読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

マイルでアップグレード特典のお得度は?

ANA 特典航空券

マイレージの利用方法として、特典航空券以外に思いつくのが、アップグレード特典。

こちらは、通常の特典航空券と比べて、どれだけお得なのでしょうか?

 

特典航空券の必要マイル数は、ゾーンごとに分かれていましたが、アップグレードは

区間マイルによって異なります。

1区間(片道)の距離 エコノミークラス→ビジネスクラスビジネスクラス→ファーストクラス
0~2,000 12,000 20,000
2,001~3,500 18,000 30,000
3,501~4,500 20,000 35,000
4,501~5,500 25,000 40,000
5,501~ 28,000 45,000

だけど実は、これアップグレードは片道なんですよね。

 

往復換算して区間マイルを都市に当てはめてみるとこのようになります。

ビジネスクラスのチケット

 

 

 

 

区間マイル

アップグレード

特典航空券

ソウル

758

24000

30000

北京

1,313

40000

マニラ

1,880

40000

ホーチミンシティ

2,706

36000

60000

バンコク

2,869

60000

デリー

3,656

40000

60000

ホノルル

3,831

65000

シドニー

4,863

50000

75000

ロサンゼルス

5,458

85000

パリ

6,194

56000

90000

ニューヨーク

6,737

85000

北米まで、特典航空券(ビジネス)だと、85000マイル必要なのに、アップグレードだと50000マイル!(往復)

ハワイも、特典航空券(ビジネス)だと、65000マイル必要なのに、アップグレードだと40000マイル!(往復)

 

ところが・・・・実は、アップグレードをするためには特定の運賃を利用しなくてはいけません。

そして、普通にもっとも安いエコノミークラスの割引チケットでは、アップグレード対象にはならないケースが多いんです。

 

例えば、こちら、とある日のハワイ便のお話。

一番安いチケットである「basic」はアップグレードの対象外で、右側の「basic plus」は対象。

f:id:mairu-de-hawaii:20160427215730p:plain

その差は49960円!

 

通常の1.5倍の運賃のチケットを約15万円で買って、さらにアップグレードには、40000マイル必要です。

 

なお、若干変更条件が厳しいですが、ビジネスクラスの正規割引が209980円で購入できます。

f:id:mairu-de-hawaii:20160427215749p:plain

特典航空券を利用すると、65000マイルで209980円分のフライトが楽しめる、ということでマイル単価は3.2円となります。

 

一方、アップグレード特典は209980円分フライトを購入したチケットの15万円+アップグレード特典40000マイル。ということで、アップグレード特典のマイル単価は、約1.5円ですね。

 参考までに、エコノミークラスは99800円に対して、必要マイルは40000マイル。マイル単価は2.5円。

やはり特典航空券、特に上位シートがお得なのがわかっていただけるかと思います。

 

ちなみにニューヨークの場合は、82000円高いチケットが必要。

f:id:mairu-de-hawaii:20160427215813p:plain

ただし、ニューヨーク行きのビジネスクラスのチケットはハワイよりとんでもなく高い!402980円!

f:id:mairu-de-hawaii:20160427215834p:plain

特典航空券のマイル単価は、4.7円、アップグレードのマイル単価は、2.8円となります。

 

やはり、アップグレード特典は、特典航空券に比べると少しお得度は劣ります。

ただし、少ないマイルで、ビジネスクラスを楽しめるのは魅力的ですよね。

 

目標マイルを定めるときにぜひ、参考にしてくださいね。