読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

それでも今、ANAカードを作りたい「あなた!」

ANAカードは全部で8種類所有することができる。

・今なら、ANA AMEXカードが比較的好条件のキャンペーン

・Masterブランドを持っていないなら、三井住友のMasterカードかTopカード

 

昨日も記事にしたように、ANAカードの入会キャンペーンが終わった今、

お得に入会できる機会があまりなくなってしまいました。

 

それでも、決済のポイントを無駄にしたくない、なんらかANAカードが必要だなど、

今すぐにでもANAカードを作りたい方におすすめの情報です。

 

まずは、どのカードを作るかですね。

ANAカードはブランド等が異なることで複数作成・複数所有ができます。

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131029p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131035j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131050p:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131058j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131045j:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131102j:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20160504131107j:plainf:id:mairu-de-hawaii:20160504131111j:plain

 

VISA、Masterは「三井住友カード」発行

VISA Suicaは「三井住友とビューカード」が発行

TOPカードは「三井住友と東急」が発行

JCBは「JCB」が発行

ソラチカカードは、「JCBとメトロ」が発行

アメックスは「アメックス」が発行

ダイナースは「ダイナース」が発行

ということで、発行主体が異なる計8種類のカードを作ることができます。

三井住友カードについては、「VISA」と「Master」を国際ブランドが異なる2つを作れます。

いわゆる複数持ちというものです。

マイ・ペイすリボ設定でポイントが高還元となる三井住友カードが発行する

クレジットカードだけでも4種類あります。

 

したがって、それほど良い条件のキャンペーンがやっていない時に、1枚つくっても、次回大きなキャンペーンをやるときに、別のカードに新規入会すれば良いだけなので、必要があれば、この時期に発行しても何も問題はありません。

 

そこで、ANAカード全体に選択肢を広げて今実施している主なキャンペーンを探してみると、

まずは、中々好条件で実施しているのがANA アメリカン・エキスプレス

f:id:mairu-de-hawaii:20160505071248p:plain

AMEXの最大31000マイルのキャンペーン

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160505071331p:plain

f:id:mairu-de-hawaii:20160505071338p:plain

JCBのキャンペーン

[JCB Presents] ANA JCBカード 新規入会・お切り替えキャンペーン

 

あとは、昨日紹介したANAのしょぼキャンペーン

 

それぞれの年会費は

 ANA AMEXカードは、年会費が7000円+6000円(移行手数料)

 JCBワイドゴールドカードは、年会費が14000円(移行手数料無料)

 JCB一般カードは、年会費が2000円+5000円(移行手数料)

 ANA Masterカード一般 年会費が1000円+6000円(移行手数料)

です。

 

また、入会後の使用金額によってボーナスマイルがもらえるキャンペーンは

・入会後3ヶ月以内に、50万円以上の利用

 ANA アメリカン・エキスプレスカード→12,000マイル相当プレゼント

・入会後6ヶ月以内に、60万円以上の利用

 JCB ワイド ゴールドカード→16,500マイル相当プレゼント

・入会後6ヶ月以内に、25万以上の利用

 JCB 一般カードorソラチカカード→4500マイル相当プレゼント

入会後3ヶ月以内に、10万円以上の利用

 ANA アメリカン・エキスプレスカード→2000マイル相当プレゼント

ANA Masterカード 一般→プレゼント無し

 となっています。

 また、ANA AMEXはポイントサイト経由で9000ポイント、ANA Masterカードは2000ポイントもらえます。

 

キャンペーンがソコソコの中、年会費と移行手数料を考えると、それなりの利用が見込まれるのであればAMEXは実は結構オトクそうです。

 

総合すると

・ある程度使うならばポイントサイト経由でAMEXがお得か。

・とにかく安くということならANA Master一般カード

・ゴールドカードは年会費が安くできるANA VISAカードで作りたいのでJCBは見送り

 

さて、どうしてMasterカードをすすめるかというと

JCBブランドはソラチカカードを持っているので、重ならないMasterブランドが良い

・VISAブランドは一番良く使うので、条件の良い時にワイドゴールドで作りたい。

Suicaは、3ヶ月以内で◯◯万円以上利用という条件の入会キャンペーンのとき、加入したい。(チャージも利用の対象となるので、厳しい条件の時でも対応できる。)

・一般カードでもTOPカードでも構いません。

 

AMEXとMasterそれぞれ、2つのカードは、ポイントサイトの活用で、マイルに交換できるポイントが貰えます。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160505160035p:plain

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細 | ハピタスANAアメリカン・エキスプレス・カードの利用がもっとお得になるポイントサイト | ハピタスは高還元で交換先多数!

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160504132928p:plain

ANA VISA/Suicaカードの詳細 | ハピタスANA VISA/Suicaカードの利用がもっとお得になるポイントサイト | 

今ならハピタスを経由すると通常の1400ptから2000ptにアップ中。

 

ハピタスは普通に登録しても、もちろん無料ですが、こちらのリンクから登録すると
50ポイント進呈!

 

キャンペーンの少ない今にしては、入会50ポイント、ハピタス9000ポイント、入会キャンペーン31000ポイントのANA AMEXは、破格の条件と言ってもいいかもしれません。