ(BA)などは、EUの離脱により、移民をはじめとした人の往来が少なくなることをきっかけに経営危機に陥るリスクや、ポンド等の下落によるマイル移行レートの変更などが発生する可能性があります。
また、ブリティッシュエアウェイズとデルタ航空を除くと、多くはマイルの有効期限は3年程度。そのため、旅行などが計画通りにいかないと、使い切れずにそのまま失効してしまうリスクも相応にあります。
したがって、マイル数にもよりますが、早目にポイントを消化してしまうことも検討しても良いのではないでしょうか?

アメックス50万ポイント所持者のSFC修行のすすめ
取得ポイントが50万~100万ならば、先行投資としてSFCJGC修行をお勧めします!
150万マイルの場合、JGC修行をして、残りのマイルでワンワールド特典航空券に移行して、JGC修行の成果をフル活用!という提案をしましたが、50万~100万程度の場合は、残りのマイルの時にではなく、それ以外も含めた今後の利用も考えて、JALのJGCANASFCかを決めてもらいたいと思います。

 

陸マイラーを今後も続けていくならANAのSFC一択!

そこで②or③が選択肢となります。ここでは1P=1円として使える航空券代にするのがおすすめです。
というのも、ANAはポイントサイトのハピタスを利用すれば、マイルの獲得が容易。

ただ、このポイントサイトを利用する陸マイラー生活の唯一の難点は、特典航空券が取りにくい事。

f:id:mairu-de-hawaii:20160418221647p:plain

しかし、ANASFCを取得すると、とたんに特典航

 

空券が取りやすく旅行の幅が広がるということです!

 

今回のキャンペーンをうまく利用して、SFCを取得して、ポイントサイトをフル活用しましょう!

 

ANAのマイルに移行できるのが、16万マイルなので、それをANAのスカイコインに替えて・・・・・」いえいえ、それはもったいないです。ANAのマイルはSFC達成時の特典旅行券用にとっておきましょう!


もし65万ポイント以上があるならば、16万ポイントはSFC達成用にANAマイルに移行しましょう。

そして、修行用の航空券は、アメックスカードで購入して、その費用は、ポイントを充当することとしましょう。そうすると1ポイント1円相当として使えるため、貯まったポイントだけで、SFCが取得できるのです!

f:id:mairu-de-hawaii:20160809232558j:plain

 

もしお持ちのポイントが50万ポイントくらいならば、悩みますよね。

僕だったら、16万ポイントをANAマイルに移行して、残りの34万ポイントに自分の財布から16万円を追加して、SFC修行を終えます。サイフから出るのは16万円だけど、手元に残るのは16万マイル。

もう一つは16万ポイントをANAマイルに移行して、それをスカイコインに替えると約25万円分、それに25万ポイントを航空券代にすると、41万ポイントで済みます。サイフからは1円も出ませんが、9万ポイントが残ります。でもこの9万ポイントはANAマイル移行不可。

 

これで、最初のパターンだと手元には16万マイルがたまります。後者のパターンでは、出て行ってしまった16万円と9万円分のポイントの計25万円相当が手元に残ります。このやり方なら現金の持ち出しなしでSFCが取得できます。

この、移行したマイルを使うか、溜めたままマイルで利用するかは、16万マイルと25万円のどちらに価値を見出すかだと思います。 一般的にマイルの価値は1.5円から2円分というふうにいわれておりますので、ほぼトントン。 ただ、16万マイルあれば、家族二人ならハワイをビジネスクラスで往復できますし、20万マイルあれば家族3人で、ビジネスクラスで行くことも可能。また、10万マイル強でも香港やベトナムビジネスクラスで行くことができるとなると、SFCのご褒美はやっぱりマイルで欲しいなって思ってしまいますね!

 

ANA地域別必要マイル一覧

f:id:mairu-de-hawaii:20160419214932j:plain

なんとも悩ましいですね。