読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

【決定版】一番使いやすい電子マネー

現在、普及している電子マネーといえば

 

Suicaパスモなどの交通系電子マネー

・iD、QUICPayなどのカード会社発行の電子マネー

nanacoWAONなどの、スーパー系発行の電子マネー

EDYなどの独立系電子マネー

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160506063314g:plain

が存在しています。

セブンイレブンではnanacoしか使えなかったり、電車の改札ではSuicaしか使えなかったりするのは

仕方のないことですが、例えばコンビニなどでは、多くの電子マネーが使えますよね。

そのほか、最近では量販店や飲食店でも使える店舗が増えています。

また、セキュリティや利便性でもクレカより優れているところが多いです。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

 

ところで、お店が使う端末はほぼ同一の電子マネー読み取り機。

結果的に、「iDもQUICPaySuicaパスモも、Edyもどれでも使えます!」状態に。それでは、どの電子マネーを使うのがお得&便利なのでしょうか?検証してみます。

 

事前チャージか、後から請求か?

 

SuicaEdyは、プリペイドと呼ばれる事前チャージ式。iDやQUICPayは、後から請求が来るポストペイ式

プリペイドは事前にお金をチャージして、その枠内で利用ができるもの。ただし、最近ではオートチャージである金額を下回ると、自動的にクレジットカードからチャージしてくれる機能がついているものが多いです。

 

一方のiDやQUICPayは、ポストペイ式で、クレジットカードを利用したのと全く同じ。請求も同じタイミングで来ますので、カードの利用と大きな違いはありません。いわばクレジットカードの子カード的な存在ですね。

 

ポイント付与は?

Suicaパスモなどの交通系は、チャージ時にポイントが付与され、基本的に利用時にはポイントは付与されません。交通事業者が発行しているカードでチャージすると1%~1.5%のポイントが付与されるケースが多いです。代表的なのはビューカード。チャージをすると最大1.5%分のポイントが還元されます。

一方で、iDやQUICPayは紐つけられたカードの還元率と同じです。ANAカード系なら1%~1.3%が多いでしょう。こちらはチャージという概念はありませんので、利用時(請求時)にポイントが付与される形となります。

 

なお、WAONnanacoは、チャージ式ですが、チャージには基本的にポイントは付与されません。(限定されたカードでチャージしたときにはポイントが付与)、一方で利用時にはポイントが付与されます。特定のコンビニの利用で考えると、限定されますがチャージ時と利用時でそれぞれポイントが付与されますので、お得なケースもあります。(例 JALカードのJMB WAONをミニストップで利用)

 

 

Suicaをはじめとする交通事業者系電子マネー

Suicaを例にとると、事前チャージ式で、チャージの上限が2万円。

大きな買い物をする機会が多いときには頻繁にチャージする必要が出てきてしまいます。もちろんオートチャージもできますが、こちらはJRや私鉄の改札を通った時だけ。休日に買い物をした後に、バスに乗ろうとするとチャージが切れてしまう可能性もあるんです。

 

なによりのメリットは、持っている人が多く、認知度が高い!ということ。

 

iDやQUICPayなどのクレカ会社系電子マネー

ポストペイで事前チャージが不要なので、大きな買い物をするときには便利です。金額の上限が2万円程度ですが、一度に大きな金額を決済するときはクレジットカードを使えばいいだけ。自宅近くのコンビニなどで、クレジットカードを使うのはちょっと・・・という時でも電子マネーなら店員にクレカを渡すリスクもないので安心です。

f:id:mairu-de-hawaii:20160506142337j:plain

WAONnanacoなどの特定店舗型

こちらは、普段の生活がイオンやイトーヨーカ堂、セブン利用が多いなどの場合は作っておいた方が便利でしょう。電子マネーとしてのポイント換算よりも、特定商品を購入したときのポイント付与などが期待できるからです。

f:id:mairu-de-hawaii:20160506133427p:plain

 

 

 

量販店や専門店での利用の場合

最近ではららぽーとなどのショッピングモールでは全館的に電子マネーを利用できるケースが増えてきています。そういった量販店や専門店での電子マネー利用は、店員さんの端末の操作を見ていると、クレジット決済と同じく、レジ(POS)で算出された金額を店員さんがクレジット端末に入力して、客が電子マネー決済端末に表示された金額を確認して、「ピッ!」と接触させるというケースがほとんどです。

 

この場合、店員さんが誤った処理で不適切な金額が請求される可能性があります。しかもチャージ型ではないので、上限の2万円まで。さらにそれに気づくのは、クレジットの請求が来るはるか先のことです。

そのため、電子マネー決済でも、クレジットの時と同様、レシートや領収書をしっかりと保存して、明細をチェックする必要があります。

 

一方でこういった大型店舗の場合、複数店舗で買い物することも多くありますので、その場合事前チャージ型のSuicaなどではチャージ金額が切れてしまいます。

 

したがって、土日にお出かけしてお買いものをするときにはiDやQUICPayなどクレジットカード的なものを利用しています。

 

コンビニでの利用

一方のコンビニでは、レジ自体に電子マネーの決済機能があるため、そういった間違いは発生しません。もし金額に大きな誤りがあってもチャージ金額以上の損害が発生することはありません。もちろんiDやQUICPayをコンビニで利用しても良いのですが、ポストペイ型の電子マネーでコンビニでの少額決済を繰り返していると、そのすべてが明細書に記載されるため、何枚にもわたり表示されてわかりにくくなってしまいます。その点、事前チャージ型ならば10000円のチャージが数回など、記載が簡易なので、本当のお財布代わりにピッタリです。

mairu-de-hawaii.hatenablog.jp

結論

概ね量販店や専門店など土日に買い物に行くような場所では買う時は、クレジットカードかQUICPayを利用しています。

一方コンビニなどの毎日のお買いものでの少額決済ではSuicaなどの交通系電子マネーを利用しています。

特にコンビニでの利用に関しては交通系電子マネーの認知度は圧倒的に高く処理も早いです。また、EDYとiDは聞き間違いも多く、混同されがち。

 

そんな中、「スイカ」「パスモ」「イコカ」「スゴカ」はちょっとダサいけど、絶対に混同されません。混雑しているときにレジの人が手間取ったりということもないので、とても快適です。

 

皆さんも自分にベストな電子マネーをぜひ探してみてくださいね。