子連れトラベラーの陸マイル情報局(JGC・SFCを目指して)

子連れトラベラーが、陸マイルを稼ぎ、子どもを連れて特典航空券で世界を旅したいページ

JALかANAか

ANAJALかは最初に選択肢なくていけない分岐点

・飛行機に乗らない人は陸マイラーANAを選ぶべし

JALしか飛ばない路線を定期的に使う人に限りJALを選ぶべし。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160416153406j:plainVSf:id:mairu-de-hawaii:20160416153411j:plain

 

多くの方が迷う最初のポイントが、
JALマイレージバンクANAマイルレージクラブどちらを貯めようということ。

簡単に言うと、
陸マイラーには、ANAが圧倒的にマイルを貯めやすくておすすめ。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160416153615j:plain

飛行機に年に一度程度は必ず乗る。

登場する路線の多くはJALしか運行していない。

例えば地方航空便、グアム便など。

 

また、

特典旅行ができるのはGWやお盆、年末年始などの繁忙期しか難しい。


以上の二つの条件を両方満たしている方はJALを選ぶと良い。

 

f:id:mairu-de-hawaii:20160416153626j:plain

 

 こちらでおすすめしているのはANAマイルを貯めることですが、その理由としては

搭乗しないで、マイルを貯める陸マイラーにとって、マイルのためやすさはANAに軍配が上がります。しかしそれだけ競合の陸マイラーが多いANAよりも、必然的にJALは特典が取りやすい。

 

ためやすさでいうとJALカードでは、毎年最初の搭乗時にボーナスマイルが進呈されますが、ANAカードでは搭乗しなくても、継続ボーナスがもらえます。その他ポイントサイトを使った時にソラチカ経由で高還元でマイルに交換できることなど、ANA陸マイラーにとっても優しい。

 

ただし、ANAマイルを集めているのに、JALに乗ることは絶対避けたいこと、乗る路線がJAL中心や会社の指定で出張がJALが多いならば、そちらで手堅く集めるのが吉でしょう。

 

もしかしたらすでにどちらかにマイルがたまっているよ!というひともいるかもしれない。

でも、期限がバラバラなマイルが多少あったとしても、今後10万マイルを貯めることを考えると微々たる数値。さっさと諦めて、新しく貯める方に注力しましょう。

ただし、1万マイルを超えてマイルを持っている人は、高率でJAL→ANAに交換する手段があります。

 

 

JALしか飛んでいない空港はこちら。主だったところは沖縄、グアムなどのリゾート路線が多いでしょうか。ただスターアライアンスとしてみると、海外路線は何らか就航しているので、それほど気にしなくても良いかもしれませんね。

札幌(丘珠)

青森

三沢

いわて花巻

山形

南紀白浜

コウノトリ但馬

出雲

隠岐

種子島

屋久

喜界島

奄美大島

徳之島

沖永良部

与論

北大東

南大東

久米島

多良間

与那国

ヘルシンキ

モスクワ

天津

ソウル(仁川)

釜山

高雄

サンディエゴ

ボストン

グアム