読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

Edyは過去の栄光、今はお得じゃありません。特にANAマイルでは。

クレジットカード 生活でマイルを貯める 電子マネー

Edyは以前は多数のカードでチャージにポイントが付いたが、最近は少数

ANAマイルが付与されるのは「ANAJCBゴールド」「ANAダイナース

・クレカを超えるポイント付与には、別途会費が必要

・だったらiDとかSuicaのほうがポイント付与が高くて便利ですよ。


電子マネーの先駆けとも言ってよいEdyはもともとはソニーが中心となって進めていて、2003年には、ANAと提携したので、ANAカードにはおなじみの機能ですね。
2012年に楽天Edyに運営会社が変わったころから、電子マネーの戦国時代がやってきて、少し存在感が薄くなってしまった感があります。

f:id:mairu-de-hawaii:20160506064945j:plain

Edyは、電子マネーの中で、iDやQUICPayのように、事後の支払いではなく、Suicaと同じように事前にチャージが必要な仕組。

 

一時期、Edyにクレカでチャージしてポイントを稼ぐという方法が話題になったものの、クレカ還元の対象外となるカードが増えたことから、話題も下火に。


そんなEdyですが、利用できるコンビニの数はかなりのもの。チェーン展開しているコンビニはほぼ100%使えます。
そこで、実際にANAカードで、Edyを利用したときの還元率がどれくらいになるか、確認しました!

 

Edyチャージ:0.5%(ANA JCBゴール、ANA ダイナースのみ)

Edyの利用:0.5%

・AMCモバイルプラスに加入して利用:さらに1%のマイル還元
で合計2%のマイル還元にまで高められます。

※AMCモバイルプラスは別途会費が300円(税抜き)/毎月

モバイルプラスを使わない場合、還元率は1%となり、普通のクレジットカードの利用と同程度となってしまいます。
モバイルプラスに加入すると還元率が2%に上がりますが、
月1万の利用:通常100マイルが200マイルへUP(+300円で)
月2万の利用:通常200マイルが400マイルへUP(+300円で)
ということで、300円の元を取るには、Edyだけでそれなりの利用金額が必要となります。

 

また、それ以上の難関が、ANA JCBワイドゴールドカードか、ANAダイナースカードでしかEdyチャージでポイントが付与されないということ。


ANAのゴールドカードでマイペイすリボが設定できるVISA系列は年会費が9500円になりますが、JCBは14000円と少し高め。ダイナースはもっと高い約3万円。


ポイント還元率もVISAの方が条件が良いということで、年会費が高いゴールドカードはどうしてもVISAを選びがち。
まずは「Edyチャージでポイントが付与されるカードを持つこと」のハードルが高いですよね。

iD、QUICPayは、クレカ利用と同じポイント還元ですし、Suicaもビュー提携のカードによるチャージは同じくクレカと同じポイント還元(1%以上)で、Edyの利用時のみ(0.5%)に比べると好条件です。

 

ということで、今もお使いならともかく、iD、SuicaQUICPayなど、使いやすい電子マネーが揃っている今、あえてEdyに拘る必要はないと思います。