子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが陸マイルを稼ぎ、特典航空券で世界を旅するページ

アメックスゴールド祭りで上級会員修行をしよう!100万P以上貯まったらの妄想編

いわゆる「アメックスゴールドまつり」で、取得したポイントをどのように使うかは、うれしい悩みではないでしょうか?

ただし、今の段階で多くの人は、ポイントが確定しているわけではなく、取らぬ狸の皮算用状況のはず。

でもいいんです、宝くじと同じで、「もし、ポイントが入ったら何に使おう!」と悩んでる今が一番楽しい時期。

ふたを開けてみれば、結局頭を悩ませるほど、もらえなかったというのがよくあるケースです。

そうなる前に、ポイントの使いみちを楽しく皮算用しちゃいましょう!

①上級会員の修業をやる意味は?

JALのJGC、ANAのSFC、それぞれ上級会員になると、ラウンジの利用やカウンターでの優先手続があります。

これにより、普通なら「並ばされて疲れて、出発時間まで暇」な、空港の時間が、待ち時間がなく、快適に飛行機を待てる至福の時になるようです。

 

これは羨ましい!ということで、今回のアメックスゴールドまつりにおける、上級会員の必要性について検討してみました。

 

②ANAマイルへの移行は?

アメックスのポイントをそのまま移行できるのはANAマイルです。ところが、移行には1月から12月までで8万円までという上限がついており、すべては移行できません。一方でJALには、そもそも直接移行する手段はありません。

 

それではゆっくり何年間か書けて、毎年8万マイルづつANAマイルに時間をかけて移行しよう!とするのはどうでしょう?

アメックスゴールドカードでは、ポイントに有効期限はないものの、年会費が31320円かかります。さらにマイル移行には必須な「メンバーシップリワードプラス」への登録が3240円、それにANAマイルに移行するためには、追加料金で5400円がかかります。

ということは、8万マイルを移行するためには、毎年39960円を払い続けなければいけません。80万ポイントを10年間かけて移行するためには40万円近くも・・・・

 

ということで、多くの人は、ANAへの移行は年会費が無料の期間である入会後1年間としているようです。

例えば2016年5月に入会した場合、2017年5月までは、年会費無料かつ1年目に入会時に支払ったメンバーシップリワードプラスと、ANAマイル移行手数料が有効となります。

その場合、2016年と2017年分のANAマイルへの移行が支払ったリワードプラスとANA移行手数料で対応できますので、例えば2016年12月と、2017年3月に移行すれば、1年分の登録費で2回まで合計16万円が移行できる計算となります。

これならば、16万マイルの移行に対して、8640円とリーズナブル。

残りはANAマイル以外のマイルに移行するなどがお得になりそうです!

 

そんなことも踏まえて、ポイント別にどちらの上級会員になるのかを検討しました。

 

ポイントが150万以上!ならJALJGC修行を行え!

どうやらポイントが100万以上の人も出てくる可能性があるようです。

ポイントが多い場合は、マイルが実質無期限有効な、BA(ブリティッシュエアウェイズ)のアビオスに移行して、年会費を払い終えた後も、マイルを利用しようと計画する人も多いのではないでしょうか?

ところで、このBAは、JALと同じワンワールドに所属。JALの上級会員になれば、自動的にワンワールドの上級会員になれますので、BA便の利用時にラウンジや優先チェックインが利用できるなど、利便性が飛躍的に高まります。

そこで、BAのマイルが多い人は、特典航空券の利用時にラウンジ利用や優先搭乗ができるよう、今後の利用を見込んで、JALの上級会員になるというのが一つの手段です。

ただしJALマイルには直接移行できませんので、アメックスゴールドカードで、航空券を購入して、ポイントを航空券代に充当するというやり方が必要。

しかしこの場合、JGCを取得するためにはおよそ50万マイルが必要!

今回150万マイル以上としましたが、100万マイルでも、もちろんいいんです。でもそうすると、JGC取得後に、50万しか残らず結局あまり特典航空券を発券できなくなってしまうかも。という危惧からです。

例えば東京〜ホノルル間をJAL利用で特典航空券をとると

エコノミーなら40000マイル、プレミアムエコノミーなら80000マイル、ビジネスクラスなら120000マイルが必要です。

100万マイルならば、エコノミーなら25往復、ビジネスクラス往復でも8回行けます。

ところがJGC修行で50万ポイント使うと、残りの50万ポイント(マイル)でエコノミー利用だと12往復できます。

ただ、上級会員を取得しても座席はエコノミーのまま。特にハワイ便のような長距離便ならば、快適なシートはとてもありがたいもの。

決してビジネスクラスJGC+エコノミーはイコールにはなりません。

ところでJALのプレミアムエコノミーは、優先チェックインやラウンジ利用ができて、更に座席も通常より快適。

 

100万マイルあるなら、私ならプレミアムエコノミーの利用を選択します。

プレミアムエコノミーならば、12往復できます。ラウンジ利用できます!優先チェックインできます、座席快適です!

というバランスが取れています。

しかもJGCでは、夫婦二人で2万円以上、毎年年会費がかかりますが、これなら無料です。

 

ほんとに座席は取れるの?

座席は取れます!しかもANAと違ってビジネスクラスも取れます!でもビジネスクラスしか取れない時も有ります。

f:id:mairu-de-hawaii:20160811061855p:plain

こちらは来年の1月9日。連休最終日の成人に日にハワイに行くという、絶対空いてそうな日では有りますが、エコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネス、それぞれなんらか飛行機は取れそうです。

 

 

永久に続くJGCの価値は?

JGC会員は、一度取得すると、年会費を払い続ける限りステータスが維持できるの特徴!ただし、ANASFC会員よりも、家族会員の年会費が高いため、夫婦二人で持った場合(夫が正会員、妻が家族会員)は、約5000円ほどJGCのほうが年会費が高くなってしまいます。

 

また、ANASFCのメリットとして、ソラチカ経由でポイントサイトの利用を利用することで、マイルを貯められるということ!

上級会員になっても、マイルが貯まるルートが有るかで、その後の活用の広がりは違ってきますね。

 

JGCを取らないという選択

とても便利なJGC、その大きなメリットの一つに、特典航空券が取りやすい!というものがあります。ところが、BA(ブリティッシュエアウェイズ)の特典航空券を使うときには、JAL便ではないので、このメリットが使えません!

また、ラウンジ利用や優先チェックインカウンターも、ビジネスクラスやプレミアムエコノミーを利用すれば、利用できます。

修行をせずに、上級クラスで楽しむという選択もありですね。

 

結局どっち!?

コレはもう、ポイント消化が終わった後のJGCの価値の見出し方によりますね。

家族会員含めて2万円/年間かかりますが、特典航空券以外で取得したチケットでもラウンジ利用ができたりとメリットを享受できます!

私は、たくさん飛行機に乗りたい思いがあるので、修行するかもしれませんが、そんな時間がない人も多いですよね。

いずれにしても修行自体は2017年になりそうです。それまでにゆっくり考えることとします。まぁ、ポイントが付くかどうかが肝心なんですけどね。